オメガバース・プロジェクト(2)(アンソロジー著者等複数)

omega birth project

オメガバース・プロジェクト(2)(アンソロジー著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
19
評価数
5件
平均
3.8 / 5
神率
20%
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
POEBACKS ~ポーバックス~(コミック・ふゅーじょんぷろだくと)
発売日
価格
ISBN
9784865890167

あらすじ

報われなくてもこの想いはとまらない。
不幸な恋は、蜜の味。


全員が妊娠できる世界。
太古の昔、人類には女性と男性の二つの性がありました。
しかし急激な人口の衰えを前に人は新たな進化を遂げます。
男女という違いは形だけの名残りを残して全ての人間が妊娠できるようになりました。

同性であるという苦悩の末にどのようにしてキャラクター達が結ばれるのかが読みどころとされるBL。
男同士である事が当たり前になってしまったら、果たしてBLは成立するのだろうか。
カバー作家のyocoを始め、9人の作家が描きだすそれぞれの答え。

Cover Illustration:yoco
表紙マンガ:讃岐そば太郎

表題作オメガバース・プロジェクト(2)(アンソロジー著者等複数)

その他の収録作品

  • 『ロマンティック上等 第2話』森世
  • 『パラダイムシフト Day2』ぴい
  • 『今夜、ベイビー計画 第2話』河馬乃さかだち
  • 『純情娼年 第二幕』すなこ
  • 『春待ちの、 第2話』かたしな
  • 『あばれんぼハニー 第2話』鳶田瀬ケビン
  • 『さよなら恋人またきて友だち 第2話』yoha

評価・レビューする

レビュー投稿数2

1より

続きものなので1巻より②巻目が面白いです。

私は、ケビン先生のだけ読みたくて買ってます。

アンケートにの書店選択にオタク書店購入と書いてあったので☆2減らしました。乙女として自分で公言するのはいいけど他人に言われるとムカッっと。

本自体はオメガバースで新しい取り組みでいいと思います。

0

第一巻よりおもしろさUP!

第一弾購入後に続きものだと知り、次買おうか迷っていたのですが、買って読んでみたらおもしろかった!というか、これからもっとおもしろい展開になりそうな第二弾でした。

個人的にダントツでお気に入りなのがぴい先生です。あと森世先生もおもしろくてエロもあって◎。

『ロマンティック上等』森世
理想のαと番になるのを夢見るΩの計と、そのセフレでβの次継。ふたりの学生時代の初セックスが見れました。
計のはじめての発情期をキッカケにふたりはセフレ関係になったのですね。
今回、最低男だけど計の条件を満たすαが現れることにより、ふたりの関係にちょっと亀裂が入ります。
猫かぶりの計が素を出す相手はそういないからとそのαとくっつけようとする次継と、そんな次継が自分との関係を早く終わらせたがっているからだと勘違いした計。
すれ違ってしまったふたり。計にとっていちばん幸せになれるのはどの道を選ぶことなのでしょうか?
DKふたりのお互いとまどいながらの初エッチは萌えた〜

『パラダイムシフト』ぴい
1話はまだまだ序章だったのですね!2話でおもしろい展開になってきました。
やはりβなハズ続きの日比谷はΩだったみたいです。前回、蜂に刺されてアナフィラキシーショックになって以降、身体の変化を感じてます。
部下の山木に触れられ敏感に反応してしまったり、山木の血を見て一瞬理性を失いかけたり。ついには発情期が来てしまい、助けを求めるあまり山木を襲ってしまい、山木に手コキで抜いて貰うという展開。

βと公言している山木も実はαなのかな?山木曰く、ふたりは昔会ったことあるみたいで、αΩ嫌いの日比谷に近づこうとβと偽ったとか?んで、それに前回登場してた篠田代表も関わってるとか??
山木のα説は、日比谷の首筋に噛みつこうしていたから結構濃厚ではないでしょうか。
いずれにせよ、日比谷の幼少時代の過去に秘密が隠されていそうです。
あ〜続きが気になる。はやく日比谷が発情してエロエロになって山木とぐちゃぐちゃにセックスするのが見たい…

『今夜、ベイビー計画』河馬乃さかだち
この方、絵はあまり好みではないのですが、話の内容がいいんですよね〜ビッチ受が多くて。
シングルマザーの瑚太郎には、保育士の優流という最愛の恋人がいます。今回は瑚太郎の過去編。
Ωだという理由で母から愛情を受けず、早い時期から身体を売り快楽に溺れた人生を送ってきた瑚太郎。
そんな彼が、自分の子供という宝物を手に入れたというお話でした。
男のリアル出産アリです。

『春待ちの、』かたしな
1話の冒頭で、弟せおのが死に、兄ひろのの過去の回想が始まりました。

α家族の中で唯一Ωのせおのを、同じくαの幼馴染ゆうまと見守ってきたひろの。
ひろのはゆうまのことが好きだったんですね、しかし、せおのが発情期で苦しんでいた場面に偶然ゆうまが居合わせてしまって、そのままヒートを起こして犯してしまったという悲しい事件が。ヒート中は高確率で妊娠するんだそうです。

ひろのの気持ちを知っていたからか、ひろのに謝るせおの。
ずっと見守ってきた幼馴染を犯したことに苦しむゆうま。
ふたりの前から姿を消したひろの。

次回は現在編に戻るのかな?せおのとゆうまには子供がいるし、ひろのと完全にハッピーエンドにはならなさそうですが、みんな幸せになってほしいです。

『あばれんぼハニー』鳶田瀬ケビン
ヤンキー受がかわいい!
前回、Ωヤンキーのクマは、ライバルのαヤンキーハチ(実家は893)とのケンカ中に発情期が来てしまい、そのままセックス→番に。
ハチとじゃないと満たされない身体になってしまい、気づけばハチを探してしまうクマ。襲い受!
自分を求めるクマを抱きながらも、実家のこととかあるんでしょうか、クマを突き放すハチ。
いろいろありながらも、くっつくふたりですが…、ええええええ!最後のページに“To be continued”ではなく“END”の文字がっ!ふたりはこれからって時なのに!そして何より前回出てたハチのお目付役的な美形インテリメガネヤクザの花咲満郎の出番はっっっ⁉︎⁉︎
なんだか終わり方が物足りない。主役二人は落ち着いたからいーんですが、インテリメガネヤクザをあれだけ印象づけて2話目で出してこないって…

今回はカバー下にもマンガがありました。
毎月発行なので、そこまで待たずに続きが読めるから、これからも買おうと決意した第二弾でした。
ぴいさんの作品がオススメです〜!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ