お前はただ黙って私に嫁げば良いのだ。

その薔薇の名は

sono bara no na wa

その薔薇の名は
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
18
評価数
5件
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マッグガーデン
シリーズ
uvuコミックス(ウブコミックス・マッグガーデン)
発売日
ISBN
9784800004420

あらすじ

王国には言い伝えがある。剣の痣を持つ者と薔薇の痣を持つ者同士が結ばれると国に幸福をもたらすと――。
近衛隊に所属するギヤは、その身に薔薇の痣が現れた事により剣の王子と強制的に婚約が決まってしまい!?
陰鬱王子×剣士姫のファンタジーBL。
人嫌いの叔父を元気っ子な甥が癒す、グローアップラブも収録。

表題作その薔薇の名は

アルシャク王子 クランジエ王国第一王子
ギヤ クランジエ王国近衛隊所属

同時収録作品グラスハート 前編

綴 律の叔父
律 綴の甥

同時収録作品グラスハート 後編

綴 律の叔父
律 綴の甥

その他の収録作品

  • カバー裏 おまけ漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数2

黒歴史を突かれているような……

表題作は黒髪王子×金髪剣士のファンタジーものです。

攻めにはムッツリ・引きこもり・イケメンなどの設定がありますが、私はムッツリと引きこもり(特に引きこもり)要素はあまり感じませんでした。
引きこもり設定においては“引きこもりだけど強い攻め”と言う意外性や格好良さを狙ったのかな、と勝手に思っています。
私的には後々受け溺愛なクール攻めのように見えました!

受けは剣士ですが、大柄マッチョな剣士ではなく、ウエイトがないぶん速さで勝負!な元気ツンデレ受けです。

そんな二人が言い伝えにより婚約関係となり、妨害を受けつつも徐々に距離を縮めていく、山あり谷ありなテンポの良いお話でした。


同時収録作品は叔父×甥の、年の差カップルのお話です。

人嫌いでハーブだけが友達だった攻めと、健気で頑張り屋さんな受け。
訳あって二人で暮らすこととなり、硬く閉ざされていた攻めの心を幼稚園児の受けが一生懸命癒していきます。
そして次第に二人は打ち解け、お互いがお互いにとって大切な存在に。

受けは作中で高校生に成長し、攻めは社会人に変わりはありませんが受けと出会ったことによ続きり中身がグッと成長していきます。


コミックス全体を通して、絵は凄く綺麗で可愛くて、ここぞと言う時の表情が凄く魅力的で素敵でした。
特にロリとショタがとっても可愛かったです(*>ω<*)!

しかし、表題作・同時収録作どちらもストーリーが突拍子なものに感じてしまいました。
せっかくの設定を活かしきれていないな、とも。

また、非常に個人的な問題なのですが、キャラクターの発言や思考が少し恥ずかしい。
昔好きでよく読んでいた携帯小説(主に主人公最強設定のファンタジーもの)を彷彿させるのです……。
黒歴史を突かれているような気になり、上手く作品に入り込むことができませんでした。

その為、評価は「中立」と「萌」で悩んだのですが、ロリとショタが可愛かったので「萌」とさせて頂きました!
作者様のこれからに期待しています!

3

おしいかな

せっかくの面白い設定
「剣の痣を持つ者と薔薇の痣を持つ者同士が結ばれると国に幸福をもたらす」
が活かしきれていません。
剣が薔薇を手に入れれば、絶大な力を振るえると説明はありますが、お伽噺レベルです。
しかも、王家が剣の血筋で、主人公が薔薇の血筋だというなら、他の人に薔薇を取られても問題は無い訳で。
未来の王様の伴侶に男でも構わないというほど、薔薇の痣を持つ者を手に入れようとする理由が弱い。
「国のためになれば」って、平和のため?他国侵略のため?
さらには、王子暗殺の疑いがかけられた薔薇を手に入れて、認められるはずがないだろ!とお馬鹿な弟にも思わず突っ込み。

とはいえ、テンポは中々良く、クール×やんちゃも好みなので、その辺は満足。
絵も可愛い。特にお子様がめちゃ可愛い!!
妹ちゃんは立派な腐女子になるでしょう(笑)
そして、朝チュンならぬ薔薇が飛ぶに大爆笑。
薔薇は男でも子供作れたりするのかな?
「一家団欒」に期待したい!

表紙だけなら耽美っぽいなぁと手に取るのを躊躇するとこでしたが、ちるちるさんのインタビューを見て手に取ったので、ちるちるさんに感謝続き
めちゃ楽しめました♪

同時掲載作品も、お子様可愛くて健気で、良かったです。

どちらの作品も、ページ数が足りてないというか、話が早急すぎるのがとっても残念!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ