ラブ・イズ・ブラインド

love is blind

ラブ・イズ・ブラインド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×212
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
7
得点
82
評価数
26件
平均
3.3 / 5
神率
7.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
ISBN
9784799725191

あらすじ

疲れて帰宅すると、目の不自由な友人はいつも優しくマッサージしてくれる。
なのに俺は…触られて欲情して毎晩はしたなく一人で精を吐き出す。
こんな卑しい姿を知られたら幻滅される…。
しかしある晩、遂に露呈してしまう。
しかも「全部見せて。触って全部確かめさせて」と無理矢理脚を開かれ…!?

中学時代からの想いをこじらせた地味系大学生の恋も収録v

表題作ラブ・イズ・ブラインド

和也,整体師,目の不自由な親友
春彦,攻と同居しているリーマン

同時収録作品こじらせチェリー

村井,地味な大学生
泉昌晴,垢抜けたイケメンに変わった中学の同級生

同時収録作品恋愛は残業の後で

高野亮,リーマン
田村竜太,リーマン,攻の部下,恋人

同時収録作品お前じゃないから。

唐沢健吾,ゲイの出会い系サイトで知り合った男
豊,友人に片想いしてるゲイ

同時収録作品先生、俺とHしよ!

門住祐一,高校生,受の10年前の教え子
小学校の先生

評価・レビューする

レビュー投稿数7

せつないのにえろい

短編集です。表紙が素敵だなあと思ったら、設定がなかなかせつなく、内容もよかったです。
目が不自由な親友・和也と同居している春彦。
和也が好きだけど口に出せず、目が見えないからと同じ家にいながら毎日一人でH…というお話です。

せつない設定なのにすごくえろい!と思ったら、もとは18禁のアンソロジーに載っていたものなんですね。
確かに局部の修正が白抜きでちょっと不自然かも。でもストーリーがよかったので、修正の不自然は読んでる時は気にならなかったです。
自分は普段あんまり修正を気にしてみてないからかもしれないけど^^;

残りは割とさらさら読めてしまったので、個人的には表題作が一番好きでした。全体的にえろいお話が多かったかも…。
出典もとのアンソロが多分えろ重視のものが多かったのでそれはそうなのですが、やってるだけというわけでもなく、ストーリーはきちんとしているものが多かったと思います。
中の絵はクセがあって好みがわかれそうかな?と思いました。

1

恋は盲目

そんなタイトルで、まんま見えない設定のお話が出てくるとは、ある意味意表をつかれましたわ。
この本、初出がR18アンソロのシリーズが多かったりして、ことさらにガッツリだったのを、多分コミックスにする際に修正したんだろうけど、「殊更にガッツリ」が「白抜きのワル目立ち」になってしまって、なんだか興ざめ。
表題作なんて特に、この設定と展開だったら、エロ特化しないで普通に切ない系のいい話でも全然かまわない、っつか、寧ろ、無修正でもかまわないラインの性器表現でよけいな違和感なしに読みたかったかも。
他の作品も、エロが過剰に感じて全体に残念だった。

1

もっとじっくり読みたい

こちらのコミックスには全部で5つのお話が収録されています。


表題作は高校時代からの親友のお話で、二人共が社会人として働いており、ルームシェアをして一緒に暮らしています。

攻めは目が不自由で、明かりを認識できる程度の視力しか持っていません。
それを良いことに、罪悪感を抱えながらも、攻めを想って夜な夜な自慰をしている受け。
そして、自慰の最中に攻めが部屋を訪ねてきたことにより、二人はお互いの気持ちを確認し合うこととなります。

高校時代の回想シーンで「目が見えなくなるかも」と攻めが受けに告げてからの流れや、エッチの最中に漏れた攻めの本音など、切なくて泣きそうになりました……。

しかし、受けも攻めも穏やかな性格をしている為、あったかいカップルだなぁ、と読後感は割とほのぼの暖かかったです(*^^*)


表題作の他には、
・ムッツリ眼鏡×一途元眼鏡
・上司×後輩
・高校生×社会人
・元教え子×先生
などが収録されています。


ムッツリ眼鏡×一途元眼鏡は、中学時代の同級生同士が大学生になって再会して……と言うお話。

中学生時代の受けは黒続き髪眼鏡だったのですが、再会してからの受けは髪を染め、眼鏡をとり、見た目は大分変わっています。
にも関わらず、中身は中学生時代のまま一途で可愛らしい!そして泣き黒子が色っぽい!泣き黒子大好き!


上司×後輩は、仕事のできる仕事人間な攻めと、そんな攻めを一途に慕う受けのお話です。

仕事人間だった攻めが、受けと付き合うことで変わっていく、その様子が見所なのかなと思います。
ただ私としては攻めの変わり様よりも、攻めを一途に慕って頑張るわんこな受けが可愛くて、そちらばかりに目が行ってしまいました(笑)


最後二つのお話はどちらも年下攻めで、年下攻めは大好きなのですが、どちらもストーリー展開に「う〜ん」となることが多かったです。

高校生×社会人は、青姦からの流れに、う〜ん。
元教え子×先生は、終盤の「大人になるの待ってて」の流れに、う〜ん。

短編集故にどのお話も展開の早さや無理矢理感は否めませんが、こちらの二つは特にそれが気になりました。


やはり「どのお話ももっとじっくり読みたい!」と短編集を読む度に思ってしまいます。
今回は設定がどれも好きなものだった為に、余計にそう思ってしまいました。

2

 5作品の短編集

タイトルと表紙に惹かれ買いました。初読み作家サマです。

PINK GOLD  「ラブ・イズ・ブラインド」
エロほん♥ぶっかけ  「こじらせチェリー」
b-BOY 社蓄      「恋愛は残業のあとで」
BE・BOY GOLD   「お前じゃないから。」
麗人uno!     「先生、俺とHしよ!」


「ラブ・イズ・ブラインド」

すごく好きな設定でした!
攻めの視力がほぼ無く、明かりくらいしか認識できないのがツボでした♡
職業、整体師なのも良かったです。ただ、話がエロを軸に描かれているので内容としては薄~い感じで私は物足りなかったです・・・。(´・ω・`)
もう少し、じっくりと読みたかったな。と思います。
この作品で1冊丸々描いてくれても良かったくらいでした。


「こじらせチェリー」

中学3年の時、同級生の受けにフ〇〇をしてもらい口内でイった挙句、顔にもかけてしまった攻め。それが記憶と身体に残ったまま、地味ダサな大学生になり、垢抜けた受けと再会して・・・。
という内容なのですが、やはり描写がエロかったです。
顔〇シーンに気合入ってます続き!(*≧艸≦*) じっくり読んで欲しいです。
身体に染み付いた性的衝動の思い出。というのがエロいです。
男の願望爆発ですね。受けも煽り上手だなぁ。69あり。


「恋愛は残業のあとで」

リーマンものです。仕事仲間の延長戦でセフレになった2人。
攻めがいつの間にか受けにぞっこん♡になってしまうお話です。
サラっと読めました。受けの健気さが良かったです。かわいい。


「お前じゃないから。」

美人受け。 高校生攻め。 受けの友人(ノンケ教師。攻めの担任)。
攻めが高校生を隠し、受けとセフレになるが バレてしまい・・・。
受けが年上なので、そこが描きたかったのかなぁ。と思います。
深夜の公園で野外エッチしてしまいます。
そこを受けの友人で婚約済ノンケ教師が見ちゃってる・・・。
という事になってるのに、見られてるシーンは一切描かれて無かったです。
物語に深みがでそうなのに。もったいない。描いて欲しかったです。
ラスト攻めの告白は真っ直ぐで、受けに届いて胸キュンでした! (≧∀≦)


「先生、俺とHしよ!」

先生(受) もと教え子(攻) 
枯れた中年の先生が、突然泊まりに来た もと教え子に半ば強引に身体を奪われ・・・。 
互いの想いがもどかしかったです。設定ならではのお話。
告白シーンで攻めが泣くのですよ!
幼少から家庭、親で苦労している攻めが、お世話になった先生に想いの丈をぶつけ、つい涙がこぼれてしまう所がお気に入りです。
先生は先生で、もと生徒である攻めに戸惑ってしまいますが、次第に惹かれる自分がいる事に気付くのです。
ラストは読んで確かめて欲しいですね。
短編なのによく描かれてるなー。と感心いたしました。(*´∀`*)

確かに、他の方もおっしゃるとおり 短編なので拙かったり、物足りなかったりもするのですが、「読んだ後もう1回読み返したくなる」インパクトはありました! 印象には残ります。 
ただ、内容の物足りなさとアングル描写が同じっぽいのが気になったので 萌2 にさせて頂きました。 

「ラブ・イズ・ブラインド」がもっと読みたかったよー。 (uωu)

3

なんども読みたくなる

5つの短編。表題作の「ラブ・イズ・ブラインド」に全部もっていかれましたー!
「なんとかなる日々」がとても気に入ったので、短編ということでしたが購入。どのお話も短いのにまとまっていてエロもたっぷりなので満足です。
レビューは表題作ともうひとつ気に入った話を。

「ラブ・イズ・ブラインド」
高校の同級生、和也と春彦のおはなし。
光を感じる程度で目が見えない和也はマッサージ師。毎日、春彦が帰りに迎えに来てふたりの家に帰る。
春彦は毎日のように和彦を想ってはオナニーしていた。それが和彦にバレて…

春彦が全裸でエネマグラ使ってオナニーってかなりエロいです!
短編なので超展開早いです。春彦の行為は耳のいい和也にはダダ漏れで一気にハッピーエンド♪
短編なのに高校時代のエピとお互いの想いとえっちと盛り沢山。秀逸です。
長編で読みたいです。

「先生、俺とHしよ!」
先生と教え子のおはなし。
10年前の教え子祐一がイケメンになって突然訪ねてきた!
そのまま泊めたら祐一が迫ってきて無理矢理に抱かれてしまう。祐一を追い出すが再び訪ねてきて、中学生のころから好きだったと告げ続きらるが…

先生は熱烈な告白にほだされてしまう感じですが祐一のためと突き放してしまい、祐一は健気に先生に見合う大人になると言って一旦身を引きます。
再び会うまでそれなりの期間がありますが、先生も突き放しておいて待っていたんですよね。そして頑張って戻ってきた祐一。それぞれの気持ちにこちらが熱くなります。
これから始まるふたり。続きを読みたいです。

7

エロくて健気

短編5本。
みんなタイプの違うものだけど、それぞれ良いお話でした。

表題作の『ラブイズブラインド』は一度読んだことがありましたが
やっぱりこれ好きです。
高校時代からの親友和也の視力が落ちて、今ではもう光を感じる程度。
春彦はそんな和也と一緒に暮らすけど、触れられると欲情してしまい
和也に隠れてオナニーをする毎日。
「目は見えないけど耳はいいから」
あ~聞かれてたのね、あの時のあの喘ぎ声・・・
高校時代からずっと好きだった親友和也に幻滅されたくないから
隠れてこっそりやってたんだけど、バレバレだったのね。
目が見えないていうハンデのある攻め(和也)なので、
シリアスなのかと思いきや
結構エロくて、それでいてほのぼのしてる。
そしてちょっと笑えます。
冒頭、春彦が和也を整体院に迎えに行ったとき
目の見えない和也が「後ちょっとで仕事終わるから」と
春彦と間違えて人体模型に話しかけてるシーン。
目が見えないと言うハンデのあるちょっと踏み込みにくいテーマなのに
なぜか笑ってしまうお話にしてしまうところがすごい。
そして、なんといっても春彦のオナニーシ続きーン。
これ、かなりきてます。すごく色っぽくて
ホントに和也のことが好きなんだな・・
好きで好きでしょうがないのに、その熱をこうして吐き出すしかできなかったんだな・・・
そんなふうに思えて、なんだか健気に見えてしまいました。
長年の想いを自分の中に抱えながら、目の見えない和也に
今までどうしても自分の想いを伝えられないのに
欲情する気持ちは抑えられず、あんなことしちゃうんだから。
春彦エロいです。でも、和也も負けじとかなりエロかった。

7

5本の短編集

18禁アンソロ(PG1・エロほんぶっかけ)に載っていたお話も入り、
短編5本全てにしっかりエロシーンが入っています。
設定もなかなかバラエティに富んでいました。
ただ、描き下ろしは残念ながらありません。

■表題作「ラブ・イズ・ブランド」
目が不自由な整体師(攻め)の親友と一緒に住んでいる受け(表紙上)は、
密かにずっと攻めに片想い中。
攻めにマッサージされ欲情してしまった受けは自室で、
後ろに器具を挿れて全裸でオナニー…するとそこへ攻めが入ってきて…!

「見られたくなかった…」と言う受けに、
「見えてないよ…でも……見たかった…」と答える攻め。
その時の真剣な表情や、
視力はなくてもちゃんと受けを理解の目で見ているのが、キュンとくる。
そんな攻めの、柔らかな笑顔と雰囲気にも…じんわり。
このお話が一番好きだなぁと思いました。

■「こじらせチェリー」
中学時代に友達(受け)にフェラで抜いてもらって、そのまま顔射。
その光景が忘れられない地味な大学生(攻め)は、ある日、
昔は地味だったのに、すっかり変わって垢抜けた受けと再会して…

絵は続き基本スッキリで丁寧でお上手だと思うのですが、
エッチの時の身体の向きで、アレ?と思う変な所が数か所あって、
残念なことに、このお話は内容よりそれが気になってしまいました…

他にも、
■リーマン同士の上司×部下 すれ違い&夜の会社でエッチ。
■片想いの相手によく似た、出会い系サイトで知り合った男が、
 実は高校生で、しかも片想いの相手の生徒だと分かって…
■小学校の先生をしている40過ぎの受けの所に、
 元教え子という高校生が訪ねてきて泊めて欲しいと言い出して、
 並んで寝ていると、先生ってゲイなんでしょ?と襲ってきて…

どれもちゃんと面白いんですが、
短編なうえにエロにそれなりにページを割いている分、
流れが少々唐突だったり、ストーリー萌え要素が物足りなかったり…
なのに、ガッツリ白抜きなんですごくエロいというわけでもなく…

うーーん、短編じゃない方が活きる作家さんなのかも?
少し前に出た「なんとかなる日々」は評価が高いようなので、
そちらも近いうちに読んでみたいなぁと思いました。

11

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ