一生切れない絆を、貴方と結びたいから。

ブライト・プリズン 学園の穢れた純情

bright prison

ブライト・プリズン 学園の穢れた純情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神61
  • 萌×28
  • 萌2
  • 中立7
  • しゅみじゃない2

274

レビュー数
8
得点
350
評価数
80件
平均
4.5 / 5
神率
76.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
ISBN
9784062868600

あらすじ

苦難を乗り越え愛を育んできた常盤(ときわ)と薔(しょう)に、新たな試練が訪れる。教祖が突然下した異動命令により、竜虎隊(りゅうこたい)隊長の常盤は、椿とともに学園を離れることに。代わって赴任することになる常盤の叔父・蘇芳(すほう)は、学生時代の椿を弄んだ卑劣な男だった。過去の因縁から常盤を憎む蘇芳は、降龍(こうりゅう)の儀にかこつけて、常盤が愛し育てた薔を抱き、遺恨を晴らそうとする……!

表題作ブライト・プリズン 学園の穢れた純情

常盤,教団御三家西王子家の嫡男で龍虎隊隊長,30歳
薔,教団・王鱗学園の高等部3年で贔屓生,18歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

3巻から常盤にイラっとくる

シリーズ5巻読み済みの感想なんです、ネタバレあり。

昔の恋人そして従兄弟の椿に未練も独占欲丸だし?の常磐。
薔が一番って言ってるけど、実際まだ椿を抱けそう、誘惑に負けそうじゃないですか?
一番二番の順位がはっきり割り切ったらそれでいいみたいな感じが許せません。
薔への愛情が特別なものって感じが伝わってきません。
人間の心の一筋縄ではいかない、複雑な心境を掘り下げる物語の厚みを出していると思いますが
常磐の気持ちは理解できるけど、不誠実には許せません。
1巻の中のセリフ「俺だけを見ていろと口にしてた以上、俺も当然お前だけを見ている」
実際はよそ見ばっかりでした(4巻はもっとひどい
3巻後半のラブラブシーンを見ても冷める一方

1

一番感じる体位。。。///

★【シリーズ3作目】★贔屓生で神子であることを隠し生きる道を選んだ陰神子の薔は、学園、贔屓生を管理する竜虎隊隊長でありながら薔の恋人でもある常盤と、薔と同じく陰神子で協力者の椿。この2人に護られ教団本部行きを逃れてきた。しかし常盤と椿は急過ぎる教団本部への異動を命じられる。。。

★1作目から順に読ませて頂いており2作品とも好きなお話ですが3作目の【学園の穢れた純情】はズバ抜けて大好きなお話となりました。あらすじを読むと→ぶっ通しで読みたいと思わされます♡なにより新しい登場人物が数名。その中でも常盤様の叔父である”蘇芳”。作品を読む前に彩先生が描かれた人物イラストを見たのですがワイルドで【悪】もあってカッコイイなぁ…と思っておりました。この方はどのような動きをするのか…妄想を膨らませ読んでおったのですが。。。『そんなぁあーっ』と独り言連発してしまう状態になります(汗)蘇芳は次回登場するのかしら(笑)

0

新たな試練のなかで見えてくるもの

椿が出てくるとどうも何か企んではいないかと疑心暗鬼になります。
この方、冷静に謀をする反面自己の嫉妬や激情に流され信仰も家名も忘れて大変な事をしでかしそうで危なかしいです。
茜を煽ってけしかけようとしてるみたいだし…。
まさか一服持ってまで薔に親友ができる事を妨げるとは…
自分が得られなかった友との語らいすら妬ける事なのかもしrませんが茜がかわいそうです。
そんな時に相談にのるのが兄のような楓雅先輩です。いつもながらいい事言いてくれます。
恋に乱される気持ちに免じて許してあげたら?というアドバイスに友からの裏切りに怒りと悲しみでいっぱいだった薔の心とが溶けて良かったと思います。
椿、罪深いです。そして椿の抱える昏い思いの深さを感じました。

蘇芳は、彩さんのイラストではちょいワルおやじ風でお茶目な感じですがとんでもない極悪人で外道です。
なのに天罰が当たらない理由も神子さまたちがかわいそうでしかたないです。
その摂理のおかげで薔が助かり最後は天罰が当たるのですけど。

教祖からの急な転属命令に動揺する薔。
栄転に沸く龍虎隊待機場で並ぶ椿と常盤の姿を見て嫉妬で続き胸を焦がす薔の慟哭する姿が悲愴で今すぐ助けてあげて常盤様と思うのに全く気づいてくれないし。
そこに登場するのが楓雅さん。彼はいつも薔の危機に駆けつけるヒーローですね。
常盤が面白くない気持ちになるのは当然ですが、それが楓雅の役割と言うか宿命なんでしょうね。

薔の救出劇に常盤の愛を感じました。
蘇芳の魔の手から逃れた薔はどうなる?
というところで次に続く…

3

さらに面白くなってきました!

ブライト・プリズンの一年ぶりの新刊です。
これまで色々と謎だった部分が少しずつ明らかになってきました。
教団内部の事とか薔の出生の秘密とか設定部分ではまだまだ謎が多いのですが、キャラクターの感情がぼんやりと見えてきて、相関図が少しハッキリした気がします。

特に私は椿がかなり気になるキャラクターだったので、椿の陰降ろしの相手が楓雅だと明らかになったのが一番の収穫でした。
相手が好きな人でないと成立しない陰降ろし。
これまでも楓雅サイドからは、山吹にロミオとジュリエットに例えられたり楓雅も想いを口にしたりしていましたが、それが一方通行な想いではないと知れてよかったです。
椿は口に出して認めるような事はしませんが、それが逆に口に出すこともできないほどの大切な想いなのではないかと想像してしまいました。
とりあえず私は全面的にこのカップルを応援したいです。

そして、それと共に常磐が椿の想いを知っているのも明らかになるんですね。
なら、どうして剣蘭を椿に差し向けようとしているのか。
椿が剣蘭に心変わりすることで、南条と西王子の関係とか常磐が抱いている楓雅に対する感情とか続きも含めて、すべて丸く収まると思っているのでしょうか。
それとも剣蘭に少しでも自信を持たせたり、成長を促したいのでしょうか。
どれにしても、ちょっと椿に対してひどくないですかと私は思います。
なんというか、ヤクザなやり方な感じがします…まあヤクザなんですけど。

常磐は蘇芳みたいな下劣な人間と弟の剣蘭とはまったく違うと考えているかも知れませんが、椿にとっては望まない相手という点では変わらないんじゃないかと思うんです。
1巻を読み返してみて、降龍の儀で剣蘭に抱かれろと言われた時の椿のショックが重く感じました。
1巻を読んだ時点では椿が陰神子としてどういう生活をしているか分かっていなかったので、誰かに抱かれなきゃいけないなら降龍の儀を利用するのはいいアイディアなのかな~なんて思ってましたが、ちゃんと相手が居るんだったら話が違うなと。

その後、椿は自ら剣蘭に抱かれてはいますが、自分の意思で自分の身体を使うのと、他人に言われてやるのとでは違うと思うんですよね。
椿の頭が真っ白になったのは、そこのショックもあったのかな、なんて思ったりもしました。
椿自身も、その部分には気付かぬ振りをしているかもしれませんが。

…ここからはさらに私の願望込みの妄想話なのですが、この巻を読んで思った龍神の寵愛についての見解をちょっと書いてみたいと思います。

それは、龍神の寵愛は神子から憑坐への愛に応えているのではないか?ということです。
常磐と薔の陰降ろしで、常磐とのキスでもあり龍神のキスでもあったっていうところを読んで、ふと思いました。

根拠はなにもなく、龍神は憑坐に入り神子を抱く訳だから神子から憑坐を通して神子から愛がかえってきた方が龍神としても満たされるだろう、という単純な考えから来るもので、そもそも龍神にそんな人間的な間隔があるのかどうかも不明な妄想です。

それでも、わざわざ一晩に二回も降りて来るのは、誘惑だけでなくその想いにも反応しているのではないかと思ってしまうのです。

そう考えてみると、薔と椿が現在本部の神子に見つからずに逃げられているのは二人が好きな人に抱かれているからなのかなとか、降龍の儀で剣蘭に抱かれた椿ではなく常磐に抱かれた薔のもとに龍神が降りたのは、単純に龍神の寵愛が薔>椿というだけの話ではないのかなと思ったりもしてみたり。
最終的には、それならば龍神は想い合う常磐と薔、椿と楓雅を引き離しはしないだろうと妙に希望が持ててきてしまうという…まあ、その希望を持ちたいがための妄想です。

気が付けば椿の話ばかりになってしまいましたが、椿以外の部分もどこをとっても面白い第3巻でした。
次は常磐が主役で、今は本部にいる元陰神子の紫苑も登場するそうです。
あと2週間、待ちきれません!

6

神です。
このシリーズ、設定も魅力的なのですが登場人物がみんな魅力的でハマってます。
思うようにいかない過酷な状況。抑えられない自分の中の激情。
そういうものに翻弄されて、正しいとはいえない選択をしてしまっても。
それぞれの登場人物が、それぞれ自分の大切なものの為に必死で、愛しいです。

シリーズ3作目で、教団組織の様子が少しだけ明らかになってきました。
人間関係も、常盤や薔だけでなく、楓雅や椿の関係も想像できるようになってきて。
それぞれの想いが切なくて、苦しくて、愛しいです。
毎日毎日読み返してます。

次巻が今月末に発売だなんて嬉しすぎる!

3

読み応えが凄い

犬飼さんの良さが凄く出ていて、萌えツボ突かれまくりで大好きなシリーズです。
毎回手に取る度に本の厚みを測りたくなる程ぶ厚くて、読み応えがあります。
悪く言えば、さあ読むぞって気合いを入れて時間の余裕が無いと開けない本でもある。
設定が色々複雑なので、一巻と二巻を軽く読み返してから読みました。
結構色々忘れてたので、復習しておいて良かったです。

二巻目の最後で、実は自分の実弟が誰か分かってた事が明らかになった常盤の腹黒さというか、椿の空回り感が凄い衝撃だったのを思いだしました。
誰がどんな事情で薔と剣蘭をすり替えたのか、常盤はその辺の事情も全部知ってるっぽい感じだけど、三巻でもその辺の事情はまだ書かれてません。

物語としては間違いなく面白いし、ハラハラドキドキ止まらなくて、入り込むと続きが気になって一気に読めるんですが、楓雅が薔と他人で、椿じゃなく薔に本気なら良かったかもと思いました。
茜は薔が好きだけど、常盤の敵じゃないし。
常盤の気持ちが椿にもある辺りが気になる。
恋愛じゃないけど、肉欲はあるんですよね。
男ってそういう生物だしって割り切って読めればいい続き話ですけど。

常盤と椿の間では、蘇芳から薔を守る為に、椿が犠牲になるって事で話がついてて、椿もそのつもりでいました。
「蘇芳様は私を所望されたそうです。常盤様はそれに応じました」
と、椿は薔に言ってるんです。これは椿が薔に嘘をついた訳ではなく、常磐との間では、そういう話になってたからですね。

でも現実に、常盤は椿を取り引きには使ってないんですよね。
椿には使うよって言ったのに、蘇芳の前では撤回した。
この辺が、常盤が椿にも愛情を持ってる証拠だと思う。
こういう所を許せるなら、このシリーズは凄く面白いと思う。
謎も多くて複雑で、考察も楽しめますしね。

次巻はすぐ出るから嬉しいです。

9

ブラック椿、暗躍!

 1年間のご無沙汰でした。閉ざされた学園を舞台に、うるわしき男たちの愛憎と欲望が交錯する犬飼ののさんお得意のジェットコースタードラマ、第3弾です。

 前2作に比べて、陰神子という重い秘密を共有する薔と常盤の、もろもろつらいし苦しいんだけど、でも好きな人と結ばれてこのうえなく幸せ、という蜜月感はやや薄れています。薔は相変わらず真っすぐで、おとこ気と可愛げを併せ持ち、誰もがおのずと肩入れしたくなるイイ子なんですが、ここへきて俄然存在感を増してきたのがブラック椿姫。薔に恋する茜に媚薬を盛って、あわよくば襲わせようとしたのはまだ序の口。教団本部に急遽転属になった常盤が、薔を護るため、後任の竜虎隊隊長の蘇芳と取引して椿を差し出したとうその情報をわざと薔に流すのです。薔の性格上、椿を犠牲にして自分だけ幸せになるなんて絶対にできないことを見越したうえで。「そこまでおっしゃるなら、神子として教団本部に行きますか?」じんわりと、美しい笑みを崩さぬまま、真綿で首を絞めるように、重い決断を突きつけてくる椿。なんて恐ろしい・・・
 
 でも同じ陰神子でありながら、常盤に愛され、護られて綺麗なままの薔続きと、数多の男たちに穢される道しか選べなかった椿の落差を思うと、一概に椿をただの卑劣な敵役とはみなせない。「お姫様はお姫様らしく、家来にかしずかれてお菓子を食べていればいい」と薔に言い放った椿の心情は察するに余りある。常盤もなぁ・・・薔ひとすじなのは褒められてしかるべきだけれど、椿に対する仕打ちはあんまりな気が・・・ぶすぶすくすぶってる怨念に油を注ぐだけでしょう。

 椿に関してはこの巻でまたひとつ、謎が浮上してきました。椿があれほどの苦痛と屈辱に耐えてまで陰神子であり続けたのは何のため、あるいは誰のためだったのか? 椿に本気の想いを寄せている楓雅との関係についても今後の展開が気になるところです。薔と常盤のように、誰にも裂くことのかなわない運命の相手が、椿にも用意されていることを祈るばかりです。

 薔と常盤の関係では、楓雅の前で恋人同士のキスをしたことが一歩前進といえるかも。楓雅の父は現教祖、兄は次期教祖の座を争う常盤の最大のライバルなのですが、薔可愛さの一点でふたり手を組む局面は今後もあるのかも。

 新キャラも何人か登場しましたが、私が一番気になったのは常盤が「親友」と呼ぶ青一。見た目はホストか俳優ばりの華やかさ、その正体は天才彫り師にしてちょいサドっ気のあるお医者様。常盤の背中の朧彫りの竜も、この人の手によるものだそう。彩さんの美麗なイラストでビジュアルが是非見たい! ということで、あれもこれもお楽しみは以下次号です。

 次の4巻まで1カ月しか待たなくてよいのはとっても嬉しいのですが、次で完結ってわけでもないようで・・・当分は薔とおんなじに、「いい子で待ってる」しかなさそうです。

7

佳境の前振り?

シリーズ第3巻。
2ヶ月連続刊行で、来月には4巻が出るそうですが
本書はその前振り?
事件は起こるも決着は次巻に持ち越しという感じで
薔の心情描写や、登場人物の掘り下げに
重きをおいたような巻でした。


まず薔の友人・茜が、椿の手作り菓子(媚薬入り)に
当てられ薔を襲うも未遂。
一時絶交状態になる二人ですが
風雅のアドバイスもあり和解。
立場上、周囲に完全には心を許せない薔ですが
茜のような優しい友人を失わなかったことは
良かったと思います。

そして、これまで散々腹黒い一面を見せていた
椿の過去が判明。
過去、常磐の叔父や他の男たちの慰み者にされ
今は常磐の手駒として尽くす椿。
これまでは得体の知れない不気味さがあった椿ですが、今回不憫な境遇が判明したことで、私怨でネチネチ薔に嫌がらせする姿がある意味可愛く(悪く言えば小物っぽく)思えてきました。

そんな椿に恋する風雅が
今回は薔のよき相談相手として兄貴的なカッコよさを
発揮しており、物語の癒しとなっています。


大きな事件としては、常磐が椿と共に教団本部に
異動となり、代続きわりに常磐の叔父が学園に。
この叔父が引っ掻き回してくれるのかと思いきや
とんだ小人物で、薔の強姦に失敗した挙げ句
あっさり退場。
教団本部に行ったはずの常磐が(危険を冒しているとは言え)薔を助けるためすぐ戻ってきちゃうし、
「教団に翻弄され引き裂かれる二人」みたいな切なさはあまり感じられない展開でした。

核心に触れそうでなかなか触れない
ストーリー進行ですが
次巻は常磐視点で、紫宛(虐げられる陰神子)も
登場するそうなので
いよいよ教団本部や教祖の話が
本格的に描かれることを期待しています。

8

あやちゅけ

Krovopizzaさま

私は、犬飼ののさんの作品を、最近初めて読みました。
「私には合わないだろう」と思ったら、想像よりずっと面白くて…。
犬飼ののさんの作品は、次はどれを買おうか迷っている所です。
「ブライト・プリズン」シリーズ(?)は、評価が高いので、
これにしようか迷っている所です。(これは三作目?)
いつもレビューを参考にさせて頂いています。(o^-^o)

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ