イミテーション・ロマンス

imitation romance

イミテーション・ロマンス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
15
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784344834118

あらすじ

尊敬する兄・和志から距離を置かれ寂しい智紀。然る資産家の養子に入ることになった折、和志から「嫌ってなどいない」と告げられ…?

表題作イミテーション・ロマンス

稲森和志,血の繋がらない兄,大学院生
稲森(橋本)智紀,大学生,18歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

禁断の恋が禁断でなかったとしたら…

何もこんなに複雑な設定にする必要があったのかなというのが第一印象。
大学1年の智樹の母親は、子連れ再婚の男と結婚して智樹を生んだので、異母兄と両親の4人家族だった。
それが実は智樹は母が浮気の結果生まれたので父とも兄とも血のつながりがなく物心ついてから家庭の中で居心地の悪い思いをしてきました。

智樹の実父は若くして亡くなっているが、結婚はしていなかったが智樹の他にもう一人子供がいて異母兄弟もいるということを実父の養父の代理人から知らされる。
戸籍上の異母兄だと思い慕っていた人はここ数年なぜか避けられていて困惑していたが、久しぶりに会ったら実はずっと好きだった、兄弟だと思ったから諦めようと思ったけど、兄弟じゃないんだからいいよな、、、って急に言われも。。。

戸籍上の異母兄の冷たくなった理由はなんとなく想像できましたが、急な豹変には智樹以上に驚きました。
野獣すぎでしょう。
告白して同意の元でセックスじゃないんですか。
なのに一方的に告白して動揺してるところを強引にベッドに連れ込み…
まあ、いやいや言いながらもすぐ受け入れてアンアン言っちゃうんですけどね。

続き血が繋がったり繋がらない父とか兄弟とかがいっぱい出てきてぐちゃぐちゃです。
作り込んだ複雑な設定に疲れて萌えませんでした。

最後まで読んで、やたらとキャラの立っていた実際の異母兄とその恋人の話が既にあってそのスピンオフがこの作品だったんですね。
そちらの方がシンプルで面白そうでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ