ひよっこ王子様

hiyokko oujisama

ひよっこ王子様
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×25
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
78
評価数
21件
平均
3.8 / 5
神率
33.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
H&C Comics<大洋図書>
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784813030683

あらすじ

自他ともに認める美少年の那美。
恋したいお年頃、告白されて付き合っても、理想の相手にはなかなか会えない。
友達は、那美の性格をよくわかっている学と沙希だけ。
男女問わず♡の視線を集める那美を妬む男もたまにいて、
昔からいじめられっこだった那美はいじめっこの視線に敏感だった。
そんなある日、那美が落としたノートをわざと破く男が現れて!?

表題作ひよっこ王子様

謙介,いじわるでドSなヤンキー高校生
那美,少女まんが好きの王子キャラな高校生

その他の収録作品

  • 初めてのお宅訪問 描き下ろし
  • カバー下 マンガ有り

評価・レビューする

レビュー投稿数6

可愛いときもあるけれど

表紙買いしたんですが、絵はうまいと思うんですがたまに頭とからだのバランスが悪すぎてあれ?と思いました。
主人公の王子がナルシストで、どうしても好きになれなかった。それに最後まで二人が小学生時代に公園であった事があると言う件はお互いに気づかないままなのですね。
Sキャラのケンちゃんもなかなか気持ちに気づかず、振り向かせ方が子供過ぎてあまりタイプのキャラじゃなかったのも中立の原因かな。

0

あたためますか?

ココロのママにを読んで知った奥山ぷく先生。

ココロのママにが面白かったから、BL作品も読んでみようと思って手に取った一冊。

主人公は一筋縄じゃいかないキャラなんだね。
簡単に言えば頭のネジがちょっとズレてる。

小学生の時の那美くん、めちゃめちゃ美少年だったのにいじめられてたせいで何かが開花しちゃいました。
それから、美少年なのに残念なキャラになっていってる。(でも、これはほめ言葉)

ずっとギャグ風味で進んで行くのかと思ったら、首筋を噛まれちゃっていきなりガラッと雰囲気が変わったからビックリしたけど、なんかそそるものがあるよ。

「あたためますか?」これはもう流行語に選ばれても文句ないわ。ぜひ、あたためて欲しいわ。

コンビニ行ってくるって言った那美に、コンドーム買ってきてって言ったケンちゃん。
それに、那美が「…はじめてだから…‼」って言った表情がたまらなく可愛い!

学も沙希も良いお友達。

カバー裏の犬にやきもち焼いた那美が可愛かった。
番外編でも良いからもっと読みたい。

奥山ぷく先生の他の作品も気になる。今すぐ読みたい。

3

愛されオーラに癒される

とにかく主人公観察がとっても楽しい一冊。

那美は、実はけっこう周りから愛されていて、ちゃんと、しっかりした子です。オーラを振りまきながらくるくる動いているのが意外と気持ちよくて
とりまき友達を含めずっと見ていたいし、一冊を通して元気をもらえた。
あんな顔をしておきながら、予想以上に一生懸命なケンちゃんもいい。
もう少し大人になったらどうなるのかしら、すごく見てみたいふたりです。

好きな作家です、タイトルもやっぱり素敵。
シンプルなお話ですが、過程が深く掘り下げて描かれているのでラストまで入り込めます。

それから攻めも受けもなんですが、この絵、このふわっとした感じから、予想もしていなかったところで瞬時にエロくなる。作者の特徴でもあると思うけどもうホント、ちょっと反則ぎみですよね(大好きです)。実際そっちのほうがリアルだったりするので読み手はこんなにもドキドキしてしまうのでしょう、きっと。

3

やわらかなパズル

舞台装置もキャラクター配置も王道だけど
殆どのキャラクターの性格が常道から
外れていると言うギャップが軽やかでも
しっかりした味わいを醸し出している、と
受け止めました。
表紙と本文のギャップにまず驚いて展開で
更にビックリという調子ですかね。
本当にごく一部のモブを除いては善人しか
登場しない物語ですので安心感がありますね。
そこを長所と見るか短所とみるかで読み終えた時の
味わいが変わるのではないかと。
表紙を受け入れられた方はおそらく最後まで
きちんと読める一冊かと。

1

コメディの中にある痛み

可愛い表紙と可愛いタイトルに惹かれ、購入させて頂きました!初ぷくさん作品です!


攻めは、目つきが悪くて暴力的で、好きな子は泣かせたいS系男子。
と言っても、受けを励ましたり嫉妬したり、どうしたら受けを自分でいっぱいに出来るのか悩んだり、可愛くて優しい面もあります。

受けは、一見能天気なナルシストですが、実はトラウマ持ちの強がり美少年。
しかし、強がってるなぁと感じるシーンがそんなに多くない為、明るくお馬鹿なイメージの方が強いです(笑)


作品全体的にはコメディ色が強いのですが、攻めが暴力的だし受けにはトラウマがあるしで、ちょくちょくシリアスまではいかない少し重ための空気も流れます。ほんの少しですが。

それが独特のテンポとなり、付いていけずに「ん?」と感じてしまう事も……。


また、個性や絵柄と言えばそうなのですが、たまにキャラクターの頭が大きく、バランスが崩れて見えたのが気になりました。

もちろん、照れた顔や笑った顔、真剣な顔など、魅力的な表情も沢山あります!受けの感じてる顔も可愛いのに色気がある!


そして何と言っても脇キャラが続き魅力的。
ぷくさんの作品通して言えることなのでしょうか?

個性的な良い子ちゃんたちでした(*^^*)


今作は今迄のぷくさん作品とは一味違った物になっているとの事なので、是非他の作品も読んでみたいと思います!

2

いじめ方が小学生なドS攻め×天然系王子受け

奥山ぷくさんの作品と言えば可愛らしい系統の受けが多く、
作風はほのぼの&あまあま&コミカルが味のかたのように思うのですが、
もちろん今作も奥山さんらしく、その路線は期待して良いかと思います。

ただ、今作の攻めは今までの作品にないバイオレンスな部分を持っていて、
そこが気になる人は気になっちゃうかもなぁ…という感じでした。

攻めは受けのことが好きだからいじわるしちゃうっていう、
小学生レベルの(ってか小学生でもしない!!)いじわるをするのですが…

攻めが受けの頭を持って壁にダァン!って打ち付けたり、
首に痛いほどかじりついたり、
首を絞めたり、
顔を机にバーンって打ち付けたり、
そこがねぇ…
私的にはちょっと嫌だったかなぁ。

でもかじりつく図が好きなので、
首にかじりついていた絵はなぜか許容という。
まぁ…甘がみなら確実に萌え死んだのですがw

分りやすくドS攻めなんですけど、
本気バイオレンスなのはちょっと…。

そこを乗り越えれば、作品としては緩急ついているし、
キャラもそれぞれ立っていてとても読みやすく、
まとまりもあって続き良い作品なんですが。

自分はSMとかヤクザとかギラギラしたバイオレンス系のものも読みますし、それ自体がどうこうという事もないですが、
この作品の場合、本気バイオレンスな感じはこのほのぼのとした雰囲気の中で違和感が仕事をしてしまっているような。

攻めが受けに暴力をふるってしまうのは、
受けのことを女の子だと思ってたら男だったというショックから腹いせに…、という自分勝手な理由だったりします。
あと単にドSなだけだったりするんですが。

そうは言っても攻めが受けのことを好きでついバイオレンスになってしまうのはだんだんと伝わってくるし、徐々に攻めも優しくはなっていきます。ずっと最初のような暴力的なばかりでもありません。

そしてなぜか攻めにいじめられて感じてしまう受けw
そこは天然発揮な感じで安定のぷくさんっぽさを感じました。

そう言えば、絵柄も少し変わられたような気がします。
今までのほのぼの受けっこよりほんの少しですが大人びた印象の受けでした。
そして攻めさんは今までの中で一番バイオレンスで目つきが悪いw

わずかですが絵柄・作風に今までにない変化を感じました。
作者さんの表現が進化しようとしている過渡期の作品なのかもしれません。

今流行のバイオレンスをやる時はほのぼのに落とし込まれるより、
いっそ暗くてアウトローな素地の元に落とし込めてくれていたら、
逆に読めていた気がします。

ほのぼのオンリーを期待して読むと外しますが、
ほのぼのの中にスパイスがあってもOKな人には向いていると思います。
そして作品としてはまとまりがあって読みやすいと思います。

こういう新しいタイプの攻めを描いておられること自体は、
この先の広がりを感じ、今後にも注目したいなと思えました。

受けの友達の眼鏡くんは友情に厚い男で超脇キャラなのにすごい好きだった…あの子はきっと胸の中に熱い思いを秘めた子…
この子は絶対クラ○マーの素質があると思います。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ