世界の果てよりこんにちは

sekai no hate yori konnichiwa

世界の果てよりこんにちは
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神21
  • 萌×210
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
172
評価数
42件
平均
4.2 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
ISBN
9784799725214

あらすじ

借金返済のために客の相手をする昴の前に突然現れたのは、絵にかいたような美形の男・シモン。
事態を飲み込めない昴に対し、シモンは「君の音色を探していた」と一途に愛を語ってくる。
しかも、身体の相性だけはバツグンで、たまらなくいい感じ(汗)
いつも真っ直ぐなシモンにゆっくり惹かれ始める昴。
けれど、二人の“時間”は世界の果てより遠い距離で――…? 

表題作世界の果てよりこんにちは

シモン=アルバレス,未来から来た異星の皇子
常盤昴,売り専

その他の収録作品

  • 世界の果てから中継ですV(描き下ろし)
  • カバー下:イラスト・あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

なんともハートフルストーリー!!

猫野さん作品の初めましてが、おもしろくて全体的に微笑ましい感じの『ナルキッス』でしたので、今回も楽しげな感じかなと思ってました。が、しかし不意を突かれました。笑いありつつのきゅんと切なく愛おしいなんともハートフルなストーリーでした(*^^*)

個人的に猫野さんのキラキラ・ラブラブな作品大好きで(シリアス作の雷鳴とふたつ星はまだなのでそれ以外の作品を読んだ上で)、主役キャラが毎度毎度めんこいです♪
そして猫野さん作品は線が濃く、絵柄が結構かわいい系だったりするのに反してえっちも結構濃いめだと思います 笑


今回の作品は、30XX年から現れた銀髪巨根(?)の未来人シモンと、辛い境遇の中を生きていた昴のお話です。
音楽の道を目指して家を出たけれど人に騙されて借金を背負い、そのために身体を売ってお金を稼ぐ昴。その日客に酷いプレイを強いられ薬まで使われ道に倒れていたところをシモンに助けられ、二人は出会います。
シモンは幼い頃に出会った「シモンへ プレアデス」と刻まれた素敵な音を奏でるオルゴールの作曲者を探しにこの時代にタイムリープしたのですが、そこで実はその作曲者が昴なのだ続きとわかります。

時間が来てしまい一度は戻るも再会し、東京を観光したり、果てにはシモンが安心して未来に帰れるまで共に暮らすことになって…。一緒に暮らす中で色々あるけど二人での日々は温かくかけがいのないものになります。
しかし二人の本来住む世界がそれぞれ違うために離れることになってしまい、そこはすごく切なかったのですが、最後はちょっぴり切なくも素敵なハッピーエンドなのでほんとよかったです(´_`。)グスン
一つのオルゴールが結ぶ二人の運命、非常に心温まりました!!


また全体を通してシモンがいいキャラで最高です^ ^
天然でズレてたり、変な未来道具使ったり、監視ロボに昴をつけさせたり、「〜のだ」がかわいくて、おもしろいです(笑)
「私の中の煌めくコスモが君だと告げているから」なんてセリフが似合うのはシモン位です(笑)
その上昴のことが大切で包容力が半端ないです。
そんなシモンに昴が出会えてぬくもりを知ることができてとーってもよかったなと思いました(*´艸`)

あと、お話の合間にある星が敷き詰められたモノクロのイラストが個人的に好きでした。
タイムリープに関してループ的にも矛盾がないように思うのでSFファンタジー好きな方にはぜひおすすめです!

1

シモンが本当にいい味出してる。

切なくって、でもちゃんと笑えるとこもあり、読んで本当によかった作品でした。
ストーリーの内容は他の姐さん書かれてますので詳しくは書き込みませんが、シモン(攻め)は宇宙人でオルゴールを頼りにタイムトラベルしてきます。
昴(受け)の生活環境は最悪で二人が出会えたのが本当に奇跡だったんだと思います。

何が切ないって、シモンは所詮帰る場所があって昴の未来に関わってはいけない。自分以外の人と幸せを見つけてもらわないとと思って昴を抱かないところですかね~~。
二人の気持ちがすれ違ってとっても切なかった。

しかし、シモンの昴に対しての過保護っぷりは読んでいて笑える所でした。ご飯もよく分からない物作ってたし・・・。

最後は二人なりの幸せを貫いたのだな~と思い、これで良かったんだと思います。

3

オルゴールから始まる純愛劇♡

表紙買いでした〜!!!いやぁこれは結構私的には高得点な作品でした☆
面白いし少しジーンときましたねw(感じ方は人それぞれです)

物語は30××年から1人のバカ・・・失礼・・・天然な皇子(攻)が現代にやってくるところから始まります。彼は未来から1人の人間=「シモンへ プレアデス」とう文字とオルゴールの素敵な曲を作った人間を探してやってきたのでした。
出会うのにそう時間はかかりませんでした・・・もう言葉通りフラフラ〜っとw
売りをやって意識が朦朧としている主人公(受)を四次元ポケット〜的な秘密道具を使い助けますがまあ目が覚めたら・・・もうお約束ですよね〜☆w

ピピピピピ
シモンの腕輪が滞在時間の終わりを告げます
実は過去への渡航は結構な重罪だったのです(´・ω・`)

やっぱり何度も来ちゃうわけですがwww
しかも2回目の渡航で半月も地球に滞在するという荒業にw

主人公には暗い過去がありましたが、時が経つにつれて明るいシモンにだんだん心動かされていきます。

そんな幸せな二人ですが、ついに未来から部下が呼びに来てしまいます。そして主人公は心を鬼にして突続きき放しシモンは未来に帰ってしまい!?

この後の展開が気になる方は是非お手にとって見てみてくださいw

あ!エッチィシーンは適材適所にあります!
綺麗に描かれてました☆☆

6

オルゴールが結ぶ縁

作家買いしてる猫野まりこさん。あらすじも読まずに購入したけど、大正解でした~。笑えて、ちょっと切なくて、キュンキュンできて、読後感がとても良かったです。

お話は、1000年先から来た未来人と、辛い境遇にあった売りをしている青年の、時空を超えたラブストーリーです。

未来人のシモンは、子供の頃にもらったオルゴールの曲が大のお気に入りです。そして、作曲した人に会いたいと、過去にやって来るのです。

そこで会ったのは、客に暴力を受けた昴でした。昴を介抱するためにホテルに入った二人。目を覚ました昴は、夢だと思ってシモンとエッチしちゃいます。その後に、昴が口ずさんだ曲がオルゴールの曲と一緒だったのでした。

シモンが時々使う、未来の道具がおかしくて笑えます。シモンが時々とぼけたことを言うのも微笑ましいし。
恋愛面では、すれ違いがあったり、会えない時間が長かったり。キュンキュンして切ないんだけど、望んだハッピーエンドだったので大満足です。あとがきに、違う結末があったと書いてあったけど、この結末で良かったな~と思います。
ファンタジーものが好きな人には、一押しな作品です。

続き

15

きゅんときて笑えるファンタジー

未来から・・世界の果てからやって来た銀髪でイケメンでチ●コがでかいシモン。
3000年の未来からシモンが現代にやってきた理由は・・

借金のために売りをやっている昴。
その昴の前に現れたのは未来からやって来たというシモン。
そのシモンに惹かれ始める昴だけど
二人の時間には限りがあって、自分の気持ちに嘘をついてシモンを未来に返してしまう昴。

昴には辛い過去があり、そのために大切なものをすべて取られ
数えきれない男に抱かれ借金を返していた。
昴が過去を思い出すシーンにはじーんと来てしまいました。
騙された昴が甘かったのかもしれないけど、あまりにも可哀そう。
そんな昴を大切に守ってくれたのが
未来人だからか天然だからか、ちょっとおかしな言動はあるけど
自分では気づいていない昴のことが大好きなシモン。
そんなシモンを昴も大好きなのに、シモンは抱いてくれなくて・・・

途中、本当にシリアスな感じになったんだけど
最後は思いきり笑えました。
あんなに昴を抱くのを拒んでいたシモンが2週間も部屋から出てこない・・
て、2週間ぶっ続けでやりっぱなし・・?すご過ぎ続き!!
昴が「イクっ!」て言ったら「きみをもう二度と離さない」とか真面目に言うシモン。
シモンはどこかに行くと思ったの?「そういう意味じゃなくて・・」
というちっちゃい文字良いわ~

未来のお話だけに、いろんな未来の道具が出てきます。
まるでドラ●もんのように。
そこもまた、楽しめましたね。
そして最後のHシーンは、エロい上に愛も充分感じられて充実した内容でした。
そして、キラキラした王子様のようなのにちょいおバカなシモンと
ひねくれツンデレなのに夢を追い続けた昴が
すごく良いコンビネーションで、楽しませてくれました。

14

愛と音色は時も星も越えて…

楽しさと切なさがギュギュッと詰まったドラマチックなSFモノです。
猫野さん、本を出すほどに、
面白さと魅力が増しているように思います~今回もよかった!


2015年のある日、新宿に長髪美形な男が光と共に現れた。
それが、今回の攻め(表紙右)、
千年後のプレアデス星という所から距離と時間を越えて来た未来人。
そんな攻めが地球に来た理由、
それは、子供の頃にもらったオルゴールの秘密を解くため。
約千年前に作られたというそのオルゴールは、
攻めの名シモンと、住んでいる星プレアデスの名が箱に刻まれていて、
聴いたことのない美しい音色を奏で、攻めをすっかり魅了したのです。
このタイムトラベルは、
そのオルゴールの曲を作った人を長年探し求めた末のこと。

念願叶って地球に降り立った攻に、
傷付きふらついてぶつかってきた男……それが受け(表紙左)。
介抱のためにホテルに入り、未来の薬で傷を治してあげると、
夢を見ていると勘違いした売り専をしている受けは、
おもむろに攻めのナニを口に含み、そして跨ってきて…

この受けが、実はオルゴールの曲を作った人でした続き
でも今は歌手の夢破れ、借金を返すために男相手の売り専。
その話を聞いた攻めは、借金返済にとダイヤの指輪を渡すけど……


話は最初、とんとんと進んでいきますが、
その後二転三転して、ふたりは惹かれあいながらもすれ違い。

受けが抱える過去や現状は痛々しく、
時々出てくる攻めの未来グッズ(まるでドラ○もん♪)は可笑しく、
一緒に過ごすふたりの様子はとても微笑ましい。
なのにそんなふたりは離れ離れに……展開にどんどん引き込まれます。

受けが可愛らしいタイプじゃなく、
なかなか格好よく、しっかり男を感じさせるのがよかったな。
オルゴールの仕様と、それが未来の攻めの手に渡る様子も、
しっかり描かれていて気持ちが高まり、感動でした。

迎えがあまりにベストタイミングすぎじゃない?とか、
寿命の長さは大丈夫なの?とか、気になる事はちょこちょこあったけど、
引き合うふたりの強い想いの前には、そんな些細な事はいいの!!
そんな気にもなりました(^^)w

とても素敵なSFファンタジー作品でした☆

14

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ