東京純情コンバース(上)

tokyo junjo converse

東京純情コンバース(上)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784778117467

あらすじ

成績優秀で教師の信頼も厚い副生徒会長の葛生巧馬が自然と視線の先に探すもの――それは黒のコンバース。一年前の夏、倒れかけた巧馬を助けた人物、内水主税が履いていたものだ。近隣の高校からも恐れられる不良である主税とはそれまで全く接点が無かったが、その一度の接触以来、巧馬の心はコンバースとその持ち主である主税のことでいっぱいになっていた。そうして巧馬は結論づけた。これは、恋だと。

表題作東京純情コンバース(上)

内水主税,クラスメイトの不良,高校3年生
葛生巧馬,元生徒会副会長の優等生,高校3年生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

色んな意味で青い!

鳩村衣杏さんの初期作品の文庫版。
(別PNで活動されていたとは初耳!)

この上巻は、表紙の高校生二人が恋人になるまでの話。
下巻は、同カプの大学生編と、受けの兄のスピンオフという二話構成。


クールな優等生・巧馬 (受け)は
貧血で倒れかけたところを
不良と噂されるクラスメイト・主税(攻め)に助けられる。
それからというもの彼から目が離せず…。

巧馬の、初恋に翻弄される様がとてもリアル。
唐突に主税に告白してしまう無計画さも、
主税の大学進学を喜べない身勝手さも、
主税になりふり構わず縋る女々しさも、
おそらくそれまでの彼とは全く違う。

よくも悪くも自分のことで精一杯の彼のキャラは好みが別れそう。
個人的には、わがままで情けない言動にイラッとすることもあれど
十代なんてそんなもんか?と思うと
嫌いにはなれませんでした。

主税は、付き合っていた彼女を不良たちから守り戦ったことで不良のレッテルを貼られ、彼女にまで怯えられ捨てられてしまったたという、悲しい過去の持ち主。
しかし、そんな過去を知っても変わらず好意を示してくる巧馬には徐々続きに心を開いていきます。
無口で硬派で大人びて見えるのに
内では色々悩んで傷ついている彼にも
十代特有の青さ、繊細さ、愛しさを感じました。


巧馬にとって、最初は遠くから眺めるだけだった
主税のコンバース。
それがいつの間にか並んで歩くようになり、高校を卒業する頃には、一緒にコンバースを買いに行くような関係にまで発展する。
巧馬の恋の象徴のようにたびたび登場するコンバースが、二人の関係の変化をよく表していました。
※絡みはありません。

今の鳩村作品ほどには洗練されておらず、青臭い印象を受けますが、
整った文体と、キャラクターの等身大感は当時から健在。
学生なら学生の、社会人なら社会人の
年相応の悩みや日常の描写に
優れた作家さんだと思います。

下巻へ続きます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ