依存症リーマン

izonshou ryman

依存症リーマン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
20
評価数
8件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人uno!(コミック・竹書房)
発売日
ISBN
9784801952225

あらすじ

取引先の芝原くんは、若いけど仕事ができて感じもいい好青年。 すっかり意気投合して、接待後に2人きりで飲みに行ったはいいけれど、 何軒かはしごしてすっかり酔っ払った頃、芝原くんから爆弾発言が!! ────僕、セックス依存症なんです。 数時間前までの爽やか好青年ぶりはどこへやら、 酔いに頬を染めて肩にしなだれかかってくる芝原くんは オトコのくせに妙に色っぽくて…!? ノンケリーマン×依存症ビッチのエロスな駆け引き他、 やりたい盛りのおバカ高校生と無駄にエロい教師の校内LOVEなど、 ハードからラブリーまで、エロス満載の6編を収録。

表題作依存症リーマン

杉村,会社員,38歳
芝原,取引先の会社員,28歳

同時収録作品ご褒美は先生!

安倍,高校3年生
鹿島,教師

同時収録作品俺、買ってください

西田,美人局
大崎連,家出青年

同時収録作品散る花、咲く恋

加見屋護眞,出所後組員になる弟
加見屋眞,ヤクザの若頭で兄

同時収録作品お仕置き課長

小山,営業所の課長
後藤紳一郎,入社2年目の社員,24歳

その他の収録作品

  • ご褒美は先生!2~誕生日はHな下着~
  • おまけマンガ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

明太子!?

オヤジものとか、大胆なエロとか、しっかりした身体、ユーモアとシリアスの混在具合が好きな作家さんです。
今回表題はリーマンもの。
興味をひくような題名をつけてはいるんですがいうほどの依存症か?と言われると・・・そこは微妙か?
まず、超驚いたのはタイトルにもした”明太子!?”であります!!

何が明太子かって?
修正が明太子なんですよ(笑)
普通白く光り輝くだの、北斗七星だの、白いひっかきだの黒棒だのだったりなんですけどね、まいった、明太子とはしかも明太子の幽霊みたいな(驚)
合体に至っては黒い塗りつぶしで、思わずパンツ脱いでなかったっけか?
こんな修正、涙涙涙、、、
麗人さんの修正ってこんなだっけ。
叫んだよ、思わず。悲しいデス。

表題は、取引先の芝原くんに誘われて、いい子だしと酒の流れで誘いを断れず、エッチな流れにいくのですが、相手が男だと認識してダメだった杉村さん。
でも、再度同じ流れになり、再び同じ展開に。
さて、ノンケの杉村さんは芝原くんとくっつくのか?
といった展開なんですが、セックス依存症と自ら言う芝原くんの、その依存症は言葉のみでその裏付け続きがないからちょっと説得力はないかな?
むしろ天然めいた健気とでもいいますか、
最初はフェラ、二度目はお道具自慰、三度目はSMクラブ
彼なりの思考でなんとか杉村さんを振り向かせたい気持ちがあるのに、どっか不器用かも?
1話完結なので、要素は悪くないからせめて3話くらい展開で杉村さんがじっくり落とされてほしかった気もしないでもないのですよ。

この本の中で一番よかったと思われたのはワンコ高校生とツンな教師の組み合わせの『ご褒美は先生』だったかも。
勉強できない高校生に、問題が解けたら1問毎にご褒美って、どんどんエスカレートしていく、エッチな先生、とがむしゃらに頑張る高校生の組み合わせは愉快でしたよ。
YDKだな

『俺、買ってください』は性癖を家族にカミングアウトした為に家出してしまった少年と、美人局の組み合わせなんですけど
美人局がヒモでしようもないやつな感じだったので、いいのかな~少年!って複雑な気持ちになったよ

中で唯一シリアスはガチ兄弟でヤクザものの『散る花、咲く恋』
窃盗で服役していた弟の出所を出迎えたのは兄。
実は兄は弟の為にヤクザの情夫になっていた。それを知った弟は・・・
しかし、その弟を助ける為にしたことで兄が今度は服役する羽目になり~
という切ない話です。
いつもコミカルが多めの作家さんなんで、ガチシリアスは珍しいんではないでしょうか

『お仕置き課長』はまさに題名どおり
高学歴で自分のデキることを鼻にかけた為に左遷のように営業所に回されてきたトラブルメーカーに、堪忍袋の緒が切れた課長がスパンキングから始まるエロお仕置きをしたら、天狗が従順になったという軽い話。

好きな作家さんだし、全体は悪くないんだけど修正が~
そして表題がもうひと超え!だったのであえて中立

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ