直情の嵐

chokujou no arashi

直率的暴风雨

直情の嵐
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×217
  • 萌14
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
171
評価数
45件
平均
3.8 / 5
神率
26.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784775523957

あらすじ

「“俺だけ"にして欲しいと思って」腹が立てばすぐ殴る、ヤりたければ手を出す──そんな、超直情的な問題児・佐藤を受け持つことになった教師の峰倉。深夜の公園で1人ベンチに座る彼を発見し、帰宅するよう促すものの埒が明かず、家に連れ帰ったまではいいが…。妙になつかれ、気付けば襲われかけて──!? 凶暴な感情を目覚めさせてしまった峰倉の運命は…? 情熱と葛藤が混じり合う、不器用な男子校生×オトコマエ教師の禁断ラブ。

表題作直情の嵐

佐藤樹,高校2年生,直情的な問題児
峰倉名波(ナミちゃん),攻の担任の高校教師

同時収録作品変わらぬ居場所で変わるもの 前編 / 後編

高坂将,大女優の息子で注目の若手俳優,20歳
高坂由樹,マネージャー,攻の義兄

その他の収録作品

  • 直情の嵐~文化祭編~(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数6

ちょっと変わったわんこ攻め

中田さんの本を何冊か読んで、この方の描くやんちゃ受けがほんとに好きになってしまったので、これもとても楽しめました。
放っておけない生徒と教師ときいて、先生が攻めだと勝手に思って読みはじめましたが、そっか、こういうタイプの放っておけないてのもありますね。

家に帰れないという訳あり問題児・佐藤を担任の名波は使命感で家に泊めるのですが、いきなり強姦未遂…というのはちょっと展開が早いと思いました。
名波と佐藤が恋愛関係になっていく様子も、佐藤が名波を好きなのは子供が保護を求めてるようで可愛いけど、名波は生徒を守らないといけないという使命感が強いように感じたので、恋愛感情を持つ(体を許す)関係になる理由がちょっと薄いかな?とは感じました。
でも最後まで読んだらそんな感覚も薄れ、このカップル、可愛くて好きだなぁという感じに。

佐藤はアウトローな問題児というより、人との接し方や社会性を教わらずに育ったという感じです。
でもタイトルにあるように、とても素直で感情がまっすぐです。

悪いことをして叱られたら素直にあやまるし、何事にも反発するわけでなく「こうしろ」と言われたら素直に続きうなずくいい子です。
でも嫌だと思えば我慢が効かなくすぐ手が出てしまう直情さもある。
やっぱりどこか普通と違い、周りに対して距離がつかめず浮いてしまうのですが、それをきっちり手を引こうとしてあげる、教師という図が心に沁みました。

でも高校生と生徒だし、せめて卒業を待って、とかちょっと思ったり…。そしてできれば本当に同居をするとこまで読みたかったなあ!と思います。

素直だけどなにか欠けて育ってしまったわんこ×やんちゃな教師という、個人的にあんまり見たことの無い生徒×教師で楽しめました。

1

うーん

今回の新刊も購入させていただきました〜!今回も結構ガタイが良いです笑
発売日に購入してたのですがレビューが遅くなってしまいました…^^;
高校生×教師の話ということで年下攻めが好きなので楽しみにしていました^o^
今回の攻めの高校生の佐藤くんは無口攻め(?)でいままでの作品も読んでる限り無口攻め受けのワンコ系の話がお好きなのかな?

表題作「直情の嵐」ですが私はあまり好きではありませんでした…
攻めの佐藤くんの暴力的な所がどうしても許せませんでした。家庭環境の複雑なせいもあるんでしょうが、なぜナミちゃんが惹かれた理由も分かりませんでした。

「変わらぬ場所で変わるもの」
マネージャーと俳優の話ですが、昔から付き合いがあって兄のような存在というところがいいですね。犯罪ではないですが背徳的というか笑
マネージャーくんが勘違いしちゃう場面や、2人の気持ちがすれ違うところなどが良かったと思います^ ^

全体的にこの本の話は好きな傾向ではなかった(すみません)なので次回作に期待しようと思います。

1

無表情ワンコが可愛い!が。

ほぼ無表情の年下ワンコ攻め。
デカイ図体でシュンとする姿はとても可愛い!
無表情で口数も少ないのに尻尾だけは見える(気がする)!
こーゆーキャラは大好き!!!

それだけしか感想が出てこなかったです(;∀;)
なんだろう。萌え的には何もひっかからなかった。
受けの先生がタダ流されてるだけにしか見えなくて チー(ΦωΦ)ーン

一応攻めを気に掛けるキッカケ?的に先生の過去があったり
攻めの子が無表情で世間ズレしてる家庭環境の話もあるんだけど
アッサリしすぎてサラッと読み流しちゃう感じが・・・
コレってけっこう大事な部分じゃないのかなあ・・・
と、妙な部分が気にかかってしまいました。

書き下ろしの文化祭編は良かったです!
無表情でガーンとショックを受けてたり
無表情で「アイアイサー」と親指立ててたり
本編より感情を出すようになった部分もありで可愛いワンコでした!
(中立と迷ったのですが、文化祭編が良かったので萌評価です)

同時収録の芸能人×マネージャーのお話のほうが恋心がわかりやすくて読みやすかったです。

1

いいんだけど何かが足りない?

ちるちるさんのインタビューでこれは絶対外さない!期待!ととても楽しみにしていました。

一番にイラストがとても魅力的です。好みなので隅々まで堪能してしました。表情とか、セリフとかにキュンとするものがあるのですが個人的にブワっと来る決定的な何かが足りませんでした。

攻めの佐藤かわいいです。(顔はかっこいいけどかわいいんですよ)ううん、何故か自分のツボに入らなかったのが惜しい……

言葉少ない一途な独占欲の強いワンコ攻め(生徒)なんでこの設定にピンときたら絶対楽しめると思います。
内容自体は読みやすく、作者さんの他作品も読んでみたいと思います。

3

『待った』できる子すき(*´∀`*)っww

やりたい事をやりたい様にやっても放置されてきた『ぼんやりしたでっかい犬(佐藤)』が、愛のあるご主人様(ナミちゃん)に出会って、やしやしやし(よしよしよし)って愛を与えられつつ、おすわり・おて・まて・ハウス。をしつけられる話です。←これ。
ほんと、大型犬と良い飼主の関係みたいな話ww

親が金持ちで学校へ多額の寄付をしている関係で、問題行動を起こしても学校関係者は佐藤に対して寛容。クラスでは浮いた存在…。
でも峰倉名波(以下ナミちゃん)は新任の教師らしく、今までの評判を『知らない』 だからこそ、他の先生が佐藤の事をネガティブな感じで語っても、自分が佐藤と話して感じた事だけで佐藤との関係を築いていく様に見えました。ナミちゃんのそうゆう所を佐藤も良いと思ったのかしら~。
最初、でっかくて変な噂がある佐藤をクラスメイトも避けてますが、佐藤がナミちゃんと交流するようになってからは、周りのクラスメイトも怖がらずに馴染んできてて、会話するようになってて良かった。
なんか佐藤がクラスメイトの女の子と話してる所で『(;_:)良かった~~!』って嬉しくなりました。←老婆心てヤツ?これ??(笑
続き

この作品は、佐藤が素直にいついかなる時でもナミちゃんスキーなのが良いです。
のっそりしたでっかいワンコ。しかも、しっぽぶんぶん振るタイプじゃないけど、待てって言われたらじ~~~っと我慢して待ってるタイプのワンコ!!

好きなシーンは一話目の後半部分で、2回目にナミちゃんの家に行ったときに、佐藤がナミちゃんを襲っちゃうんですが、未遂で我に返りナミちゃんが震えて涙目でいるのを見て、「――また まちがった ごめん ナミちゃん」て言って、行くあてもないのにナミちゃん家から出ていく。←このシーン。描写がよかったです。ほんと、襲われていたナミちゃんも心配になっちゃうだろうな。って感じが良く出てて、好きです。しかも、待ったできる子だしwww実は佐藤、素直で育ちが良いイイコだし大好きですwww

1~3話がナミちゃん視点。文化祭編が佐藤視点。
…文化祭編読むと、より佐藤が可愛く見えるし、ナミちゃんも良いご主人様でいい。やっぱり良くできたわんこにはご褒美あげないとねっ(笑)

別の全後編も嫌いではないんですが、もっと直情の嵐読みたかったなぁ~。
一冊まるっと一作品の方がよかったなぁ~!
ってぐらい表題作良かったですwwにやにやがとまらない~~♪

5

ほっとけないの、わかるなぁ

見た目からして威圧的、感情が昂るとすぐ手が出る、
でも話してみると意外と素直、
ちゃんと「ごめん」と言って反省もできるし、
好かれようと努力もするギャップありの高校生(攻め・表紙の子)。

そんな生徒に懐かれて、ヤられそうになって、
混乱しつつもヤンチャだった過去の自分と重ねてほっておけず、
攻めとまっすぐに向き合う男前の新任教師(受け)。

表題作はそんなふたりのお話でした。

受けの教師の男前さがキマりすぎてなくて、
新任教師らしく若干の心もとなさを見せつつも、
攻めのことを徐々に理解して受け入れて…でも時にはビシッと!
そんな姿にとても好感が持てました~。
攻めの表情少なめな、
一見ちょっと分かりにくいワンコ☆な感じも可愛かった~~
先生は俺の!って感じで、
デカい体でガバッと抱きついてぎゅーーっとされたら、
そりゃほっとけなくもなるわ♪

疲れてるのにセックスして恋人を受け止めてあげる先生にも、
「カミングアウトは社会人になってから」と言われて、
その言葉で思わずイってしまった高校生の攻めにも、
とてもほっこりさせられました~♡
続き


もうひとつのお話は、
若手俳優 × マネージャー(義兄で保護者っぽい存在でもある)

わたしが今まで読んだ 俳優×マネ のCPは大抵、
甘えたな俳優×しっかり者のマネージャー、だったんですが、
これは違って、マネージャーがちょっと頼りなさげ。
おまけに天然でもあるんで、
どちらも想い合ってるのになかなかかみ合わず~~で、
可愛いけどちょっとじれったい気もしたお話でした。

表題作の方が好きだったので、
できれば1冊丸々で読みたかったな~
萌え×2寄りです☆

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ