この空の向こう

konosora no mukou

この空の向こう
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
松浦巽出張所<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
52ページ
版型
新書

あらすじ

理由もなく息苦しさを覚えながら毎日を送る高校生・敏。
ある晩、殴られてぼろぼろの男・須藤を見かけ、放っておけずについ手をさしのべてしまう。
それをきっかけに、傷を舐めあうような関係が始まって――。
物憂い青春小説風。変則リバ・3Pもちらり。
WEBで公開「父の肖像」のサイドストーリー。

表題作この空の向こう

須藤安雄 ホスト 20代
日野敏 高校生 17歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

誰しも悩みを抱えている

この作家さんの電子版を知る限りすべて読み切り、次に同人誌を可能な限り購入している最中です。その中の一冊。
とにかく個人的にこの作家さんの文章と相性が良いのです。
この作品には地雷が含まれているのですが思い切って読みました。
短編ですが秀作です。

高校生の敏とゲイでホストの須藤と中学生の拓見のおはなし。
ある日敏は行き倒れている須藤を助ける。それがきっかけで須藤のアパートへ出入りするようになる。
母子家庭の敏は思春期らしく悶々とした気持ちで毎日を送っていた。須藤は生きているのがしんどいと海外に逃げたくてお金に執着していた。
そんな二人は成り行きで関係を持つようになり、そこに繁華街で出会った中学生拓見も加わって奇妙な関係が続くが…

3Pが苦手なので読めるか自信はなかったのですが、これは妙に納得できました。
高校生の敏も中学生の拓見も青年期にありがちな悩みを持ち、須藤は人生の方向性を見失った状態で、たまたま出会って体の関係を通して支えあってそしていくらかの希望を見出していくというところに共感出来たのです。

敏と須藤のふたりのその先も少し予想出来る恋愛的要素を匂続きわせた終わり方だったのも気に入りました。
いつか長編でこのふたりのその後が読みたいです。

1

ふゆき

レビュアーのふゆきです。
役に立ったボタンを押してくださった方、お読みいただいた方、ありがとうございました。
レビューの最後のところ、1ヶ所名前を間違えていたのを訂正致しました。お詫びいたします。
拓見は敏の謝りでした。
すみません!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?