こいねこむすび

koineko musubi

こいねこむすび
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
50
評価数
14件
平均
3.7 / 5
神率
28.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784778117634

あらすじ

介護士の佐貝一希に片想い中の高校生・大浦拓真。一希の勤める介護ホームに足しげく通う拓真の前にある日、猫の幽霊が現れる!!その幽霊猫は拓真が子供の頃に飼っていたばんちょうだった――!成仏する前に拓真の幸せを見届けたいと言うばんちょうは、からかいつつも拓真を励まし応援してくれるけど……。他、子供の頃からカッパやコロポックルなどの不思議な存在が見えちゃう男子高校生のお話などファンタジーな一冊

表題作こいねこむすび

同時収録作品花とみずうみ

花元泰成,絵本やコラムを書いているもの書き
湖人,攻めの恋人

同時収録作品めにはさやかに

藤倉快智(ふじくらかいち),高校生
野々島昴(ののしまあきら),高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数3

私が小学生だったら神だったかな

んも~~~!!
可愛い!!!

なにこの幽霊ネコちゃん!!
口のところ可愛いすぎる丸い可愛い丸い可愛い!!

カッパもサ○リオのグッズとか、
ご当地ゆるキャラみたいな感じでたまらんですね!

全体的にファンタジー度高めの短(~中)編集でした。
とにかく脇役のゆるキャラが可愛い過ぎです。

ふわっとしたファンタジーで、
全体的にエロ薄めで、
本当に可愛らしいお話が詰まっています。

この話の感じ、
自分が小学生の時に求めていた恋愛ものってこんな感じでした。
もちろんエロの部分すっぱ抜いての話ですが、
もし自分が小学生の時に読んでいたら禿萌え上がって神だった!
間違いなく!

まず当て馬が出てこない。(というか当て馬っぽい存在はたいしたことはない当て馬でした。)
最高です!←

小学生の時の私、当て馬の存在を憎む主人公CP至上主義でしたので。
そもそも恋愛ものの読み方を分っていない子だったので、
当て馬が出てきたらハラハラして読めなくて当て馬ページは飛ばしてました。
そこが話が盛り上がるところだっちゅーのに恋愛偏差値マイナス1000ト続きン。
当て馬が出てこない、引っ掻き回さない恋愛ものとかあんまりないと思いますがそうゆーのあの頃は求めてました。

あとやっぱり幽霊とかカッパとかコロポックルとか、
ファンタジー大好きなんです。
これは今も昔も変わりません。
まぁゆーても今はどっちかと言うと指輪物語みたいな本格的なほうが好みではありますが。

いや~これは。
あのころに出会いたかった~。

たまにありますね、
「これはあの頃の私が求めていたタイプ!!」
みたいな内容が。

今現在の歳での評価なので、
ひょっとして、
もっと年を取ったらさらに嗜好が変化するのかな?
などと、いつも思いながら評価してます。

1

かわいいけど

裏表紙のかっぱさんが可愛く、説明文にも惹かれ購入しました。
ゆるキャラが大好きなので、物語にどうかかわってくるのかなと。
イラスト通りふわふわした可愛いお話なのかなと期待しておりましたが、やたらと受けのつらい過去や元彼のトラウマが描写されていてあまり楽しめませんでした。
気になるかっぱさんは男前で素敵でした。この子がいなかったらこのコミックスは売る本リストに入っていたと思います…。
ファンタジーとやわらかい絵柄はとても魅力的なので、こんどはもっとなれ初めから描かれたピュアっピュアな話を読んでみたいです。

0

にゃんこが取り持つ縁

昔可愛がってた猫が幽霊となって現れたり、幽霊と話せるコが出てきたり、河童が出てきたり、ファンタジーな短編が集まった1冊になってます。可愛いお話が多くて、読み終わった後には、心がホンワカ温かくなるような感じです。

『こいねこつなぎ』『こいねこむすび』
猫を助けようとして殴られる拓真。拓真のケガを治療してくれたのは、憧れの一希でした。治療してもらって喜んでるところに現れたのは、昔可愛がってた猫のばんちょうの幽霊です。ばんちょうは、昔世話になった拓真の幸せを見届けないと成仏できないと言うのです。
ばんちょうに勇気づけられて、拓真は一希を食事に誘います。少しずつ仲良くなっていく拓真と一希。その傍では必ずばんちょうが見守っているのです。
頭に三角を付けたばんちょうが可愛いです。ばんちょうの、拓真への愛情が伝わってきて、胸が温かくなります。ばんちょうから一希へのメールには泣きそうになりました。

『花とみずうみ』
ラブラブなカップルの湖人と花。とっても順調な二人だったけど、花が湖人の日記(花への思いを書き綴った詩)を勝手に見たことで喧嘩になります。それからすれ違いの日が続いて不安続きになった湖人に、花からのサプライズがありました。それは、湖人の詩に曲を付けてプレゼントしたのでした。
いつでも幸せそうな二人にニヤニヤします。
可愛かったのはぬいぐるみのそらです。不安になった湖人を一生懸命励ましてる姿が微笑ましいです。

『めにはさわやかに』
昔から河童や幽霊が見える高校生の野々島。そのため、小さい頃から孤立していました。そんな野々島に興味を持って近づいた藤倉。藤倉は野々島の体質を気味悪がらずに、一緒に幽霊を見せてもらいます。その時の野々島の笑顔とセリフにドキドキさせられる藤倉。
お互いに好きなのに、なかなか素直になれない二人がじれったくて可愛いです。二人で幽霊退治のようなことをしてるのも面白いし。
純粋じゃなくなったら藤倉が喜んでくれたこの能力がなくなるんじゃないかと、エッチするのを悩んでる野々島が微笑ましくて可愛らしいです。
野々島の悩みを聞いてる河童が、男前でツボでした。

エッチしてるシーンもあるけど、BL部分よりもファンタジーの方が強い感じです。でも逆に、それが癒されます。カバー下のばんちょうと拓真も可愛いです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ