ぼくの大好きなひと。

ぼくの大好きなひと。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
シリーズ
リーフノベルズ(小説・リーフ出版)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434008832

あらすじ

大学の推薦も一応決まった夏休み。暇をもてあましていた高山翔太に、先輩からコンビニのバイトのお誘いが。女子大の隣の店と聞いて一発OKしたけれど、大学だって夏休み。当てが外れた翔太に、しかし運命の出会いが待っていた!相手は、女子大の夏期特別講座に参加していた超好みの女の子。少しずつだけど言葉をかわせるようになったものの、夏期講座は明日を残すのみ。意を決して気持ちをうち明けようとした翔太に彼女は―『ぼくが女の子だったら』って…えっ?それって。

表題作ぼくの大好きなひと。

高山翔太、高校3年生
上田佳輪、大学4年生

その他の収録作品

  • 大切に、したい人

評価・レビューする

レビュー投稿数1

勘違いから始まった恋

古い作品ですが、森本さんお得意の甘くて可愛いお話でした。片思いしていた相手を女の子と勘違いしていた高校生と怖がりな大学生の不器用なラブストーリーになります。前半は攻め視点で、後半は受け視点になってるので、2人の気持ちが分かりやすかったです。

短期間のバイトとして、翔太がコンビニ店員をしていた時に知り合ったのは、女子大の夏季特別講座に参加していた可愛くて優しい佳輪でした。毎日コンビニに来てくれて、その数分に言葉を交わすのが楽しみで、いつしか恋心を抱いていました。だから、夏季講座も今日で終わるというその日、意を決して告白しようとします。
そこで明らかになったのは、佳輪の性別でした。ずっと女の子だと思っていた佳輪は、実は男の子だったのです。
動揺した翔太は佳輪に素っ気ない態度を取ってしまったけど、男の子だと分かっても恋心は消えなくて。そんな翔太が佳輪に対して取った行動は…。

この翔太が高校生ながらも包容力たっぷりで、いつでも佳輪に対して真っ直ぐな想いをぶつけてくるのが萌えます。佳輪が黙って実家に帰った時も、探して追いかけて佳輪を許しちゃう懐の広さにもキュンとなります。反対に、続き佳輪が怖がり過ぎて翔太と距離を取ろうとしたり、引っ越すことを言えなかったりしたのは、ちょっとイライラしたけど…。
でも、2人の一生懸命な気持ちにキュンとなった1冊でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ