月のマヨイガ

tsuki no mayoiga

月のマヨイガ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
松浦巽出張所<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
44ページ
版型
新書

あらすじ

わけあって追われる身の狼人間・士郎は、山奥の廃屋で、鈴木と名乗る謎の男にかくまわれる。
急速に惹かれあう2人だが、それぞれに事情があり――。
ハードボイルド風BL、もといBL風ハードボイルド短編小説。Hシーンはほんのり程度。

表題作月のマヨイガ

鈴木みちる 潜伏中の謎の男 30歳前後
宮部士郎 逃亡中の狼人間 26歳 

評価・レビューする

レビュー投稿数1

狼でもいいんです!

小説って、最初の一行が美しいと心をつかまれますよね。冒頭からグッと引き込まれていく、まさにそんな感覚を久しぶりに味わうことができました。
二行目までを二度読みしてから読み進めることはそう多くあることではありません。

と、意気揚々と読み始めたらあらすじ読んでいなかったのもありますが、苦手なジャンルでした^^;
狼人間登場。
でもこの作家さんだからなのか?苦手とするものを次々読ませてしまう力をお持ちです。
ってか設定が巧妙で読んでいくうちにそんなことどうでもよくなってふたりとも頑張れと応援してました。
なんだよーこの展開面白すぎだよ。

タイトルにもあるマヨイガ(迷い家)これは遠野地方に言い伝えで異界の家、訪れた迷い人に富をもたらすそうです。
山奥の廃村(マヨイガ)で鈴木が士郎を匿いそして鈴木が士郎の宝(富)になった。
日本を脱出した二人のこれからの冒険物語を読みたいです。

短編なのにこんなに充実でいいのか?いやいいんだよ(笑)
あとがきで長編でも良かったと書かれているので、ぜひ長編お待ちしています。

えっちシーンはほんのり程度なんですが、想像を掻き続き立てられるので十分萌えました!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ