なんて愛らしく淫らな身体だ。声も潤んだ瞳も、愛らしくてたまらぬ

傲慢不埒な殿下の求愛 ~触れ合う肌の浸透熱~

gouman furachi na denka no kyuuai

傲慢不埒な殿下の求愛 ~触れ合う肌の浸透熱~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
16
評価数
4件
平均
4 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784799725108

あらすじ

「もっとお前のことを知りたくなった」

大国の王子ラウロスの案内役を命じられた学者の藍白。
獅子のように獰猛な金の瞳…傲慢なラウロスに反発する藍白だが、逆に彼に気に入られ犯されてしまう!
実は藍白は人の心の声が聞こえる秘密の力を持っていた。
激しい愛撫に翻弄されながら聞こえてくる男の甘く情熱的な心の声に、藍白はとろけるように乱れてしまい…v
しかもラウロスは藍白を自国へ攫って!?

表題作傲慢不埒な殿下の求愛 ~触れ合う肌の浸透熱~

ラウロス,大国オル=キケルスの王子,28歳
藍白,鷺国の学者,22歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ベタですが、安心して読める作品だと思います。

BLにおいて、傲慢俺様タイプの攻めは多々みかけます。もはやテンプレといってもよいでしょう。今回はタイトルに入っているくらいですしよっぽど・・・と思いちょっとわくわくしながら読み始めたのですが!いや、まあ確かに傲慢ではあるし不埒ではありましたが・・・傲慢というよりどちらかと言えば子供っぽい、不埒・・・は思ったほどでは。
メインの二人は歴史はあまり長くない強国の殿下(攻)とその隣国の真面目な学者様(受)。視察に来た殿下の案内役になった学者様との間に恋が芽生え(といっても、例のごとく我儘子供っぽい態度の殿下に学者様がキレ、周りにいるただ媚びへつらって傅いてる者たちとは違う!と殿下が惚れちゃうというもはやテンプレ)その日のうちに手籠めにして半ば拉致同前に国に連れて行ってしまうという。いやもう、正直これだけだったら王道ベタ過ぎて本放り投げちゃうくらいなファンタジーBLあるあるでした。
でも、そうならなかったのは今回受けの学者様が持っていた特殊能力。相手の心の声が読めちゃうという、この能力のお蔭で新鮮味がありました。ところが、この特殊能力は陰謀渦巻く王宮で大いに波乱に展開になるかと思いきや、実続き際多少そういった風味はあったもののぶっちゃけ二人の恋のスパイス(能力のことを殿下に知らせるきっかけ)くらいにしかならなかった。能力の告白に関しても、葛藤も何もなく殿下受け入れちゃったよ!自分だったら、口説いてる相手に心の声が筒抜けとかもう恥ずかしすぎて死ぬ!いや、でもまあそこは自信家の殿下なので自分の心の声が聞こえようと平気なのでしょう。そしてそのまま波乱の展開も特になく二人は心身ともに結ばれハッピーエンド・・・えーなんか物足りなーい・・・というのが正直な感想です。
まあでも、こういったお話で見かけるあまりにも非道な行いをする攻めに怒りを覚える事もなく、よくわからない当て馬にやきもきすることもなく、こう安心して読めるお話も偶には良いのではないかなあと思いました。
あ、最後に。触れた相手の心の声が聞こえちゃうこともあって、濡れ場のシーンは読んでるこっちまで恥ずかしくなってしまうほどでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ