一等星の夜

ittousei no yoru

一等星の夜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
51
評価数
12件
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
チェケラ!<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
24ページ
版型
B5

あらすじ

商業コミックス「タイトロープ」の番外編

高校を卒業してから1年くらいたった頃の話
龍之介が直樹に会いに家へ行くと、エプロン姿のまま部屋で寝ていて…

表題作一等星の夜

大原龍之介,ヤクザの跡取り息子,恋人
里谷直樹,実家の料理屋の手伝い

評価・レビューする

レビュー投稿数4

VIVA!同人誌!!

夏目作品を片っ端から読んでいた中、タイトロープだけ読み逃していたんです。

で、遅ればせながら読んで、物凄くはまって、この作品大好き!!!!となっていたところで、同人誌発刊情報を知り、通販で入手したのでした。

たまたまタイミング的にも良くて、入手できて本当に嬉しかったです。

内容はひたすら甘々。
私としては、とっても満足でした。

エプロン姿でうたたねしていた直を見た龍の妄想っぷりも面白いんですが、挙げ句「そうとなれば(?)ダンナが帰ってきたらやることがひとつやんな・・・」なんて言いながら寝ている直樹を触りだす龍。この台詞、かなりきました!!!!
案外気が付かず寝続けていた直樹ですが、はっ!!!と気が付いたらいつの間にか下半身裸にされているし、触られまくっているし・・・でも、そのままどんどん流されて、Hへなだれこみます。
上半身だけ着衣で、エプロンしていて、下半身は真っ裸な状態でのHとか、なんだかすごくエロかった。
もはや本当に新婚さんにしか見えない!!!そんな新婚プレイに萌えました。

2人でくっついて寝ている姿も甘々で良かったです!!!

3

「タイトロープ2」、出してほしいなあ

諸事情によりイベントに行くことができないので同人誌って手に入れづらいのですが、こちらはネット通販で購入できたのでめっちゃ嬉しかったです。

「タイトロープ」のその後の二人です。内容はすでに書いてくださっているので感想を。

相変わらずわんこな龍之介に、クールビューティな直樹。相変わらずの二人ですがラブ度はアップしてますね。イサクさんはエチシーンの描写は過激でない作家さんですが、この作品はR18になってます。エプロンをつけたままの直樹をバックから攻めるシーンは思わず鼻血が出そうになりました☆
直樹の「アカンて…」の言葉にも激萌え。方言って可愛いです。

個人的にわんこ攻めって大好きなので龍之介もすごく好きな攻めキャラなのですが、彼の「極道」というバックボーンにも凄く萌えます。極道モノの自分が、堅気の直樹と付き合っていいのか、という葛藤。イサクさんは割とホンワカな作風ですが、シリアス風味で「タイトロープ2」出してほしいなあとか思いつつ。

甘々な前半に、ちょいシリアス風味の後半。非常に美味しい作品でした。

しかし、イサクさんは以前から綺麗な絵柄でしたが、最近美続きしさにますます磨きがかかっている気がします。表紙の美しさといったらなかった。二人の表情ももちろん良かったですが、ニュアンスのあるカラーでとても綺麗でした。

6

ぜひ続きをお願いします

装丁がとてもきれいです!
再びタイトロープの二人に会えてうれしい。やっと直樹が受け入れたところで終わっていて少しあまあまなところが見たかったので。

エプロン姿で寝ている直樹に興奮して新婚的な妄想を始める龍w
我慢ならず裸エプロンにしてしまいます。
で、直樹が起きてそのままえろえろタイム。弟くんが部屋にやってくる気配で慌てて最後までいたしてはぁはぁ言っている二人が笑えます。

直樹が龍を気遣う面もみせたりと、二人の絆はより深くなっているようです。
長編が読みたい!

5

また2人に会えて嬉しい!

この間の春のJ.GARDENで、
一番長い列を作っていたのは多分イサクさんのサークルだと思います。
もちろん、人気作家さんということもあると思いますが、
あの「タイトロープ」の同人誌!!ということで、
すごく嬉しくて早く読みたい~~という人が多かったんじゃないかな?
わたしももちろんそのひとりです♪

コミックが出てからもう6年も経っているのに、
「タイトロープ」は過去の1作品ではなくて、
今もイサクさんの中でちゃんと世界が続いていたんだなぁと思うと、
それだけでもなんだかとっても胸いっぱいになりました (*´ω`*)


内容は、
龍之介と直樹が高校を卒業してから1年ほど経った頃のお話です。

龍之介が直樹に会いに家に行くと、
料理屋の仕入れで朝が早かった直樹は自室でスヤスヤお休み中~
エプロンをつけっぱなしのその寝姿を見て龍之介は、
帰りの遅いダンナを待ちきれず寝てしまった新妻~を連想して興奮☆

そして、
ダンナが帰ってきたらやることはひとつ…と、
寝ている直樹に抱き付いて、乳首を~ナニを~後ろを~と弄りだすw

起きた直樹は「家続き族に気付かれたら…」と一応抵抗するものの、
そのまま挿入までされちゃいます~
途中で誰かが帰ってきたような物音がしても、
「まだイッてへんし」と言って、
龍之介の意向で、急げ!とばかりにエッチ続行!!
なのでその後、
直樹の弟が部屋に呼びに来ると、
ふたりは「ハァ…ハァ…」言いながらヘトヘトなご様子w

でもまぁバレなくてよかったね♪
そんな可愛らしいエピソードでした。

後半はその夜の続きで、ちょいシリアスめ。

直樹に抱き付きながら寝ている龍之介が、
「なお、ごめんな…」そんな寝言を言っているのです。
何の夢を見ているのかは分からない直樹ですが、
「そんなん言わさんために、おれは一緒におるんやで…」
そう言って、寝ている龍之介を優しく抱きしめるのでした。

ヤクザの跡取りと一緒の人生を歩んでいく…、
これから色んな大変な事があるのかもしれないけど、
きっとこうやって隣で龍之介を包み込んであげるのが、
直樹の望む幸せなんだだろうな。
改めて、直樹の覚悟と大きな愛情を見せてもらった気がしました。
相変わらず直樹が大好きで大好きで~~という、
ちょいおバカな龍之介を見れたのも嬉しかったな♪

またいつかどこかで、
もっと大人になったふたりにも会えたらいいなぁと思います。

※ こちらはもう通販が始まっています

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?