ミスリーディング

ミスリーディング
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
19
評価数
6件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
桜桃書房
シリーズ
Eclips romance(エクリプスロマンス 小説・桜桃書房)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784756713841

あらすじ

大手出版社に勤める編集者、倉田晴彦は会社の辞令で“伽奈ゆうき”というイラストレーターの担当となる。
伽奈は華奢で中性的な容姿をした穏やかな人物だった。
しかし、以前から同僚に伽奈とつき合うことを遠回しに進められていた倉田は、気分を害される。
やり手の編集者で容姿にも恵まれた倉田は、伽奈の好意や周囲の思惑に踊らされるつもりはなかった。
だが、伽奈との打ち合わせに、マンションへ呼ばれ―。
書き下ろし作品、2話収録。

表題作ミスリーディング

倉田 出版社に努める編集者
伽奈 イラストレーター

その他の収録作品

  • ミスリーディング2
  • ミスリーディング3

評価・レビューする

レビュー投稿数1

アホバカ攻め見参

義月小説には珍しくない、アホバカ攻め見参って感じでしたw
よくぞまあ、BLで、こんなサイテーな攻めを登場人物にしたもんだなと思います。ホント、物語の途中で起きた出来事のアレコレを思い出すと、まじで死ねって感じw
ぶっちゃけこういう攻めこそ「俺様」であり「鬼畜」であって、王道BLに登場する「受けのことが好きすぎて拉致監禁レイプしちゃう攻め」なんて、たいして俺様でも鬼畜でもないんだよなァと思ってしまう。
なぜなら、「受けのことが好きすぎて」という前提があっての俺様鬼畜行為のアレコレって(そこには攻めがイケメンかつ金持ちというオプションまでついてたりする)、受けを自分自身に見立てた場合における、愛されたい願望の具現化だともいえるので。
で、私にはそういう願望は皆無――とまでは言わないけど、無いに等しいんですよね。
愛されたい願望より、愛したい願望があるのかもしれない。
そういう意味では、義月小説の受けは、理想型?です。
自分を思ってくれない男に惚れて、無神経な行動に傷ついて、身を引く覚悟も捨てられる覚悟もきちんとしていて。
そんな受けは、めちゃくちゃオトコマエで、めちゃくちゃ切ない。私もかく続きありたいと思えるオトコマエさなのだ。
そんなオトコマエ受けの唯一の欠点が、「男を見る目がないこと」なんだよね。そちらについては、私はかくありたくない。

そういう小説です。
アホバカ攻めとオトコマエ受けのストーリー。
万人にはオススメできませんが、攻めに苛立ちたい方がいましたら、是非ぜひお試しくださいませ。(あんまりいないっぽいけどw)

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ