第三の帝国 2

daisan no teikoku

第三の帝国 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
花とゆめCOMICS(コミック・白泉社)
発売日
価格
ISBN
9784592122227

あらすじ

わしの刺青をもつ多田悠里(ただはるさと)。彼は別の鷲の刺青をもつ的場冬彦をうけいれた時、地下組織オデッサの皇帝となる事をうんめいづけられていた。悩む悠里。だが父、ハインツとの出会いなどを通じ彼は皇帝”ユリウス”になることを決意する。絢爛たるロマン・サスペンス待望の第2巻!!(コミックス作品解説より)

表題作第三の帝国 2

多田悠里(ユリウス・フォン・ホーヘンベルク・シュ)
的場冬彦

評価・レビューする

レビュー投稿数1

耽美な世界は血が流れる・・・

かつて夢中になって読んでいた本橋先生の作品たち。
耽美といえば、どこか死の影が付きまとい、血が流れ、そうそうハッピーエンドとは程遠く・・・という世界観でした。
当時はそんな世界観に胸を痛めつつも、どこか退廃的な感じさえ漂う世界観にドキドキしたものでした。
「BL」というカテゴリーになった今は耽美系と言うよりも、バラエティーに富んだ割とハッピー系のお話が多くなって、正直嬉しい限りです。だからこそ、一時期は離れていた世界にまた舞い戻ることになったのかもしれません。

でも、「耽美」は「耽美」でやはり美しくていちいちきれいなんですよね・・・。あらためて読み返す度にため息がでる美しさです。
所作も、台詞も、世界観も・・・・。本当にきれいなんです。
でも、人は亡くなりますし、血も流れます・・・。主人公たちが現世でちゃんと結ばれるかも最後まで分からない・・・(そして、結ばれないこともある・・・)

本作はナチスがらみの壮大なロマン・サスペンスという事で、死の匂いもぷんぷんしています。
Hシーンもありません。
しつこいようですが・・・それでも美しいのです。
あと、本橋先生なら続きではなのかもしれませんが、途中途中の小粋な会話や、コメディーなノリのやり取りもあって、その緩急具合がまた絶妙です。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ