小鳥の巣には謎がある

kotori no su niwa nazo ga aru

小鳥の巣には謎がある
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
5件
平均
2.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784344833722

あらすじ

26歳警視庁刑事の悠李は、潜入調査のため、超セレブ学園に生徒として編入。「不良学生」岡田と出会い、学園の「闇」に迫るが!?

表題作小鳥の巣には謎がある

岡田昴,不良学生
笹本悠李,学園に潜入捜査中の刑事,26歳

その他の収録作品

  • 後日談
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

年下攻め好きなら

年齢差8歳。18歳と26歳です!年下攻め好きにオススメしてみます。

表題作232ページ、「後日談」17ページです。
どちらの作品も、刑事・悠李(受け)の目線で進みます。

「小鳥の巣には謎がある」
26歳童顔刑事・悠李(受け)は、自殺した少年の捜査のため、セレブな子弟が集う学園に潜入します。転入早々、生徒会長の才門に気に入られて「お茶会」に誘われる悠李。学園の特殊な環境に戸惑いながら捜査を続ける悠李に、岡田(攻め)が声をかけてきて…という内容です。

「後日談」
表題作の2年後。恋人同士になった二人のエロ話です。

犯人を探すわけでもなく、バイオレンスがあるわけでもなく、ちょっと危機はあったもののハラハラドキドキとまではいかず…どうにも中途半端な印象でした。

シリアスというのもちょっと違うのですよね。黒幕が生徒会長であることは端から予想がつきましたし、最初から正体がバレていたのなら、もっと色々罠を張るとかしてみたら良かったのでは。突然殺そうとするとか、ついていけませんでした。覚醒した相手が気づかない程度の悪戯なんてして楽しいんだろうかというのも疑問でした。続き岡田が父親に話したらすぐ解決するというのも拍子抜けでした。

ただ、自殺した生徒の友人・襟川は可愛かったですし、エピローグの遺書の内容は悪くなかったと思います。悠李も刑事としては頼りないですが、可愛らしかったです。悠李が実際は年上の社会人なのに、高校生の岡田を「先輩」呼びするのも萌えました。

登場人物は魅力があったのに、それを生かす事件が十分でなかった。そんな印象でした。

2

うーん。。

よくある全寮制男子校物にミステリー的要素が入ったお話で、最初はどんな物かとワクワクしていましたが、途中から先が読めてしまったのと、若干無理があるかなーという感じでした。
事件の中身に捻りがないので、ハラハラ感もなく、26歳の刑事さんが高2のふりをして、違和感がないっていうのもうーん。
あとは元々ラブ要素が薄かったので、後日談のエロにも全く萌えませんでした。
Hの最中の受けの「いこう」って台詞にも思わず笑ってしまいました。
笑うとこじゃないんですが、すいません。
帯にあった「念友」とか「お兄様」設定もほぼ生きていなくて、なんだか残念でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ