君に舞う甘き夢

kimi ni mau amaki yume

君に舞う甘き夢
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
22
評価数
7件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784775523940

あらすじ

日本舞踊、皆川流の跡取りである郁也と、和菓子屋の息子の将太は生まれた時からの幼なじみ 太りやすい体質を懸念した祖父から『甘いもの禁止令』を言い渡された郁也は、それ以来、大好きなケーキを遠ざけ稽古に打ち込んできた。ようやく師範の試験に合格した日、夢にまで見たホールケーキを将太からプレゼントされる。それは、甘くてもカロリー控えめな郁也のためだけの特別なケーキで──…。艶やかにとろけるスイートラブ

表題作君に舞う甘き夢

塚原将太,幼馴染み,和菓子屋の息子でパティシエ
皆川郁也,日本舞踊宗家の跡取り

評価・レビューする

レビュー投稿数2

甘さ控えめ

甘ぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーいっ!!

作品は甘さ控えめじぇなかったですね。
どうしても表紙のイメージから凌辱かw
胸の高鳴りを抑えきれず読み始めたわけですが。
読んでみればなんともスイートなお話でした。

ふたりは幼馴染。
日本舞踊の家元として生まれた受と和菓子屋の子供として生まれた攻。
ずっと思いあっていたのだけれど、受のお爺さんがこれまた厳しいお人。
甘いケーキが好きなのに甘い物も禁止。
攻との接触も・・・・・。

そこでめげず二人で頑張るというお話ですな
必死にクールを装っても~な受がいじらしく、
そんな受の為にと腕を磨く攻というお互いに健気なお話でした。

顛末は、まぁBLらしいラストでした。
世間で知名度の上がった二人のあの行動はまぁ騒ぎになるわなと思うけどw

2

嫌いじゃないご都合主義

初読み作家さん。
冒頭、眉太めの子どもたちが出てきたときは
一昔前の青年誌漫画のような健全な雰囲気でしたが
その子どもたちが中学生、高校生、二十代…と
大人になるにつれ色気が出てくる感じが良かったです!

受けは日本舞踊の宗家跡取り、
攻めは和菓子屋の跡取りで幼馴染み。
昔から仲の良かった二人ですが
子どもの頃は、受けが厳格な祖父に甘いものを
禁止されたことで疎遠になり
中学生になり再び仲良くなるも、高校卒業後は
パティシエ志望の攻めの渡仏により遠恋に…
というすれ違いぶり。

気持ち自体は常に相思相愛で、遠恋になる前の初Hも
遠恋中のテレフォンセックスも常に甘々な二人なので
物理的になかなか会えないという設定が
ストーリーの良いスパイスになっていたと思います。
攻めが女優と週刊紙に撮られたり、受けが当て馬に
迫られたりと波乱もありつつ、最後は攻めが報道陣の
前で受けへの愛を語り、ハッピーエンド。

受けの乙女で自分からはあまり行動しない性格や
男同士で簡単にくっついてしまう展開、
あまりに危機感のない交際宣言など
引っかかっるところ続きもあれど、
「艶やかにとろけるスイートラブ」とのあらすじの
言葉通り、良くも悪くも(色んな意味で)甘くて
たまにはこういう話もいいかなと思える
ハッピー感溢れる作品でした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ