きみはぼくのもの

kimi wa boku no mono

きみはぼくのもの
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
36
評価数
10件
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥639(税抜)  ¥690(税込)
ISBN
9784796406987

あらすじ

キスもエッチも未経験の大学生・栖川には秘密がある。
それはゲイであること。
そして二丁目のバーに遊びに行くときは身バレしないよう変装をしていること。
ところがある夜、うっかりアルバイト先の進学塾に通う小学生・椿吏貢に秘密を知られてしまった!
以来、吏貢は秘密をタテに栖川に迫ってくるようになって…! ?

表題作きみはぼくのもの

椿吏貢,進学塾の成績優秀な生徒,12歳~16歳
栖川拓巳,塾講師の大学二年生,20歳~24歳

その他の収録作品

  • いとしいとしというこころ
  • ぼくはきみのもの
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

子供がカッコいい

この方のお話、いつもあらすじを読むと興味がわかないなとか、好みの登場人物じゃないなって思うのに、いざ読むとぐいぐいと惹き付けられるからすごいなって思います。

このお話も、子供との恋愛ってあまり好きじゃないんですが、吏貢くんかっこよかった。大人になった彼もかっこ良かったし、すぐに手を出さなかった栖川にも好感が持てました。だからやっとたどり着いたHも萌えました。

1

ショタ→イケメンの成長を楽しむ

『きみがすきなんだ』『ぼくのすきなひと』に続く、ショタ攻め第三弾。
(ショタ攻めと言っても、一線を越えるのは攻めが16歳になってからです)

8歳差の年の差カプで、
出会い当初は、攻めが小6、受けが大学2年生。
やんちゃなショタがどんどんいい男になっていく
過程を楽しめます。

■「きみはぼくのもの」
身持ちが固すぎて20歳にして
未だ経験なしのゲイ・栖川(受け)は
バイト先の塾の教え子・吏貢(攻め)に
ゲイだとバレ、何かと付きまとわれるように。

吏貢はいたずら好きでやんちゃなところもありますが
成績は超優秀で、人付き合いにおいても非常に大人で…と、小6にして既に人間が完成されています。
ゲイバーで栖川に迫る男を撃退したり
栖川との約束を守って全国テストで一位をとったりとカッコいいところを見せ、
ほだされた栖川が
「16歳になったら、考えてやらないでもない」
と約束したところで終わり。

■「いとしいとしというこころ」
中2の吏貢視点の話。
就活に悩む栖川の力になれない自分に
悔しさを感じたり、
就職が決まり酔って上機嫌の栖川に
続き「好きかも」と言われ赤面したりと、
意外と(?)純粋な吏貢の可愛さが
出たエピソードです。

キスの途中でちゃんと
自分にブレーキをかけられるあたり大人で、
順調にいい男に育ってます。

■「ぼくはきみのもの」
吏貢の16歳の誕生日についに一線を越える話。
いきなり積極的になる栖川に
どぎまぎする吏貢が可愛く、
初Hのがっつき具合も年下攻めらしく
とにかく可愛い可愛いお話でした。

ストーリーは特筆するほど練られてはおらず
吏貢がなぜここまで何年も
栖川に ベタ惚れなのかもよく分かりませんが
ショタが外見、内面ともにイケメンに育っていく
過程は読んでいて楽しかったです。

それにしてもこのシリーズ、
仲良しショタ三人組が、三人とも年上のお兄さんに
恋をするってなかなかすごい設定だと思いますw

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ