バイオレンス・キッス

バイオレンス・キッス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784829652558

あらすじ

友達の別れ話をめぐって七海と八神は初対面で大ゲンカをしたあげく、勢いでキスしてしまう。八神は七海にそのキスをネタに、別れ話の事情を探れと脅してきた。エリートでいじわるな八神にはムカつくが、七海は仕方なくOKする。だがそれは、八神とのHなおとり捜査のはじまりで――?

表題作バイオレンス・キッス

八神 中学生
七海 高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

このノリなら大丈夫

明るくてエッチでコミカルな学園もの。登場人物は総ホモ化。
王道パターンですが、私には苦手なジャンルです。
でも、日向唯稀さんだとそんなに苦手意識がわいてこないみたい。
ユーモアたっぷりだからいいのか、馬鹿馬鹿しいからいいのか、そのあたりは不明ですが面白いです。

高校生の受け二人と、中学生の攻め二人の、二組のカップルが登場します。
レイプされた友人のために立ち上がった主人公は、みずからおとり捜査に乗り出す。
おとりのため、キスやイチイチャの真似事をするうち、真似だけじゃ済まなくなってくる。

ラストの見事なまでのご都合主義な大円団も、こういうストーリーの中でなら許せてしまうのが不思議ですw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ