フェイクな関係

fake na kankei

フェイクな関係
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784592872221

あらすじ

俺・菊池朋弥は下僕を一人飼っている。な~んて、父親同士の主従関係につけこんで、幼なじみの超優等生・長江翔英をいいように振り回している俺だけど、実は逆にコントロールされてる気がしないでもない。なのに、なんでも俺のいいなりだった翔英に、保健医・氷川が急接近!翔英も翔英で暇さえあれば氷川と何か妖しいムード!?俺だけの下僕を取られてたまるか!!とカラダを張って初エッチしちゃったけど…。

表題作フェイクな関係

長江翔英 高校生・下僕
菊池朋弥 高校生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

この受、酷過ぎ。

高校生(幼なじみの同級生)・主従もの。下僕攻です。

まず、真船さんの受一人称はツライです。特に受に問題ありの場合、一人称の自分語り口調だとそれが強調されるので余計にダメなんです。

なんかもう、朋弥(受)のあまりの身勝手・我儘振りにうんざりして読むのが苦痛でした。

私は受に対しては非常に許容範囲が広いので、よっぽどでないと(どんなに我儘でも性格悪くても)結構平気でむしろ可愛いとさえ思える(こともある)方なんですが、さすがにこれは無理です。

だからと言ってその我儘に振り回される立場の(でも実際には振り回されてはいないよな)翔英(攻)もなんかでき過ぎで好みじゃない。

まあ、元気な高校生受・幼馴染みの下僕攻という設定が好みならあっさり軽く読めるかなという感じです。
でも私はどうにも好みじゃなかった。もともと主従も下僕攻もまったく興味ないどころかむしろ苦手だからな~。

う~ん、花丸文庫の真船さんとはどうも合わない気がします。全部ではないですが。

0

高校生同士の一応主従関係もの!

再読ですけど、珍しく内容は全く覚えていませんでした(笑)
可もなく不可もなしという感じで、深く考えずにさくりと読めるお話でした。
ストーリーは嫌いじゃなく、キャラ達の駆け引きは面白くて良かったんですけど、キャラはあまり好きなタイプではなかったです。
蓮川先生のイラストは古いな〜と懐かしく思いながらも、やっぱり良かったです。

父親同士が主従関係というのもあって、息子2人も、「女王様な朋弥(受)に仕える下僕の翔英(攻)」といわれる位、公認な主従関係に見られています。
どんな時も朋弥は、自分のことを最優先すると思っていた翔英が、突然保健医の氷川と急接近して面白くなく…。
下僕な翔英は自分のものだと、取られたくない気持ちから、自分の身体囮作戦を決行し…⁉︎

主従関係っていうのが2人の関係を複雑化させています。
本当はお互いに好き合っているのに関係が邪魔をしている…でも逆に、そう見られてでも傍に居たい位心の内では好きな気持ちが占めている…
といった感じでした。
人間誰しも、表と裏、外面と内面があると思うんですけど、この2人はそこが極端過ぎでした。
物語上では楽しめる続きんですけど、最初の方は、あまりに朋弥が翔英に対してさんざん悪態をついていくのがダメで!
意地っ張りな受は好きな方なんですけど、一人称だったからか、捻くれ我儘言いたい放題の自分本位なテンションについていけませんでした(笑)

不器用くんではあるんですけどね!
言うことを聞いてくれるのは、愛情ならいいけれど、それが義務的だと感じれば寂しくて、余計にイライラ当たってしまうみたいな…。
1人勝手に誤解して、やきもちを焼いて、身体で繋ぎ止めようとするおバカ受様でした。
最後の方は、翔英に翻弄されながら、一途に想っていく様子が見られたので救われましたけど(笑)
立場が逆転気味になってからは、可愛らしさも覗かせています。

そして、普段は下僕だった翔英には翔英の思いが隠されていて…ただ朋弥の事が大切だったんです!
だから突き放した態度をとったりと、結構腹黒い執着攻様で面白かったです。
メガネ攻様を蓮川先生のイラストで見られるのは美味しかったです。

一応主従関係ものでしたけど、気負うことなくサラリと読める作品でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ