ファーストエッグ(4)

first egg

ファーストエッグ(4)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
49
評価数
10件
平均
4.9 / 5
神率
90%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥900(税抜)  ¥972(税込)
ISBN
9784344833364

あらすじ

元暴力団幹部の高御堂と同棲している刑事・佐竹。佐竹の過去に纏わる事件が発生し、周囲は不穏な動きを見せるが…。怒涛の完結巻!

表題作ファーストエッグ(4)

高御堂新,高級料亭オーナー(元暴力団幹部),41歳
佐竹霜麻,警視庁捜査一課特命捜査対策室五係,31歳

その他の収録作品

  • 刑事の矜持(書き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

記憶に残る一冊

怒涛の展開を迎えた最終巻。
あれこれ勝手に推理していたものを、答え合わせをしながら読み進めました。
…けれど、思いもよらない展開に驚きつつ、さすがは谷崎さん…と関心。

『ファーストエッグ』直訳で最初の卵。
このタイトル、なんの意味があるのかな?と思っていたのですが…そういうことだったのか。
高御堂の口から発せられたその言葉、そして佐竹の母親が専攻していた学科、母親の野望…ひとつひとつが明らかになるたびに、まさか…という疑惑が頭をよぎり、叔父・匡和の言葉で決定的になったときの恐ろしさ。
佐竹はなんていうものを抱えているんだと驚愕です。

3巻で見方が変わってしまった黒岩。
黒岩を信じたい佐竹の気持ちが辛く、黒岩の目的がわかったあとも佐竹は黒岩と過ごした日々を嘘にはしたくなかったことに切なくなる。
でも黒岩も、嘘がなかったわけじゃないと思うんです。
佐竹に言った言葉や行動の中に、本物もあったと信じたい。
佐竹が最後まで黒岩の名前を呼ばなかった(黒岩の身を案じて名前を叫んでいる場面はありますが)のは、黒岩の正体を示唆していたのでしょうか…。
3文字にこだわってい続きた佐竹だけど、他の人なら3文字以上の名前も呼んでいたから。

高御堂の愛は分かりにくい。いや、分からないようにしていたのか…。
佐竹を助けに乗り込んできた高御堂。
多くを語ることのない彼の『想い』を見た気がします。
腹をくくったのでしょうか。ここにいろ、と初めて執着を言葉にする高御堂に、初めて佐竹を抱いているときに見せた笑みに、きゅうっとなりました。
あぁ、一緒に寝る気満々なんですね、たかみさん。とニマニマ。
高御堂の心理描写は皆無なため心の内を推理するしかないんですが、案外高御堂の方が佐竹に執着しているのかもしれませんね。

あえて語られなかった、佐竹の能力。
それは、まさか──。
それに気づいても高御堂はもう佐竹を捨てるなんて考えない。
佐竹は…気づいたらきっと離れようとするんだろうなぁ。でも本気を出した高御堂にアッサリ捕らわれてしまう気がします。
わたしの勝手な考えですが、高御堂は最期、佐竹も道連れにしそうですね。
その方が幸せなのかもしれません。

分からなかった多くの謎が解決したものの、未だ謎の部分は潜んでいます。
謎は謎のまま──。

佐竹と高御堂のこれから、を覗きたい。
ぎこちなくも、少しずつ寄り添っていく二人とか。
戸惑う佐竹と開き直る高御堂を期待。
そのうち『好き』だの『愛してる』だの言っちゃうんでしょうか。
他にも色んな事を語りたい。あぁ誰か話を聞いてください!笑
この手の話は後を引く。読み終わった今も、これまでを思い出しアレコレ考えてしまいます。
まさに記憶に残る一冊になりました。

…すごいな、今現在神率100%ですね!

1

一気に読みました!

なんか、大変なものを読んじゃたなぁ~という感じです。
最終巻発売を待って満を持して一気に読みました。BLというよりは、事件もの、謎解きもの、人間模様ものとしての面白さのほうが強く、久々に寝食を忘れました。

特別な能力がある佐竹が、刑事としては新米の黒岩と追いかける事件の数々は、佐竹の能力が全開で秀逸でした。
それだけでも面白いのですが相棒の立ち位置だと思っていた黒岩の正体がビックリです。
BL要素は佐竹と高御堂とのやり取りだけです。
いわゆる甘いと感じる場面はほとんど無いのですが、攻受というパターンを超えた重く深い愛情を感じます。ぎこちないまでの二人が切ないです。

登場人物が多いので、途中であれこの人は?と読み返した時もありましたが、お話が長い分エピソードが多く、人物が現実感を伴って動きます。
捜査にかかわる江東、井筒、金田一、猿渡。そして高御堂側近の羽根、成富、個人的に一押し桜井! オジサンズがとっても好きになりました。
それだけに、、、、結果が分かっているとしても書き下ろしの市場班の最後には涙せずにはおれません。

そして「ファーストエッグ」のタイトルが続き示す意味、佐竹のバックボーン。
キーパーソンの叔父さんも登場して、ノベルズ表紙からも、お話の流れからもなんとなく展開は読めはするのですが、最後の最後は想像を超えました。色々謎はあえて語りません。分かっちゃたらもったいないです。

やっぱり谷崎作品は長編が良いですね。圧倒的に面白いです。
ノベルズは終わりましたが、癖のある数々の面々のこの先の動向が気になって気になって、、、何らかの形で書いて頂ける事を期待します。

PS.コミコミ特典ssペーパーは、本編で外食に行こうと誘われた先のお話で、重い気持ちをほっこりとさせられます。

7

ココナッツ

はじめまして、こんにちは(*^^*)

ファーストエッグはわたしも大好き(谷崎さんが好きというのもありますが)です。
2/9発売の雑誌『リンクス』では、完結記念の番外編が掲載されるようです。
わたしは雑誌は買わないので読めず残念ですが、ご参考までに。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ