王様と幸福の青い鳥

ousama to koufuku no aoi tori

王様と幸福の青い鳥
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神21
  • 萌×211
  • 萌0
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
152
評価数
36件
平均
4.3 / 5
神率
58.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784592877165

あらすじ

イスリル国の神子選定の場で、資格がないのに神子候補にさせられたイリリアは、偽物と発覚し処刑されそうになったところを王に助けられ、そのまま何故か王の伴侶の神子に選ばれた。
イリリアは悲惨な状況から救ってくれた命の恩人だと王を無邪気に慕うが、敵が多く人を信じない王は、イリリアを利用できる駒としか考えていなかった。
けれど、それでも役に立てるならと王を想い続けるイリリアの健気な姿に、次第に王も心を開くようになっていく。
ところがある日、イリリアは、国で異端とされる呪術で王を誑かしたという疑いをかけられ――。

表題作王様と幸福の青い鳥

イスリル国の国王/レグリウス・ハライン=ゴルトベル
偽神子/イリリア

評価・レビューする

レビュー投稿数9

歪みのない純粋な心が私にもほしいのです

受はあいかわらずひどい目にあわされておりますが
穢れを知らないピュアさに思わずキュンとしてしまう。
どんなにひどい目にあおうとも、ただただ。

地下牢にずっと閉じ込められていた受
そこではひどい目にあわされた、唯一の肉親である母をも
酷い形で失った。
そんな日々から救ってくれたのが攻だった。
特別な力を持ったものたちが集められる式典。
そこで再会した二人。

攻からすれば「利用できるていのいいコマ」だった受。
優しくささやく言葉も、快楽を与える行為もすべてが嘘。
利用するために優しくして、利用するために甘やかした。
それが嘘だと知ってしまった受が相変わらず健気でキュンとするのも
そうですが
「俺は絶対にほだされない!好きにならない!」
なんて言っているさなかから、見る間に
落とされていく攻がまた滑稽で面白かったです。
紆余曲折、甘いばかりのお話しではないのですが
最後が幸せそうだから良い。
お幸せに~としか言いようがないよワタシ。

衆人環視+事後を見せるつける行為に興奮した!
というが本題ではあるものの
健気な受に癒されたい。そんなと続ききにはおすすめの一作。

3

切ないけど、甘くかわいい作品

とにかく受けのイリリアが純粋無垢でかわいいのですが、若干年齢以上に幼い印象を受けました。

地下牢で長くひどい目にあっていたにも関わらず、人を恨むことなく生きているイリリアに、はじめは利用価値としてしか見ていなかった王様が徐々に安らぎを感じるようになります。
でも幾度となく命を狙われ裏切られてきた王様は、自身のイリリアに対する感情を認めることができません。

利用価値があるから優しくされていると知ってしまったあとのイリリアがかわいそうでした。
優しさが偽りでさみしいけど、王様を嫌いになれない、偽りで優しくされたくないけど優しくされるとうれしい。
そんな葛藤が切なかったです。

イリリアや王様の言葉を真似する青い鳥もすごくかわいかったです。

切なさもあるけど、読み終わったあとには甘い余韻が残る素敵な作品でした。

2

既視感…

冒頭10ページほどで同じ作者さんの「騎士と誓いの花」(2005年) という作品に似ていることに気づき、頑張って最後まで読んだのですが結末までの展開も似ていてあまり面白いと感じませんでした。

今作も、攻は王族(あるいはそれに繋がるような位の高い身分)で偉丈夫な信念の人(大人)、受は出自不明で不遇の過去を持つ、一見すると地味だけど実は美形でとにかく純粋な健気っ子(ショタではないけど子供)――というパターンです。攻が大好きでとにかく懐いて尽くす受と、そんな受に徐々に絆されるものの感情を持て余す攻。そこに主権争いや国同士の諍いや宗派対立なんかが絡んで、やがて二人は引き離されますが、なんやかんやで再会してメデタシメデタシ。そして回収されなかった伏線が山程あるという点も共通しています。現時点では1年半前の作品なので続編の可能性もありますが、「騎士と誓いの花」の続編がないので望み薄かしら…。

私が読んだ順番が悪いのか、六青みつみさんの得意とする世界観なのか、なんだか先が読めてしまいました。そして今作でも、急にインサートされるセックスシーンに私は違和感を覚えました。この手のファンタジーには続き要らないんじゃないかなぁ。

また、レグリウスとイリリアがお互いに強烈に惹かれ合う理由も最後までピンと来ず、しかも読み終わってから、そういえばレグリウスの世継ぎはどうするんだ的な話は一切出てこなかったな…と気づいて苦笑いしました。伏線の件もそうですが、六青みつみさんの書くファンタジー=ちょっとツメが甘い、という印象になりました。

色々書きましたが、逆に言えば「騎士と誓いの花」が超好み!という方には是非オススメしたい作品です。健気受がお好きな方も是非。

3

けなげ受け好きにはたまらん作品かと。

今頃評価してすいません。
ただあんまりにも好きで(ファンタジー、けなげ受け大好き)
ど真ん中ストライクな作品でしたため、レビューしてしまいました。
年上忠実守り人的ないぶし銀と、小鳥が出てきます。
それがまたいい仕事してまして。
小鳥(初代)のシーンでは涙なくしては読めませんでした。
先生の安定した文章で、とっても読みやすかったです。
ただ後日談、もう少しほしかった。。。
何回も読み返してます。
イラストもまた素敵!
表紙が最高によすぎて、中のが少しショタちっくなのですが
それはそれでまた可愛い~
蛇もって嬉しそうにかけてくるシーンのイラストがあるのですが
可愛すぎて ふにゃん となってしまいます。
六青先生の他の作品もこれからもう少しあさります。。。

5

涙無くては読めません。

健気受けが好きだという訳ではないのですが、またまた六青みつみさんの書かれる健気な主人公に私の涙腺が緩みっ放しになってしまいました。

始めのうちは、イリリア(受)のあまりにも頭の緩い子供子供した様子が話を盛り下げて入り込めなかったのですが、
自分の命を助けてくれた王様の為だけに、自分の存在がただの利用価値がある為の演技による優しさだとしても
一途に自分の命に代えてレグリウス(攻)を守ろうとするイリリアが健気で…
イリリアの過去も壮絶で、一夜にして髪が真っ白になるほどの体験もしていたりと、これでもかと不幸を背負っているのですが、心根は無垢で純粋で一途。
レグリウスも無意識のうちにイリリアに気を許していきます。

そこから一気にめでたしといかないのが六青さんですね(笑)
二人が仲良くなって、今迄レグリウスに忠義を誓っていた人物が嫉妬めいたものからイリリアに対して不信感から、何かおかしな呪術をレグリウスにかけて誑かしていると言いだして…

とイリリアには辛い展開になって行きます。
でも、どんな状況になっても尚、健気にレグリウスの為にと考えています。

レグリウスが続き自分に起こった出来事によりイリリアに対する誤解が解けるのですが、出来たらここからの話をもっとじっくり読みたかったです。

不幸話が長くなり最後が駆け足すぎて、イリリアの呪術ではない不思議な力の事や、あれだけ対立していた神官達との対立の結末が今一つ不完全燃焼で、まだまだ問題が山積している筈なのにあっさりと書かれているだけではやっぱり物足りないかなぁ。

その後の二人のラブも、イリリアの天然と、レグリウスの愛情のいまいちかみ合ってない具合も色々と面白そうなのに、本当に短くしか書かれてなく、その点が本当に残念です。
もっと読みたかった!と強く思われた物語でした。

0

王様と神子の美しき王道物語

六青みつみさんらしい王道なお話です。

生い立ちから人を信じない王様(レグリウス)と偽神子に仕立てられた少年の物語です。

非情な環境で非道な目に合う健気な受けが更なる不幸にもめげず最後は誤解が解けてハッピーエンドになる…という展開を信じて不憫な受けに涙しながら応援したくなるお話は大好きです。

話の展開は定番でその点を好きになれない読者もいるかもしれませんが、骨格は似ていても異なった世界観で新たなストーリーで楽しめる作家さんの作品は大好きです。

レグリウスとイリリアの親の最期やその後がとても残酷で悲惨なので衝撃的でした。

ラブラブな王さまと神子としてハッピーエンドで終わりましたが、イリリアの知識や不思議な力も使い切っていませんし、前国王夫妻殺害事件の真相や政治や経済の立て直しなど気になることが多いです。
神殿の反撃なんかもありそうですし。

レグリウスがイリリアに優しくするのは、利用価値のある神子を懐柔するためだという話を偶然聞いてしまったイリリアの哀しみや喪失感が伝わってきて胸がしめつけられました。

人を信じて痛い目にあい過ぎたレグリウスが、イリ続きリアの裏切り(濡れ衣ですが)が発覚したとき、そんなことはないと思いながらも信じきれなかったのは悲しかったです。

また、近侍のハルシャーニは同じ六青さんの作品で『ruin』のカレスを思い出しました。
ハルシャーニは心から王のことを慕い命を賭けてもその身を守りたいと考えていたのは確かなのですが、人を信じない王が無条件で受け入れたように見えたイリリアのことを妬み排除したいと思う気持ちからイリリアを攻撃してしまったのは嫉妬ですね。
イリリア排除ありきで集めた物証と偽証でイリリアを追いつめてしまったことが王への裏切りだと知ったとき罪悪感から職を辞したハルシャーニのその後の後悔と行く末が気になります。
側近のベルガーもいろいろありそうな人なのでぜひ六靑さんには続編を希望します。

イラストが稚拙で残念でした。
カバー絵はまだましでしたが中のモノクロの挿絵はもう少し丁寧に描いてほしかったです。

4

六青さんの定番作品!

ファンタジー好きなので、六青さんの作品を初めて読んだ時は、切なくて良い!!と思っていくつか読んでたのですが、段々とマンネリ化してしまい…。
高評価だったようなので、久しぶりに購入してみました。
結果、いつもの通りでした。
毎度ながら攻めや周りの人にどんなに冷たくされても一途に思い続ける無垢な受けには胸が痛くなりますが。。
攻めの王様のカッコ良さもイマイチで、なんでそこまで好きでいるのかも???で、攻め受け共にあまり魅力を感じませんでした。
個人的にこのカップリング自体にもうあまり萌えないのかもしれません。

1

ココナッツ

Hinanaさま

初めまして、Hinanaさま(*^^*)
ココナッツと申します。

実はわたしもこれからこの作品を読もうと手元にあるのですが、これはやはり六青さんのお得意パターンなのですね。
もうちょっと寝かそうかなあ…なんて思ってしまいました(^^;;
たまには最初から甘いのも読みたいですね。

六青さんの定番の不憫で無垢な受け

ファンタジー。
身内の裏切りによる凄惨な過去を持ち、腹心との雌伏の時を経て
再び王座を手にしたが、横暴を極める神官達と日々戦う若き王。
一方は、異端狩りで地下牢に長く幽閉され、
王を凌ぐ凄惨な過去に記憶を失い髪も白くなった少年イリリア。

たまたまの経緯を経て、政治的な思惑の果てに
王の神子に選ばれてしまったイリリアは、
自分を助けてくれた王様を慕いしがみつく。
常に暗殺の危険にさらされ、決して人を信じない王は
イリリアを利用するだけのつもりだったのだが、やがて……。

最初、王様と離れたくなくてしがみついたり泣き叫んだりする
まるっきり幼児みたいなイリリアに、冷た〜い気分になって
王様と一緒に「ああ!鬱陶しい!」と思いながら読んでいたのだが、
自分が利用されているだけと知っても、一途に王様を慕う彼に
(そして、そうこうするうちに段々人間らしくまともになってくるし)
王様と一緒に絆されてしまった。

そんなイリリアだが、やっと思いが通じそうなところでまた一試練。
王様を愛するが故の彼の行動と、
彼に出会って少しずつ変わった王様の様子が
思いも続きよらぬ疑惑を生んで彼は死の淵に立たされる。
それでも最後まで王様を守ろうとするイリリアの健気さ!
そしてそんな彼に心が溶かされていく……

話の筋はおおよそ見えるが、イリリアが可愛がる鳥のエピソードも彩を添え
惹きつける物語になっているのだが、惜しむらくは最後が駆け足だったこと。
あれよあれよと言う間に終わっちゃったし、再会しての甘いHもないし。
これに関してもっと詳しく!と問いたいことも幾つかあるし
スピンオフなりシリーズ化によって補足されるのか……。

イリリアの過去はなかなかエグいし、二人の初Hは衆人環視の中での儀式、
という特に前半ちょっとマニアックなエピソードがあるので
そういうのが苦手な方はご用心かとも思うが、
全体的には無垢で健気な受けに、心溶かされるツンデレ王の物語だった。


6

続きのストーリーが読みたいです。

受け様 イリリアは すごく「ケナゲ」。
王様には、2度助けられた。
悲しい現実から記憶が、不鮮明なイリリア。
助けてくれた王様に尽くそうとするが、
何度も、裏切られ命を狙われた王は、
側近二人以外、寄せ付けない。
ようやく王の心がイリリアに向きかけたとき
悲しい誤解が、イリリアと王様を引き離す。
イリリアが命の危険にさらされたとき
はじめてイリリアの心の真実が伝わった。

どうも 涙もろくて、読みながらうるうるしてしまいました。
でも、ストーリーはまだ 謎が多いです。
最後の方に登場した イリリアを助けた人たち、王様に対抗する組織
イリリアのオーラが見える不思議な力。王様の両親を殺した犯人。
話は続きますよねー。わからないままだとむずかゆくて・・・・

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ