キチク、エンカウント

kichiku encount

キチク、エンカウント
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神42
  • 萌×214
  • 萌9
  • 中立7
  • しゅみじゃない2

74

レビュー数
14
得点
300
評価数
74件
平均
4.2 / 5
神率
56.8%
著者
音楽
阿部隆大
脚本
久礼野ハジカ
原画・イラスト
おわる
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
Ginger Records
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
・アニメイト限定特典:フリートーク&ミニドラマCD「キチクエンカウント Extra Stage」 (佐藤拓也×阿部敦) ・コミコミスタジオ限定特典「描き下ろしペ
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

出版たちまち増刷決定☆ 新進気鋭の「おわる」が贈る話題のBLコミックが待望のドラマCD化! 社畜SEとして頑張るリーマン・佐藤一、25歳。 完徹明けの朝日が眩しい早朝の電車で帰宅中、車内に響き渡るAV女優の喘ぎ声が。 音漏れの主はどんなDTクンかと思いきや、すっっっごい遊んでそうなイケメンだった! 「俺みて勃ててるとかきもちわりい」 鬼畜イケメンに、えっちな音漏れで股間にゴメーワクを掛けたお詫び(!?)にと連れ込まれまさかの処女喪失!! トイレえっちに、エプロンえっち。ローター入り勤務までさせられて、社畜SEハジメの明日はどうなる! ブックレットには描き下ろしコメントカット掲載。

表題作 キチク、エンカウント

斉藤千紘 → 佐藤拓也

佐藤一 → 阿部敦

その他キャラ
千景[藤堂真衣]/ 千紘の母[百々麻子]/ マネージャー[勝杏里]/ 田中くん[布施川一寛]

評価・レビューする

レビュー投稿数14

佐藤拓也さんがいいお声でした

原作既読です。
収録されているのは単行本の「First Stage」~「Fifth Stage」までです。
ストーリーはもちろん原作通りなのですが、所々カットされたシーンや追加された台詞があります。
追加された台詞については私は好きでした。特に千紘が一に告白するシーンは台詞が追加されて「好き」が2回聞けたので。
攻め様を演じられている佐藤拓也さんは、私は今まで脇役でちょこっとしか聞いたことがないのですが、今回じっくり聞けて良かったです。
かなり落ち着いた好みのお声でした。
俺様なシーンもお声に怖みが増して益々カッコ良くなるし。
優しい時や切羽詰まった時とギャップがあってそれも良かったです。
阿部さんも攻め様に押される少し気弱そうな受け様のイメージにぴったりでした。
濡れ場の時のお声も高すぎず可愛かったです。
演出で原作より好きだったのは、二人のHシーンでのAV女優さんの声がなかったこと(私は、原作ではH中もAV女優さんの台詞が入ってたのが少し苦手だったので)。
直前までは入っているのですが、佐藤さんと阿部さんのお声には被ってなかったので一安心でした。

0

かわいい!!

原作未読の状態で聴きました。
べしこと阿部敦さんの受けが好きで聴いたこの1枚・・・


か、かわいい(ノ≧▽≦)ノ
一ちゃん可愛すぎるっ!
後に原作を買って読みながら聴いたのですがキャラクターと合う合う!!
特に熱を出してる時や酔っぱらってる時はキュンキュンきます(/ωヾ)
原作には無かったのですが酔っぱらってる場面で、千絋が「酒くさっ!」と言った後に一の「ばぁ~☆」が最高に可愛いです!
ここだけでもリピできます!!
千紘役のさとたくさんこと佐藤拓也さん・・・いつも思うのですがセクシーですねぇ。この方が攻めをすると受けが本当にされているかのような。受け視点で進められていく作品が多いのがBLなので、受けが引き立ちます。だからこそドキドキする作品が多いのかな?

内容としてはAVの喘ぎ声が入っているとのことで構えていたのですが

2人の声に聴き惚れすぎて気になりませんでした(笑)
けどちぃちゃん役の声優さん頑張りましたねww
原作通りエロエロ過ぎですが、千景くんが入ることでスパイスとなり物語性が増しています。まぁちょっと足りない部分もありますが(笑)

続きフリートークでも言ってたのですが、佐藤役阿部さん、斉藤役佐藤さんwwこれは混乱しますね(・∀・)
これはファンは聴いて損はないと思います!

0

佐藤さーーんっ!ダミヘになってるーっ(๑°艸°๑)!

視聴を聴いた時点で、
「こ、これはやばいぞ…⁽!(゚д゚屮)屮」
と、ひとりニヤニヤしていました笑
CDが発売されいざ本編視聴…⁽⁽ ◝(´꒵ `◍)◟ ₎₎
んきゃぁぁぁぁぁ!!!
佐藤さんの声は全てがダミヘに聞こえますね…ww
いつも一君に脅しを使ったり、強引にヤるのに、風邪を引いたらまるでお母さんのように優しくしてくれて…そのギャップがまた最高でしたっ!佐藤さんの声が千紘にピッタリで、佐藤さんファンにはたまらない作品です!

1

べし様、さすがです。

原作大好きで、おわる先生も大好きです♡
原作既読。 ₍レビューの内容がお下品です。すみません…₎

CDも買おうと思ったのですが買えなかったので、
借りてわくわくしながら聴きました…‼

キャスティングが本当によくって、
べし様も拓也くんも、キャラそのものでした♡

特に私はべし様の喘ぎが好きで₍変態でごめんなさい₎、
聴きながらどきどきしっぱなしでした♡

べし様の喘ぎを聴いたのは『妄想カタログ』が初めてでしたが、
本当にやっているのではないか!?と思うほど上手です。₍笑₎

はふはふしてるのも可愛らしいですが、
やはりイキ声が…最高です。ほんと好き。←

CD本編も原作に忠実で、
ところどころ変えてあって聴きやすかったです。

ただ、ちょっと「ん?」と思ったのが、
ちーちゃん₍女優₎の声がイメージと違ったのが少し残念でした₍笑₎

本編には関係ないですが₍笑₎

よかったです♡

*

0

原作のままかっこいい攻めでした♥

原作読んだあと、声優のキャスティングを見て、このCDはハズレはないと判断して即購入しました。
原作の中の攻めがめちゃくちゃかっこよくて好きなんですよ。
そんな硬派で俺様の攻めに佐藤さん!
外れるわけがありません!
特に原作のなかで一番好きな、攻めが受けの名前を呼んだシーンが声聞きたくて、ずっとそのシーンを期待していながら聞いてたんです。
佐藤さんがどう呼んでくれるかな~と思っていながらw
その低い色っぽい声で、ちょっと途方に暮れた感じで「はじめっ」と呼んだ瞬間!!ーーノックダウンですよ。
男前でオレオレ様なんですが、攻めのその若さと未熟さもちゃんと表現しているところがさすがBL界のエース!
阿部さんは昔『花降楼シリーズ』で一回しか聞いたことがないですが、
あの時の艶めいた声とツンテレぶりがとても印象に残っています。
今回は私の記憶の中の阿部さんの声とだいぶ違って、艶めくのではなく、はじめちゃんのそういう不器用さと健気なところをちゃんと出していますね。が、ツンテレぶりは健在w
「慰めるのは…今日だけだぞ」
ううう、可愛すぎます!

CD全体はテンポがよくて原作続きに忠実しています。
AV女優の声は、ちゃんと二次元バージョンになってますね(笑)
BGMも悪くはないが、所々のHシーンのBGMはちょっと邪魔だと思いました。お二人の演技に集中したいのになっと思いながら、、、
あと不満なところは…短すぎます!もっと長く聞きたかったな

PS:CDのデザインもすごく可愛くて、ジャケットの裏のお二人のアンケートが大変美味しかったです(/ω\*)
CDをお買い上げになる方はぜひジャケットの裏にご注目を~

1

これはいいw

原作がすごく良かったので
どうしても聞きたくなった(●´ω`●)シンプルにそれに限る
というやつですが、思ったよりも良かったです。
「車庫入れらめー」はどうかとおもいますがww

お話の方に関しては原作に忠実な感じが良。
エロエロです。
エロカワです。
個人的にあえぎのシーンはもう一声っ!と
難癖をつけてしまいたい衝動にかられはしますが
これはこれで可愛かったです。

ただ、個人的によかったのは
存外に攻。弟君とのやりとり然り、看病しちゃってるシーン然り
原作よりもなんだかカッコイイゾwと思ってしまうのです
惚れてまうやろーーーーーっ!なのです。
最初は無理やりだったものが、接していくうちに
ただの鬼畜野郎ではないことがわかっていく。
そしてだんだんとな段階もおいしいお話でした。
それを踏まえて再読してみようかな

0

色気とコミカルのバランスが凄くいい!

おtnp特急ビンビンビン(作中に出てくるAVのタイトル)の段階でもう100点です!

今年に入り、阿部さんは急に演技の幅が広がりましたね。
ブリショタより断然いい!
佐藤さんの低音強気攻めは男の色気が溢れて素敵。

原作は画風のせいか、ラブコメ色が強いように感じました。
CDはテンポの良さはそのままに、色気が大幅アップしています!!
佐藤さんがカッコよくて色っぽくて最高です!!

珍しい設定ですね。
AVをなぞるように犯される。AVの中の台詞を二人で言いながらセッしている。
AVを見ていたらそういう流れになる(相互オ○ニー)はわりとあるけど、この展開は珍しい。
そして色気とコミカルのバランスが凄くいい!

とても面白かったです。

余談。
子供(攻めの弟)が滅茶苦茶可愛い!!!!
ドラマCDに出てくる子供のは好きではないが(まず演技として不自然だし、甲高い声をイヤホンで聴くのがきつい)、
これは…心を鷲掴みにされましたね…。なにこの子…可愛い…。

1

喘ぎ声が…! 喘ぎ声が…!

原作既読です。
コミックを片手に聴き始めました。

AV女優の声と、AV音が何処まで流れてしまうのかも
すごく心配なところではありました。
だって、原作ではずっとAV女優・ちーちゃんの喘ぎ声が
エッチの間、ずっと流れているわけじゃないですか。

これ、どーすんだろ…?と思いつつ、
再生ボタンをポチリ。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

原作はご承知のとおりだと思うので、感想だけ。

エロい!
いや、とにかくエロいです!
それに尽きます!
だって、原作がエロエロなんですから、
CD化されたら、更にエロエロになること
わかりきっているわけじゃないですか!!

そして声優さんの演技。
エロチックすぎる喘ぎ声が、ヘッドホンに炸裂します。
もう私は、やられちゃってヘロヘロですよ。

まず、佐藤一役の阿部敦さん。
最初に阿部さんを聴いた作品が、
ちょっとお硬い(?)感じの役どころだったので、
こんなにエロい声とは、思いもせず……。
そのギャップが頭を巡って、更にやらしい妄想に…。
なんて、エロい喘ぎ声!
ずっと聴いていたいくらいです続き
ドキドキ萌え萌え、しっぱなしです。

次に千紘役の佐藤拓也さんの声。
もうさすがとしか言い様が無いです。
遊んでそうな攻めの声が、似合ってます。
そして喘ぎ声!
攻めなのに、こんなに喘ぎ声をサービスしてくれるなんて!
萌えないわけがありません!
はー、もうドキドキして心臓に悪いです。


そして、心配していたエッチの間の
AV女優・ちーちゃんの声。
しっかりカットしてくれていました。
ただ……しっかりカットし過ぎかなぁとか
思いましたね。
なんというか、ここまでカットすると、
原作呼んでいない人は、状況がわからないんじゃ
なかろうか……と。

確かに、BL作品に女性の喘ぎ声やらエッチな台詞やら
けしからん! 全然萌えない!
とかいう意見もあるでしょう。
でも、もうちょいAV部分を引き伸ばしても
悪くはなかったんじゃないかな、と。
状況理解のためにも。

と、構成にちまちま文句を言いましたが、
一番文句を言いたいのは、BGM!!
いえ、音楽自体が悪いというのではありません。
挿入するところが、完全に間違ってる!

一と千紘のエッチシーンの間、
ずーっと意味不明のBGMがずっと
背景で小さくかかっているのです。
ナニコレ……???

もう声優さんの渾身の演技が台無しです!
細かなリップ音や、二人して重なる喘ぎ声、
BGMが邪魔しまくりです!
「そこを退けよ、このやろぉぉぉぉ!!」と
言いたくなります。

コレ、なんとかならないんですかね。
すっっっっごく残念でならないんですけど。

(ー'`ー;)う~ん・・・・

最後の二人の思いがつながるシーンは、
すごく嬉しかったし、千紘の「はじめ」と呼ぶシーンや
「こんなに好きなのに」というシーンは、
押し殺した声がまた色っぽくて、ジーンときました。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

出会いはまさしく、
「キチクにエンカウントしちゃったよー!」的な
設定でしたが、
BLはファンタジーとはいえ、
人生どう転ぶか分からないものです。

お互いのことをこれからも、どんどん深く知って、
仲の良い二人でいて欲しいです。


声優さんの迫力は凄まじかったですが、
残念なところが幾つかありましたので、
今回は、「萌」でお願いします。

3

シンプルに

佐藤拓也さんってだけで、、、
神作品です。
文句なし!(笑)
阿部敦さんも昔から好きだったので最近メイン増えて非常に嬉しい
原作だけだと、うーん。って感じだったけどドラマCDだと最高です。

3

擬音ってエロ度に大きく寄与するんだなあ

擬音がないので、イッた・入ったが分かりずらいです 
電車の音・ドアの開閉音・雑踏もないので、臨場感がなく場面が伝わりにくいです
代わりに謎のBGMが微かに流れていますw 

佐藤さんは演技が上手すぎて、投げやり不機嫌声が、本当に今どきのヤンキー兄ちゃんに聞こえてしまってう~ん……
色っぽい声や優しい声は勿論素敵なんですけどね

阿部さんはイメージぴったりですが、エロさはないですねw
「車庫入れ~」あたりは完全なコメディタッチです

2

原作未読、キャスト買いです。 阿部さんの作品は、数年前からいくつか聞かせていただいていますが、最近の作品は特に色っぽい気が…!出演数が多くなっているのもうれしいです。 佐藤さんは、最近とあるCDで聞いてから一目(聴き?)惚れしました!他の方のレビューでも言われていましたが、ほんとに素敵なお声ですね。これからもっと作品増えてほしいなぁ!もちろんドSでお願いします(笑) 本編ですが、コメディ色が強いかつ、えろえろなストーリーなのでいい意味でさらりと聞けました。全トラックほぼ絡みがあった気がしました(すみません、しっかり確認はしてないので正確じゃないです) 音楽もストーリーに合っていて聞きやすかったです。途中に入るAV女優の声も邪魔にならず、ちょうどいい加減だったかなぁと。 お二人の声と演技を充分堪能でき、とても満足だったので「神」で。キャスト目当ての方は、ぜひ聞いてみてください。損はないと思います。

原作未読、キャスト買いです。
阿部さんの作品は、数年前からいくつか聞かせていただいていますが、最近の作品は特に色っぽい気が…!出演数が多くなっているのもうれしいです。
佐藤さんは、最近とあるCDで聞いてから一目(聴き?)惚れしました!他の方のレビューでも言われていましたが、ほんとに素敵なお声ですね。これからもっと作品増えてほしいなぁ!もちろんドSでお願いします(笑)

本編ですが、コメディ色が強いかつ、えろえろなストーリーなのでいい意味でさらりと聞けました。全トラックほぼ絡みがあった気がしました(すみません、しっかり確認はしてないので正確じゃないです)
音楽もストーリーに合っていて聞きやすかったです。途中に入るAV女優の声も邪魔にならず、ちょうどいい加減だったかなぁと。

お二人の声と演技を充分堪能でき、とても満足だったので「神」で。キャスト目当ての方は、ぜひ聞いてみてください。損はないと思います。

2

阿部敦さんの鉄板!

さすがとしか言いようがないです。
こういう役がとっても合いますよね。わちゃちゃ系可愛いキャラ!鉄板ですよね~~。しっとりな感じも素敵ですが私はこっちの方が好きですね。

佐藤拓也くんのドSキャラもはぁ~んってなります。
バリ攻め降臨ですね。これからの彼の活躍が楽しみです。

本編の内容のお話ですが皆さんもう読まれていると思いますので割愛しますがとってもとっても聴きやすい作品に仕上がっております。

若干原作と異なる所もありますが良い風に変更されてますのであまり気にならないと思います。エロはエロエロです!!

さくっと聴けるドラマCDですので一度聴いて欲しいです。

特典CDはコミックに収録されているはじめちゃんが酔っ払うお話です。
あとトークの方は同じ事務所の先輩後輩という事でとっても仲良くトークされていました。

4

聴きやすさ満点

車庫入れしちゃらめ~が、どんなもんかなと軽い気持ちで聴きましたが、思ったより面白く聴けてびっくり。
佐藤さんと阿部さんの相性がいいのか、エロはエロく、ラブはラブく、ノンストレスで気軽に萌えられ、最高に良いCDでした。
まあ、その話は元々うん……。なので、感動したいとか、考えさせられたいとか、泣きたい向きにはオススメしませんが、萌えとエロに関しては満点を差し上げたい。あとラブっぽいセリフはうまく足されていて、原作よりもラブ度は高いかも? ここは脚本にプラスかな。

AV女優さん(役の方、とてもうまかったです。ザッツエロゲって感じで)は邪魔にならないけれど、やっぱり入るとビクッとしましたw 女の人の喘ぎはBLとは違ったインパクトがありますね。私は最低限にしてもらえて有り難かったです。メインのセリフにかかっていたら、苦手だったかも。あと、本当だったら女優さんが言っていたAVセリフを、阿部さんが言ってたのはお得感がありました。
この辺は個人の好みだと思うので、原作のあの設定が好きな方はご注意を。

ち○ことか、その辺のセリフは原作ままで、よく言った!と満足。
疲れて甘い物が欲し続きい気分の時にリピるCDになりそうです。

9

エッチ中のAV声はカット!

原作既読です、
このCDを聴くにあたって一番興味があったのが、
AVを流しながらのエッチシーンをどんな風に音声化するのか!?
ってことでした。

原作コミックでは、
エッチの状況ちょうどのタイミングでAV女優のセリフがあったり、
(攻めがイった後に一度抜いたら、
 AV女優のちーちゃんが「抜かないで社長っ~~もっとぉ…」とか)
エッチ中のBGMはAVの男優の責め声と女優の喘ぎ声か~って感じでしたが、
ビックリするくらい、カットされまくってました…( ;∀;)

AV女優のちーちゃんのセリフは、
AVをかけた直後だけ流れて、その後は攻め×受けの普通のエッチシーン。
受けがAV女優のセリフを言わされたり~はもちろんあって、
それだけでも楽しくはあるんですが、期待していた分…物足りない!!

そりゃ、エッチして喘いでる女性の声なんてBLで聴きたくないよー
ってご意見もあるんだろうと思うんだけど、
そんな声が入ってないCDがいいならこれは聴かなきゃいいわけで…。
(言い過ぎですかね? でも、入ってないCDなら他にもいっぱいあるし…)

せっかくのレア続きな特殊設定を、
こんなにも打ち消してしまうのは、勿体なさすぎる…(ノД`)・゜・。
原作通りにはさすがにやりすぎかもですが、
せめてピンポイントで少しは最中にもAV女優のセリフは使ってみるとか、
小さく後ろで流してみるとか、
もうちょっとなんかしてくれてもよかったんじゃないのかな…


普通に考えたら、コチラのCDはとてもよい出来だと思います。
ゲームを思わせるようなBGMが使われて、
キチクな攻めにエンカウントしちゃった!という雰囲気が楽しかったし、
SEもすごく細やかに入っているし、
セリフで上手に状況説明もなされていて、
原作が手元になくても楽しめる作りでいいなぁと思いました。
(AVが流れてる感は出てないけど…)

攻め役の佐藤拓也さんは、
横暴ながらも優しさを出すのがお上手で、原作よりいい奴に感じましたし、
「こんなに好き、なのに…」のセリフはとても切実でグッときました。

受け役の阿部敦さんは、
原作よりも幼さと女々しさカット、男の子っぽさがアップな印象で、
すごく聴きやすかったですし、安定のエロさとコミカルさがさすがでした。

あと、攻めのことが大好きな弟くん役の藤堂真衣さん(女性)が、
ものすごーーーく可愛いくて堪らなかった…

内容もちょっとだけセリフの変更があったりして、
よりふたりが惹かれあっていく様子や、
好きの気持ちが大きくなっている感じがよく出ていたと思います。

おまけに、
アニメイトで買うと、ミニドラマ&フリトCDも付いてくるし、
かなりお得でいいCDだと思うんですよ、
思うんですが、

…すみません、
AV部分カットの残念感が勝って、萌え×2は付けたくないです…。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ