2年3組の面々

2nen 3kumi no menmen

2年3組の面々
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
33
評価数
10件
平均
3.5 / 5
神率
40%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス ルチルコレクション (コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784344833272

あらすじ

ある男子校でたまたま同じときを過ごすことになった面々――悩みなどなさそうに見える彼ら、一人ひとりの「ほんとう」とは…?

表題作2年3組の面々

評価・レビューする

レビュー投稿数3

引き込まれる作品

久々に引き込まれる作品でした。
2年3組の5人それぞれの視点で語られるお話です。
登場人物は多いですが、描き分けができているのでキャラの区別はつきやすかったです。
ただ、さらっと読むと誰が誰だか分からなくなるかもしれません。
文章量が多いので読み終わるまでに時間はかかりましたが、読み終わった時にとても満足感を覚えました。
本編はハッピーエンドとは言い難いですが、最後の多部友由樹視点を読むと個人的にはどの子たちもハッピーエンドなのではないのかなと感じました。
胸を打つ台詞もあり、読んでいて意外性もあり、充実した時間を過ごすことができました。合う人はとても合う作品だと思います。

2

予想や期待、裏切られるのけっこう好き

彼らの気持ちを理解しようとすれば
早々に疲れてしまい読み進めが困難な部分あり。
各話ごとにフューチャーされた人物以外のセリフなど
邪魔してくるものが多いのです。

とりあえずさらっと読んで、再読で、などというのは悔しいので
けっこう粘り強く読み進めたところ、
半分を過ぎたあたりで、色んなことが入ってきます。

それでも自分の予想が次々と外れるため
彼らの気持ちの先を予想していくのがなかなか楽しいです。
あー、そうだったのか、、、そうだったんだろうな、みたいなはっきりとはさせないあたりも、これまた魅力なのでしょう。

他では出会えない感性で描かれた作品で、個人的には神評価気分。
読了後は闘いのあとの達成感のようなものとともに、心に残った作品。
ぐちゃぐちゃな気持ちも消えず爽やかとはいえないですが、
各話ごとになにか納得ができ、そのたびポッと明かりが灯ります。
時間や気持ちに余裕があるときにおすすめ。

はー、しかしBLに登場する幼少期はなぜみんなあんなに可愛いんだろう。

4

オムニバス形式

題名の通り、高校生・2年3組の生徒達(+教育実習生担任)にスポットを当てた作品です。

でも、ごめんなさい!
各個人の気持ちが分かり辛く、何を言いたいのかわからなかった。
結局、論くん(どの作品にもほとんど関わっている子)の行動とその理由、なんでしょうかね?
カップルが成立したのも、一組…なのかな?
そこもハッキリ成立しているのか微妙。
さらに、どの子もどことなくアンハッピーエンドという。
とはいえ、感情移入がしにくい話だったので、読後が悪いということは無かったのが救い。
…こんなのが救いってorz

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ