雲の上びより。

kumo no ue biyori

雲の上びより。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
DUCA〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
20ページ
版型
B5

あらすじ

「トラさんと狼さん」の番外編。
天国で狼さんが狼生(じんせい)を振り返っているお話。

表題作雲の上びより。

トラさん,ベンガル虎
狼さん

評価・レビューする

レビュー投稿数1

狼さんの狼生は…

今回は、狼さんが天国で昔を思い出して、
自分の狼生(じんせいと読みますw)について振り返るお話です。

子供の頃は、
熊に家を荒らされて物を盗られるなど、奪われることが多くて、
大切な物を側に置くことができなかった狼さん。

それが、
居心地のよい群に身を置けるようになり、やっと心に余裕が出て、
一つくらい好きな物を側に置いてもいいかもしれない…
奪われず、守れる範囲なら…
そう思ってトラと一緒に暮らし始め、幸せを感じられるようになる。

……が、
今度は守っていたはずのトラから、体を奪われてしまった狼さんw
狼さんの狼生は、奪われ狼生☆

「あー、ろくでもねー生涯だったな」
天国で狼さんがそうぼやいていると、
狼さんがあげたお土産を食べていたトラが、ふらつき倒れてしまう。
それは、
ワンコさんとフルーツ畑に行った時に、
「銀トラが喜ぶ」とワンコさんが言っていたので、
それならトラにも…と採ってきたキウイフルーツのお土産だったのに。

トラを助けるべく狼さんがトラを抱えると、
実はトラは具合が悪くなったわけじゃなくて、興奮していただけ続きのよう!
「どうしよう、すごくムラムラします」と言われて、
トラに押し倒されて、あれよあれよとそのまま~~……♡

天国に来てまで奪われ続ける狼さんw

でも、
トラが狼さんを奪うのは、
狼さんが好きで好きで、その気持ちがあふれてしまうから。
それを抱かれながら改めて実感し、心が満たされるのを感じる狼さんは、
「これも悪くねぇ狼生」そう思うのでした♪


今回も可愛いお話でほっこりでした。
お値段も同人誌にしてはお手頃で嬉しかったなぁ。
にしても、キウイフルーツってマタタビ科なんですね~知らなかった!
でも、
ネットでちょっと調べてみたら、
キウイの実じゃなくて、キウイの木や根っこじゃないと、
猫はマタタビのようには反応しなかった~と実験結果が載ってましたよ。
トラさんは、猫でもネコでもないからちょっと違うのかな?w

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?