G・DEFEND(47)

g defend

战栗情人不设防

G・DEFEND(47)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
ラキッシュ・コミックス(コミック・冬水社)
発売日
価格
ISBN
9784864233095

あらすじ

国会警備隊隊長・石川とSP・岩瀬の近未来ラブ&アクション!! 隊長・副隊長、各班長・副班長の豪華メンバーが揃ったDG新年会に謎の爆破挑戦状が届き!? 2024年、『RESTART』でDG最強伝説更新!! 西脇メインの描下し等計12P付!!

表題作G・DEFEND(47)

岩瀬基寿/国会警備隊の隊長補佐
石川悠/国会警備隊・隊長

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ドロドロでもかっこいい

萌と中立の間くらいです。
1冊まるまるのお話で、以前年越し警備のときにカウント式の小型爆弾を送りつけてきた犯人が再び同じ犯行を…というお話です。

今回はカウント式ではなく連鎖式の爆弾、それも爆発するわけでなく墨や接着剤が巻き散らされるという完全な愉快犯。
バラバラになった写真が何種類も送られてきて、そこから導き出される場所に爆弾が仕掛けられているという事でほぼオールキャラが手分けして現場に急行→爆弾を解除という流れ。
本当にこれの繰り返しで、なんというか・・・キャラが多いのと場所がコロコロ入れ替わるため落ち着いてみてられない^^;
特に誰かに焦点を当てているというわけではなく、本当に平等に全員出している感じです。
そのため全体的にどのキャラも出番が少なく、今回は薄っぺらな話に思えたな~。

特定のカップルに焦点をあてるか、せめて石川隊長と岩瀬をメインに据えるとか・・・主人公くらいはもっと多目に出してあげてもいいんじゃないかと思いました。
今回は爆班の班長が勇退するというお話で、今の爆班にとっては最後の事件になるんだろうから爆班を掘り下げてもよかったのに、むしろ読ん続きでて爆班の話じゃないの?!という感じでした。
糖度が低かったのが残念!

爆弾処理のために西脇と羽田がラブホに行くシーンが面白いです。
でもなんというか全体的にちょっと入り込めなかったのが、前は本物の爆破物だったけど今回は隊員全員を振り回したあげく墨や接着剤の爆弾って・・・もし本当に爆弾なら死んでたって場面が何度もあったのに、それをしない犯人の爆破物を仕掛けたリスクに対する目的があまりにリアリティなさすぎだと思いました;
ドロやら墨やらでドロドロになりながら駆け回る皆が描きたかったらしいですが、テロの目的って隊員をドロドロにすることなのか・・・。
誰も傷つかないならそれは一番いいんだけど。

唯一甘かったなぁと思ったのが接着剤でくっついてしまう真矢と宇崎。
どんな一瞬の爆発でも宇崎を守る真矢が、毎度毎度年下と思えないくらいカッコイイです。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ