あの頃体育館は僕らの宇宙だった。

anokoro taiikukan wa bokura no uchu datta

あの頃体育館は僕らの宇宙だった。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

25

レビュー数
1
得点
20
評価数
4件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
別册バリボー<サークル>
ジャンル
ハイキュー!!(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
44ページ
版型
B5

あらすじ

中学時代の及岩+影山です。
#60中心に捏造ジュニア時代を含む前後の話を描いています。
BL要素はキスまでです。ほのぼの。
A5 44Pの再版もあります。

表題作あの頃体育館は僕らの宇宙だった。

及川徹,中学3年生,バレー部セッター
岩泉一,中学3年生,バレー部

評価・レビューする

レビュー投稿数1

中学の葛藤

中学時代の及川と岩泉、そして影山のお話です。

小学校時代有名な選手からジャンプサーブを教わり中学で成功率も上がってきた頃、岩泉へ好きと告げキスする及川。
はっきりとは拒絶されずにいることで、青春真っ盛り、意気揚々の及川が、突如現れたバレーモンスターの影山の存在に脅威を感じる様が描かれています。
岩泉が及川を良く理解し、そして自分自身の実力不足も己の中で昇華しているのが健気だ、本当に。
岩泉男前過ぎなんですけど!
そして及川自身もそんな岩泉をずっと見てきて、彼が本音で一切のごまかしなく話すことを知っていることに救われてるんですよね。
うわー、最高の幼馴染み関係だ!

皆、中学なのでお顔が幼くて可愛いです。
影山の泣き顔も(苦笑
一ノ瀬ゆまさんといえば男っぽいキャラを描くというイメージなので、ものすごい新鮮でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ