男のコはいつも

otokonoko wa itsumo

男孩子总是这样

男のコはいつも
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
52
評価数
17件
平均
3.3 / 5
神率
23.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ホーム社
シリーズ
EYE'S COMICS BLink(アイズコミックスブリンク・ホーム社)
発売日
価格
ISBN
9784834262506

あらすじ

今村はるまと犬居洸哉は家も隣同士で家族ぐるみの付き合いもある幼馴染。小さい頃は仲が良く、何をするにも一緒の二人だったけれど、高校生となった今ではすっかり疎遠になってしまっていた。かっこよくなって常に女子に囲まれている洸哉を見ながら、はるまはそれを少し寂しく思っていて……。表題作他、前作「ぼくのひとみ」の番外編も同時収録!

表題作男のコはいつも

犬居洸哉 
今村はるま

同時収録作品ぼくのひとみ

喜多村アキラ
銀河

評価・レビューする

レビュー投稿数7

ほのぼの

はるまと、コウヤのCPはよくある幼馴染。好きって感情がライクかラブかってくらいしか悩まず、割とあっさりお互いを受け入れちゃってます。妹と学校の女子の絡みがあっさりで、ここで一悶着あってもいいかな?と思うところが。可愛らしいし、あっさり読めていいかな。

0

エッチ少な目が好きな方に

幼稚園の時にキスしあってた二人がなんだか可愛いです。
中学の時、親にその事をからかわれたのが原因で疎遠になり、高校生になって一人の女の子をきっかけに付き合うことになる二人、キスの先がなかなか進展せず、その先がまだと言う話が後半の部分です。

同時収録の『ぼくのひとみ』のその後とのことですが、私はそちらを読んだことがなかったのですが楽しめました。でも、気になるからそちらを探してみようと思いました。

エッチシーン少な目好きな人向けの、ほんわりした作品でした。

0

今回も初心者向けでした。

犬居洸哉×今村はるまの幼なじみの高校生ものです。
今回は村上さんにしては珍しく女子が出張ってきていましたので、苦手な方は少し注意したほうがいいのかもしれません。

幼稚園のときは、はるまが優位に立っていたけど成長するにつれ立場が逆転していて・・・
という話なんですが、昔のことをグチグチ言っていましたが、幼稚園のときのことなんて覚えてるんもん?って普通に思ってしまいました。

出張ってきた女子なんですが、自分の好きなコが自分より身長が低いという理由で振ってしまう理由がよくわからんとも思っちゃいました。まぁここで両想いになったらBLでもなんでもなくなってしまうのですが、もう少しまともな理由があってもいいんじゃないの?って思いました。
今回は女子が出張っていてあまり萌えることはできませんでしたが村上さんの女子は可愛かったです。

【ぼくのひとみ】
この作品は続編と思っていたのですが、番外編でした。
喜多村瞳(アキラ)×真野銀河の高校生ものです。
前回の話でもなんですが今回も瞳が一人Hしてるところを目撃することに・・・ていうか、いくら付き合っているとはいえ気まずいと思う続きんですけど何故鍵をかけないのか?見られて興奮するとかですかね?

今回は少しケンカをしちゃうのですが、それがお互い可愛いからという理由からなんですよね。
もう、はいはい!ごちそうさまwって思いましたね。
あと個人的にこのCPはリバでもいいと思うんですよ!最近村上さんのリバ作品がなくて残念です。今回も初心者向けの話でした。

0

リバーシブルの幸せ

表題作は「男のコはいつも」ですが、「ぼくのひとみ」の続編が読みたくて購入したためそちらの感想をお先に。

寮の同室で可愛いけど男らしいの銀河ときれいな外見とぼんやりした性格で男性との間にトラブルの絶えなかった瞳のカップル。
前作「ぼくのひとみ」でふんわりカップルになったものの、どっちが攻め受けかわからないままでした。

最後までことに及べないまま、溝のできる銀河と瞳。
ホントにこの微妙な百合百合しさ、村上さんにしか描けないカップルだなぁと思います。本当に百合っぽい・・・というのは、ゲイというよりもしレズビアンだったらこういうこと考えるんじゃないかな?というような思考をしているように思うから。

どっちが攻めになるかで争うお話はたまに見かけますが、どっちに受け側を譲るか、で問題の起きるカップルなんてみたことない気がします。
自分のを挿れて気持ちよくさせたい、でなく、ここをこう触ると気持ちいいから触ってあげたい。後ろをいじってあげたい。可愛いから気持ちよくしてあげたい、ていう考えがすごく謙虚というか可愛い。
お互い「受け側のほうが気持ちいいから譲ってあげたい」と思ってい続きるわけです。

それでも瞳は銀河を守れるような男らしい男になりたいと思っているのですが、そんな瞳が銀河は可愛くてしかたない。
銀河を「可愛い」と言う瞳と「お前のほうが可愛いだろ!」と言う銀河。
何なんでしょうこの2人・・・。
もちろんこんなゲイカップルは現実にはないんじゃないかと思います。まさに村上さんにしか描けない世界。

結局この2人も今後リバカップルになってくんでしょうね。
リバって普段は読みませんが、村上さんのお話で読んでいるとリバカップルはもしかしたら一番幸せなのではないかと感じます。

前作から続きを長いこと待ったのですが、出来れば同じ本にまとめて欲しかったなぁ~と今となっては思う・・掲載順序から難しいのはわかるのですが^^;
この頃はまだBLinkって雑誌だったなとしみじみ思いました。

「男のコはいつも」
こちらが表大作で、学生で幼なじみもの。
はるまは幼なじみの洸哉に対し昔は主導権を持っていて、洸哉にキスでも何でも自分が教えてやる!て言ってたのですが、高校生になって洸哉が成長し、女の子にもてるようになり疎遠になっていきます。

このキスの仕方やベッドでのあれこれを「教えてやる」て設定と幼なじみ、ちょっと前に出た村上さんの作品にあったような・・・。
洸哉が昔からはるまが好きだとわかるので、次第にはるまがほだされるお話です。

でもはるまは最初好きな女子がいるので、何だかほだされてカップルになるのが早い気が・・・。
ほんとになんてないお話です。お話自体すごくよかったわけではないんだけど、かわいい雰囲気を堪能するにはよいかな?と思います。
本編中では最後までしませんが、おまけで補完されています。

村上さんの描く男の子は可愛すぎてリアルではないんだけど、うまく説明できませんが、これがいいんだよなあと思う。この人にしかかけない作風や雰囲気を固定して持っている人だと思います。

しかし最近かわいい学生ものが多い気がするので、またリーマンものも沢山描いて頂きたいなぁ。

表題作がそこまで面白いと思わなかったので、既刊の「ぼくのひとみ」を読んでいない方にはいまいちオススメできないかな?と思いますが、前作から期待していた2人のラストがようやく読めたので星4で。

2

ふんわりと男の子らしい

むずむずするほど思春期なお年頃から拗れてしまった幼馴染みとの関係。
後ろめたい過去から遠ざかるように疎遠になっても目で追ってしまう。
淡い恋心から思わぬ本音に気付かされ、気持ちが傾いては逡巡してしまう姿にほわほわとした村上さんらしい可愛らしさを楽しみました。
ただ、内容があまりにもすっきりしているせいか東雲さんの扱いがちょっと酷いなと思ってしまい集中出来ず。
久しぶりに女性キャラの存在の難しさを感じてしまいました。

他同時収録「ぼくのひとみ」続編。
まだそれっぽい関係になったばかりと思っていたのですが。
キス以上をしたいアキラとまだそこまでの覚悟もない銀河のやりとり。
一気に進もうとするせいかアキラの女々しさが際立ってしまい段々フェロモンも消え気味に。
どっちがどっちなのかをわくわくしながら見届けたかったのに、最初から流れが見えてしまっていたのが残念です。


1

やっぱり王道、幼馴染Love

表題作『男の子はいつも』
ストーリーは王道です。
隣同士の幼なじみ、はるまと洸哉。
今までは女の子が好きだと思ってたはるま。
気になる女の子だっているし・・
だけどその女の子に告白されて初めて自分の気持ちに気付く・・・
小さい時は自分の方(はるま)が背が高かったのに・・
いつのまにか俺より大きくなってカッコよくなりやがって・・・
カッコよくなってしまった洸哉はモテモテで
毎日違う女の子と遊んでるっていう噂。
自分(はるま)は女の子が好きなはずなのに、なんかイライラしてしまう。
そのモテモテの洸哉が実はずっとはるまが好きだった・・という展開。
お互いに好きなのに、なかなか素直になれなくて・・

あまり大きな事件は起きずに、すらすらと読めます。
ただなんとなく先が読めてしまう感じ。
幼なじみ系てだいたいこんな展開ですね。
でも、その王道が結構好きな私なのでそれなりに楽しめました。
ただ、女の子が出て来るのは個人的にはあんまり好きじゃないかなぁ・・

『ぼくのひとみ』番外編
ぼくのひとみ、銀河とアキラのその後です。
両想いになり付き合い始めた銀河と続きアキラだけど
お互いがお互いを「かわいい」と思うことから問題が発生。
男同士であるがゆえに起こる、どっちが上か下か・・・
なんだかんだともめて、一時はアキラが部屋を出るまでに。
隠し事をされて泣いちゃうアキラはかなり可愛いです。
いろんな思い違いも、お互いの歩み寄りでなんとか解決。
そして相変わらず健在のアキラのひとりH、でも今回は後ろじゃなかった。
やっぱりアキラにはアナニーしてほしいかな。

1

表紙のイメージのまま

幼馴染ものと男子寮ものの二本立てでした。
どちらもさらっとしています。

「男のコはいつも」3話+番外編
幼い頃、小さくてかわいかった幼馴染が大きくなって(高校生くらい?)すっかりイケメンに。身長も追い越されて、複雑な心境でいたところ、自分に思いを寄せる女の子の登場でひと波乱してめでたく結ばれる、というお話。

こういうのってひと波乱のところでどれだけもだもだするかが見せ所だと思うのですが、女の子のキャラに説得力がなく、都合よく使われた感が強かったために、今一つ盛り上がりに欠けました。

「ぼくのひとみ」
こちらは男子寮もの。すでに両想いの同室の相手とキスはするけど、タチネコ問題により最後まではまだしていない。どちらも相手を気持ちよくさせてあげたくて、思いやりが徒になってのタチネコ問題は一瞬垣間見せた男の顔により決定します。そんなどっちも可愛いカップルのお話。

微妙な心理描写で読ませる作家さんですが、これは短かったせいかあっさりしていました。テンプレをさらっと読むならいいかも。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ