純情にはかなわない

junjo niwa kanawanai

純情にはかなわない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
4
得点
21
評価数
13件
平均
2.2 / 5
神率
7.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
ISBN
9784796407212

あらすじ

スバルとの関係はたぶん、腐れ縁。
小学校からの幼なじみで今は学校の調理部で。
いつも隣にいるのが当たり前だった――。

以前から、男女問わずとっかえひっかえだったスバル。
余計なお世話だと思うけど、あぶなっかしくて見てられない。
心配していたが不意に「紺のこと好きだよ」だなんてスバルに告られて、そのままキスされて…。
距離が近すぎて意識してなかった。おかしいな。スバルのことアタマから離れない――。

表題作純情にはかなわない

新島スバル・先輩目当てで調理部に入る新入生
大隅紺・弁当作りを目指し調理部に入る新入生

評価・レビューする

レビュー投稿数4

青春

幼馴染ですね。
男でも女でも好きになっちゃうスバル。
頭の中はあこがれの恋でいっぱい。
そんなスバルを相手に・・・というところですね。
巻末「気づいてなかったの?!」な展開に乗ってしまいました。
紺は最初からスバルがすきなんだと思ってた(苦笑

全体的に可愛くてすっきりとした作風なんだけど
スバルが紺のことを好きと気づいたところが描かれていないのが残念。
私が読み飛ばしているだけなのかな・・とも思うのだけれど
基本的に紺目線で描かれているせいもあると思うのだけれど
そこが描かれなかったのがちょっと残念だったかなと思う。
エロはない感じですが、あえてピュアでよかったかなと思わなくもない。

0

心に眠る純情

みろくことこさんの画は、可愛くて大好きです。
この本もいつものようにジャケ買い!
表紙では子供っぽく見えるスバルも、作中では男女をとっかえひっかえというあらすじの通り、ナンパな属性を見せています。
紺は、一見クールで捌けている性格に思えますが、恋愛に夢中なスバルのことをちょっと羨ましいと思っている感があります。
二人が入部する料理部には、みろくことこさんの前作に登場するキャラも登場するのですが、その作品をまだ読んだことがなくてもスルッと読めました。
後半になるにつれて、恋愛には得手なはずのスバルが、紺の動作に一喜一憂している様子がほほえましく、全体的にほんわかした気持ちで読めたのがよかったです。

1

ファンのかたにはすみません

ちょっと訳がわかんない…。これでどうして受けと攻めがくっつくのか…。
とにかく攻めがダメでした。軽いしいい加減だし何の魅力もない。脇役で出演しててもうっとうしいレベルなのに、それが主役って…。
これに惹かれてる受けも訳わかんない。どこがいいのか心底疑問です。攻めに対して取る態度も、えっ好きなの? 嫌いなんじゃないの? ってかんじだし。
炎の蜃○楼同人時代から追ってた作家さんですが、最近不作が多すぎてどうしようかと本気で悩んでます。BL小説の絵師のほうに完全移行してもいいんじゃあ…。

3

何が何だか。

最初から最後まで、スバルが何を考えてどうしたいのかにビタ一文、シンクロしなかった。まずそれにつきます。
はなっから遊び相手の多い、しかもガチバイでかなりゆるいように見える人。
それがなぜ甘楽を良しとしたのか。初恋は可愛くない、の主人公ですが、基本線振り回され側の方で単体として魅力ある感覚はなかったんでそこがまず謎。
さらに恋人がいるときいた紺にあきらめな、と否定された以外、これっちゅうヒントがないまま紺に転んだようにしか思えませんでした。

そんな感じのなにもかもに納得いかない感覚を感じさせたのは、多分この本の2人の可愛げ不足じゃないかなぁ、と。今までのみろくさんって話が少々強引でも惹かれてしまう対象がキラキラしてたり可愛げがあったりしたんでそこで納得できたんですが、今回はなんか残念。
スバルが好きになる対象2人にはまるでモブのような薄さすら感じます。

いっその事、甘楽への思慕はキラキラ可愛い上にやんちゃな恋人、菊池をしっかり出しちゃってスパッと切れ目入れちゃったほうが良かったのでは?とか、いろいろ注文をつけたくなる本で、みろくさんの本の中では個人的には不作、という感続きじです。

もっとあざとさを!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ