So Sweet So Tight

so sweet so tight

So Sweet So Tight
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×212
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
4
得点
102
評価数
31件
平均
3.5 / 5
神率
16.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041028636

あらすじ

日本酒バーを経営する大斗は酒蔵の御曹司・龍大と出会い、無骨で誠実な龍大に惹かれていく。ある夜、昔の知人が来店し動揺した大斗は、居合わせた龍大と閉店後に飲むことに。そして突然、龍大にキスをされて…?

表題作So Sweet So Tight

王子谷龍大,酒蔵の御曹司
松田大斗,日本酒バー経営

同時収録作品No Feint(ノー・フェイント) / No Foul(ノー・ファウル)

澤敦弘,大学のフットサルサークル部員,大学3年生~
目直哉,同サークルの部員,大学1年生~

その他の収録作品

  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

吟醸酒、飲みたい

電子で買ってみたよ。
でも、やっぱり紙の本の方が良かったかもって、、。
ちゃんとカバー下のおまけマンガも収録されていたし、エロの修正にしても作品の元の描き方が目立つ修正は不要の方向の描き方だし、紙の本とは、内容的には全く変わりないんだと思う。
でも、この、さらっときれいな絵や、王道で読みやすいお話は、PCの画面で読んじゃうと、さらっとしすぎて印象に残らないっぽいような気も無きにあらずで、、、
特に、グレートーンの多用された絵は、PCの画面の明るさの方が見やすいだけに、よけいにするする読めちゃうと言うか、目の前を滑って通り過ぎちゃう感じ。
どちらの作品も、キャラの設定もストーリーの展開も自然でエチへの盛り上がり方も無理なところが無くて、作品としては萌×2.
ただ、多分、これ読んだ事、すぐに忘れそう(まあ、忘れちゃうのはお年のせいで、紙も電子も関係ないかも)

2

きれいな絵柄で読み易い

きれいな水色の表紙に目を奪われ、
あらすじとこちらでのレビューを確認した上で購入しました。

二つのお話が収録されていて、ストーリー自体はどちらも王道だけど
舞台設定(学生フットサルサークル、日本酒バー&酒蔵)が面白いし
絵もきれいでとても読み易かったです。

どちらの物語も、まっすぐにお互いを想い合っているCPなので
とても好印象なのですが、私的萌えは、脇役たちにありました。
フットサルのお話からは、受けくんの双子の弟の
『10年後の高校生の双子』が可愛くて可愛くて....
双子ながら、お兄ちゃんたちの関係に気付いた時期に
ズレがあるなんて、もう可愛すぎます(ビジュアルもイイ)。
是非、彼らのお話も読んでみたい!
日本酒のお話の方からは、あとがきで攻めくんの義兄が
酒蔵での弟たちふたりを偶然見ていたときの
『そうだったんだ...☆(赤くなりながらのあたたかいまなざし)』に
キュンときました。

絵柄、舞台設定以外にも+αで私的見どころがあり
結果、大満足の読み終わりでした。
次回作も期待したい注目の作家さんのお一人です。

4

さらっと

サラッと読んでしまえちゃいます。決して悪くはないんだけども、料理もお酒も美味しそうなんだけども、もう一押し欲しかったような……。絵も綺麗だし、エロもそこそこいいのですが。

2

フットサル&お酒のお話。

美しい表紙の絵と雰囲気に惹かれて購入。
読んでみると中身は、
表紙から期待したほどは良くなかった…が正直なところです。
(すみません…)
でも、
あとがきで「たくさん取材した」と書いていただけあって、
フットサルとお酒のこと、へぇ~そうなんだ~!と思うことが多くて、
そういう面では楽しめた本でした♪

掲載順に☆
■「ノーフェイント」「ノーファール」
大学のフットサルサークルの先輩 × 後輩のお話。
2人共そのサークルの元主将のことが好きで、
その主将のデキ婚の祝賀会に出席したの後、酔った勢いもあって、
エッチなことをしてしまいます。
攻めが主将の声に似てるということで、
童貞の後輩の受けに、目隠しをして、主将との疑似エッチを。
ここ、
ちょっと切ないモードになるのかと思ったら、
攻めは受けの初々しさと、妙な色気を目の当たりにして結構ノリノリ~w
そんなんで、
主将よりもお互いが気になってしまって…
でもその気持ちをすんなり言うことはできず……そんな展開でした。

童貞受けの、
健気な感じとオロオロしつつもエッチでは妙に色っぽいところが続き
可愛くて、よかったな。
表題作よりこっちの方が好きでした。


■表題作「ソースイート・ソータイト」3話
受けが経営している日本酒バーに、先の作品の2人が客で来ていたり、
この攻めもサッカーをしていたりと、ちょっと繋がっている感じです。

大柄で実直な年下ワンコ(表紙右)× ひかえめなバー店主(表紙右)
ゲイの受けは、最初に会った時から攻めをいいな~と思うのだけど、
酒蔵の次期跡取りと知って恋心は封印しようと…
でも、
受けの元カレが現れて、受けに惹かれていた攻めは……

意外とするすると進んでしまって、ちょっと物足りなかったなぁ~
でも、攻めの熱い真っ直ぐな思いには好感が持てましたよ。
あと、
吟醸酒からカクテルまで色々でてきて、
お酒は飲めないのですが、ものすごく飲みたくなりましたw

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ