天罰への階段

tenbatsu eno kaidan

天罰への階段
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaラブコレ(電子書籍・フロンティアワークス)
発売日
ISBN

あらすじ

婿養子で、小さな工務店の次期社長を期待される祐一。
しかし、その工務店で不祥事が発覚してしまい、無力な自分に居場所を無くしてしまう。
そんな時、大学時代から祐一に想いを寄せる大八木が、弁護士として力になってくれることに。
プライドが高いくせに人一倍打たれ弱い祐一に、大八木は恍惚と笑み、求められる快感に祐一はハマっていく――。

【Dariaラブコレ vol.62収録作品(表紙:案丸 広)】

評価・レビューする

レビュー投稿数1

短編ドラマ的

 ダリア・ラブコレで読んでたので書いてみようかな~と思ったら。
ちょっとw ↑上のあらすじで、ほぼネタバレしてるじゃないですかw

 案丸広さんの作品は、暗い話と明るい話で区別してます。
今回は暗い話。「暗い」というのは、バッドエンドか、メリーバッドエンドを予感させるものを指してます。

 悪い方向へ進んでるストーリーを途中で切ることで、不安や気まずさなどの余韻を残します。
案丸広さんが暗い話を描くときは、この手法をとることが多く、この「天罰への階段」もそうでした。

毎度のことながら、話をどの段階で切るかの選択が上手いと思います。
読後感は、15分~20分の短編ドラマを見てるような感覚に近い。
ページ数以上の読みごたえがありました。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ