抱いてやるよ、いくらでも――

純潔センチメンタル

junketsu sentimental

純潔センチメンタル
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×210
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
106
評価数
29件
平均
3.8 / 5
神率
31%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥639(税抜)  ¥690(税込)
ISBN
9784864367318

あらすじ

愛を知らない男に、愛を教え込む…。
ある事情から本気の恋愛を避けていた綾瀬は、高校生の頃から女の子たちと軽い気持ちで遊んでいた。すると、その状況を見かねた友人の東が「俺だけにするなら満足するまで抱いてやる」と言ってきて――?

表題作純潔センチメンタル

東、大学生(英文科)
綾瀬理久、大学生(英文科)

同時収録作品犬とあまのじゃく

アキ、大学生
玲、大学生

同時収録作品恋は悪戯

佐野、サラリーマン
春日、サラリーマン

同時収録作品純潔センチメンタル(描き下ろし)

東、大学生(英文科)
綾瀬理久、大学生(英文科)

評価・レビューする

レビュー投稿数7

三編入った短編集

表題作は幼なじみで男前×淫乱受けです。
絵柄が綺麗で雰囲気のある作品でした。
攻めである東がすごく男らしいのですが、ある意味ではへたれかもしれません。受けにふりまわされているというか…でもそれを顔に出さないのがスマートだと思います。

受けの綾瀬が女の子と遊びまくりの遊び人、という設定なのですが・・・ふと、この子が女の子の幼なじみで男の子と遊びまくっているという設定だとしても意味が通るかも、と思いました。
そもそも、女の子をとっかえひっかえしてる綾瀬を東が窘めたら、「じゃあお前が俺の相手してくれるの?」「お前がもう他のひとと遊ばないなら相手してやる」みたいな感じで始まる関係です。
綾瀬がもともと男性と遊び歩いてるならわかるのですが、女の子ばかり相手にしていたのにじゃあおまえが相手してくれる?ていう展開がちょっといきなりで、そこに違和感がありました。

ラストはもう少し大きな展開があってもよかったかなあと思いました。
この作品だけでいうと中立よりの萌えかな?という感じです。

「恋と悪戯」
勘違いから付き合うことになる同僚のお話。
同性なのにという疑問も吹き飛ば続きすくらい真面目で冗談の通じない攻めキャラが可愛いかったです。

全作通じて受けのキャラが白い髪で細身という共通点があり、髪型など微妙に変えてはいるのですが、絵柄の特徴からか、私には同じ顔に見えてしまいました^^;
雰囲気が綺麗でしたが内容は思ったよりあっさりしていてちょっと物足りないかな、というくらいでしたので萌えにしました。

1

すごく良かった!!

これは表紙買いした作品です。
まず絵がめっちゃ好みでした!!線が細くてきれいめな絵が好みの私にはドンピシャでした(笑)
表題作『純潔センチメンタル』の他に、『犬とあまのじゃく』『恋は悪戯』という作品が入ってます。
やっぱり1番は表題作でした。綾瀬を不器用ながらも想い続ける東はかっこいいし、そんな東の想いに少しずつ惹かれて甘えていく綾瀬はかわいいです。
留学することを告げた場面で、思わず涙がこぼれる綾瀬を抱きしめて「たとえまた1からやり直しになったとしても俺はお前を諦めないから」「覚悟しとけよ」と言っちゃう東がイケメン過ぎる!
他2作もすごく良かったし、この作家さんの作品をもっと読みたいです!

1

初コミックスだそうですが…


すっごく良かったです…!というのも、自分のツボを押さえたカプばかりで、読んでて幸せでした。3作入っているのですが、どれも好きです。


表題作は、寡黙でしっかり者だけどむっつりな攻めと、元ヤリチンだけど今は攻めとしかしない受け。
ヤリチンキャラによくあるチャラい感じですが、当てつけに女に走ったり攻めとの約束を破ることなく、不器用に攻めを思っている受けは愛しくなる可愛さがあります。一方攻めは一途だけどこれまた不器用で、ある意味似た者同士なんだなーと。キャラ設定はこんな感じですが、純愛!という雰囲気でした。


2作目は単発。幼なじみものですが、小さい頃によく攻めをいじめていた奴らをボコボコにしていた受けが、大きくなって自分よりガタイが良くなった攻めに困惑。付き合っているけれど、受けは自分がタチだと思い込んでいた故に体格差にコンプレックスを感じ、筋トレをしたり努力しているという可愛らしい話です。受けが「お前を抱けない」と言ったとこは笑わせていただきました(笑)


3作目は、もう、堅物真面目攻めが素敵です!!!
酔ってキス魔になった受けにキスされ、責任を取るために続き付き合おうと言い出し……なんかもう、ピュアすぎて恥ずかしい(笑)一話目が、じゃあ関係を深めるまでHはしないでおこう、という終わり方でほっこり。1話は攻め→受けの印象が強かったけれど、関係が進んだ2話からは、受けの攻めへの愛情がすごく伝わってきました。


表題作の描き下ろしのおまけ漫画もすごく良かったです

1

ほしいのは、きみのぬくもり

篠崎マイさんの初コミックスは、表題作を含め
3つの物語と描き下ろしが収録されている短編集。
表題作をメインにレビューさせていただきます。

○純潔センチメンタル
同じ大学に通う綾瀬くん(受け)と東くん(攻め)の話。
冷え切った家庭環境から
誰かに本気になることを面倒なことだと思っていて
毎日フラフラ遊んでいる綾瀬くん。
そんな彼が、高校時代ふとした思い付きで
同級生の東くんに体の関係を提案して、
ある条件付きでそれを受け入れた東くんは―

東くんが、不器用に綾瀬くんを想っているところが
可愛くて微笑ましかったです。
普段はぞんざいに扱うくせに
眠っている綾瀬くんの髪に優しく触れ、冷たい手にキスをしたり、
メアドを教えない理由が
その他大勢の女の子と一緒に登録されたくないからだったり、
とにかく、不器用キュート!短髪攻めなところも好みです。

綾瀬くんは、女の子と遊んでいるけれど、
東くんとの体の関係は惰性ではなく
抱かれることに、きちんと優しいぬくもりを感じていて
だからこそ、東くんの条件を忠実に守っているのだと思いました。
クライマッ続きクス、綾瀬くんの繊細な本音に触れながらの
東くんの告白は、読み応えを感じました。

私的萌えポイントは、綾瀬くんが東くんを”恋人”のカテゴリーで
登録したスマホにキスをしながら彼の帰りを待つシーン。
可愛くてきゅんきゅん!でした。

○犬とあまのじゃく
幼馴染みで同居・同じ大学に通う年下攻め×ツンデレ受けの話。
やらしいことをしたいアキくんだけど、いつも玲くんに拒まれてしまう。
その理由やオチが、とってもキュート♡

○恋は悪戯
酔うとキス魔の春日くんと真面目な同僚佐野くんの話。
ふたりの想いのはじまりが、やや唐突に感じましたが
絵の巧さもあり、それ程気にせずに読めました。

篠崎さんの絵柄、見易くて本当にきれいです。
コマの魅せ方も、華と色気があってgood。
ただ、どのお話も攻めは黒髪で短髪寄り、受けは茶髪の長めと
キャラが被っていたことが少し気になりました。
今度は是非、長編作を読んでみたいです!

2

表紙買い

表紙買いしたら、うっかりダブり買いしてしまったという、、、

この手の、今はやり風のほっそい描線のきれい系の絵のコミックスとしては、割とアタリではあったけど、2冊はいらないって位の感じかな(って、普段でも、よっぽど好きな作家さんの本でも、読む用、保存用、布教用に3冊なんて買い方はしない主義だが)

表題作をはじめ、他の作品も、愛を知らない(本気の恋愛をしたことのない)主人公が、愛に気づいていくお話が汁気多めに展開しているのだけれど、主人公が愛を知らないせいか、絵がきれいすぎるのか、エチシーンが甘くエロく見えないのが残念。

0

独占欲で、絡め取られる

両親が不仲で愛を信じられない綾瀬は
誰にも本気にならず高校生の頃から女の子と気軽に遊ぶチャラ男ですが
同級生の東に「そのうち刺されるぞ」と忠告され
「お前が満足させてくれるなら」綾瀬が煽ると
「セックスの相手を俺だけにするって約束出来るなら」
それが大学に入っても続いているわけです。

体の関係は無くても、相変わらず女の子と遊びに行くし
講義にもほとんど出ない綾瀬は
普段は無愛想で素っ気ない東に抱かれている時だけは
そのぬくもりと快感に身を委ねていられます。
でももしその手を放さなければならなくなったら…?

甘やかしすぎない東、寡黙な攻めって良い!
しかもむっつり気味なとこもw
想いを吐露するシーン、かっこよかったデス…。
綾瀬は、東をちゃんと待っていて
講義にも出るようになって変えられていって
あとはもう甘々な日々が待っているんだろうなぁ。
チャラ男が一途にさせられるお話は結構好き♪


『犬とあまのじゃく』
年下の幼馴染・アキと付き合って同棲中の玲は
いくら筋トレしてもガタイが良くならず不満です。
反対にアキは自分より背も伸びて適続き度な筋肉もついて
Hを迫られても拒み続けていました。
ある日アキがあてつけに合コンへ行く事になり
腹を立てますが…。

これはアキが可哀想だったw
上か下かモメていましたが
好きで付き合ってるならそんなに意地はることなくないか??とも思いつつ
小さい頃は自分が守ってやってたから仕方ないのかも…。
でも正直受けっぽくないアキが抱かれるのも美味しいと思うw

『恋は悪戯』
酔うとキス魔になる会社勤めの春日は
同僚の真面目眼鏡の佐野にキスしてしまいますが
数日後「付き合おう」と言われてしまい…!?

うわー、キス魔ってどのへんなんでしょうww
もしかしたら男女かまわずにしてたって事なのかなーと
気になるところが我ながら違う気がしましたがw
付き合おうと言われて困ってるはずなのに
二人で飲みにいって
今度は積極的に佐野にキスするのがちょっと違和感ありました;
だっていくら酔っても気をつけるもんでしょう、
自分にその気がなければ、って思ってしまったもので…。
春日の言葉に傷付けられた佐野が可哀想。
そうだよー、そりゃないよー;;
結局は春日も佐野を好きになって
ひとりで悶々とする事になるんだからまぁお互い様なのかなw
それにしたって佐野は春日のどのへんを好きになったのか…。

『純潔センチメンタル』の描き下ろしで
眠っている東の側でこいてしまう綾瀬は良かった!!w
自分でてぃくびも触っちゃってて!やらしいな!


綺麗な絵柄で読みやすいと思いますし
攻めが割と好きなタイプだったので萌で♪

4

受が苦手でした。

綺麗な表紙だったので久し振りにジャケ買いをした1冊です。
最近初コミックスでも絵が上手い作者さんが多いですね。この作者さんも、線が細くてバランスも良く、とても綺麗な作画です。

ただキャラクターが個人的に受け付けませんでした…。
受が小柄な強気ワガママキャラで、攻に対して言いたい放題やりたい放題です。家庭環境の悪さが原因で遊ぶようになったにしても、女の子とも遊んでるので、条件を出されただけで男である友人の攻にだけあっさり絞る所にも違和感がありました。

散々攻の事を突っぱねて冷たくあしらっておいて、攻が留学すると知った途端に態度も急変するので、乱暴な言葉になりますがなんだコイツ…と思ってしまいました。
描き下ろしではそこそこ甘々になってますが、本作の流れがそれだったので、攻の体に欲情しているだけにしか見えませんでした。

表題以外の読み切りは可もなく不可もなく、、です。

絵は綺麗だし、萌える構図も上手い作者さんだと思うんですが、作者さんがご自身のツイッター上で「帯のアオリに声を出して笑った」と書かれていた事を知り、とても残念な気持ちになりました。

BLのア続きオリは確かに恥ずかしいと読み手側も思いますが、作者さん本人がそれを公に言ってしまっては駄目だと思います。
表題のラストも、攻の東が恰好良いのに「お前いつからそんな事言うキャラになったんだ」「いまのは俺も恥ずかしかった」みたいな遣り取りで下げてしまってたので、読む側からは水を差された気持ちになりました。
これが3話通してギャグ要素強めのストーリーならそこまで感じなかったのですが…。

作者さんは嫌々商業BLを描かれているのか、恥ずかしいからそうして軽くバカにするのかなと思うと、そこも微妙な気持ちになってしまいました。ごめんなさい。

くどいんですが、絵は本当に丁寧で綺麗なので、ストーリーを頑張って欲しいと思います。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ