うずくまりハーミット

uzukumari hermit

うずくまりハーミット
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×27
  • 萌1
  • 中立6
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
77
評価数
22件
平均
3.8 / 5
神率
36.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥647(税抜)  ¥699(税込)
ISBN
9784758074223

あらすじ

幼少期のトラウマから、他人との接触を拒むようになった前津樹。
立派なひきこもりに育った前津はある日、行きつけのコンビニでバイト中の岡野達也に声をかけてしまう。
結果、しっかり懐かれちゃって、さあ大変…!
しかも岡野は重度の“声フェチ”で前津の声が大好きだからと、グイグイ距離を詰めてくる。
声だけとはいえ、純粋な好意を向けられると忘れていた感情がくすぶりはじめて…。

ネガポジカップルのドタバタラブ[うずくまりハーミット]に加え二人のその後を描いた、えっちでハートフルな描き下ろしをたっぷり30P収録!

迷子のココロをそっとあたためてくれるたゆりイズム全開の1冊、お届けします♪

表題作うずくまりハーミット

前津樹,ひきこもりニート,25歳
岡野達也,声フェチ大学生,コンビニでバイト,20歳

その他の収録作品

  • ボーナストラック(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

声フェチ

ヘタレな引きこもりニートくんに、年下の子が無邪気に距離を詰めてくるお話。
一緒のコンビニでバイトしつつ、徐々に近づいていく二人の関係。

引きこもりだった前津はゲイの自覚あり。
引きこもりになった原因も、学校でゲイと囃し立てられたせいなので、人間関係、特に恋愛に関してはとっても後ろ向き。
一方の岡野はまだ年若くて挫折の経験もないし、恋愛に関しても良くも悪くも経験不足、同性との恋愛についても想像力が働いていないので、無邪気に距離を詰めてくるのですが、前津にしてみれば、、、

お互いの未熟さゆえモダモダするのですが、岡野が素直で健全な子なので、全体が明るいところがいい。
章の途中に挟まっている書き下ろし部分もかわいかった。

1

ひきこもりドヘタレ × 声フェチ ☆

1冊丸ごとたっぷりこの2人のお話を満喫できて、
すごく楽しくて可愛かったです~~

小学生の頃、
初恋の男の子に心ない言葉を言われて、ゲイだと噂をたてられて、
それが原因で人付き合いが上手くできなくなって、
現在25歳でひきこもりのニート、という攻め(表紙上)。
メガネをかけて長い前髪で顔を隠しているけれど、実はイケメン。

そんな攻めが、行きつけのコンビニで、
たどたどしくおにぎりの温めをお願いしたら、
その時のバイトくん(受け・表紙下)が重度の声フェチで、
「お客さんの声、すっごい好きです!」と手を握ってきて~~
そんな始まりのラブコメ本です☆

切ない過去を持つ攻めは、最初はとても根暗で卑屈だけど、
「八つ当たりする前に働け!!!」
年下で小柄な受けからそう一喝されて、少しずつ変化。

ひきこもりを止めて、
受けと同じコンビニでバイトするようになって、
不器用ながらも素直に頑張るところ、とても応援したくなります~
だけど、ドヘタレぶりは相変わらずで、それがまた可笑しい~~
(受けに初めてメールする時の、攻めの震える姿は可愛すぎw)
続き
そしてそんな攻めも引くくらい、受けは重度の声フェチ。
攻めの声をいちいち録音したがるし、
(描き下ろしでは本当に録音して、それを聴いてひとりエッチ)
声優さんのいい声目当てにBLCDを聴いてたりもします~

そんな、ドヘタレ × 声フェチの設定が、
展開にもしっかり活きていて、面白いし上手いです♪
あっという間にくっついてしまいそうでいて、もだもだしてるのも、
この設定ゆえ。

ベロベロに酔って攻めが受けにキスしちゃったり、
受けが男同士のセックスのやり方を知って動揺したりしながら、
(手とかでヌきっこするだけだと思ってたw
 それまで男前の中身が目立ってた受けの、動揺ぶりが可笑しい~)
ふたりらしいペースで距離をつめていく様子と、
その初々しさにキュンときました♡

最後の描き下ろし(30P)とは別に、
途中途中に2Pのショート漫画が載っていて、
それがまた可愛らしくて、もっともっと読みたかったな~

エッチは最後に1回だけで、エロ度の高い話ではないですが、
ちゃんと2人の魅力が詰まっているので満足感は高かったです。
サラリと楽しめるラブコメ本ですが、
まとまりがよくてとても面白くて、迷いなしの萌え×2評価です☆

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ