シッポの気持ちを聞いてみろ

shippo no kimochi wo kiitemiro

シッポの気持ちを聞いてみろ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥583(税抜)  ¥630(税込)
ISBN
9784861347900

あらすじ

動物の特徴を受け継ぎ、耳と尻尾のある人々が暮らす現代。製菓メーカーに勤める狼・雛山了司は、黒猫先輩・雪永知英の元で働くことに。知英の面倒見の良さに末っ子気質を刺激され、雛山はシッポを振りながら懐く日々。そんなある日、雛山はライバルメーカーの豹・清水が雪永を狙っていることを知る。男前ツンデレなくせに天然の雪永を守ろうとするうち、だんだん彼を意識し始め…!?

表題作シッポの気持ちを聞いてみろ

雛山了司、家系シンリンオオカミ、23歳
雪永知英、家系クロネコ、26歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ケモミミが当たり前の世界♪

大好きなケモミミに惹かれて、手に取りました。
この作品の世界では、役7割の人間の頭にケモミミとシッポが生えているという、ケモミミ好きには堪らない世界でのお話です。だから、色々なケモミミを持つ人間が登場してウハウハでした(笑)

お話の主役は、家系クロネコの雪永と家系シンリンオオカミの雛山です。
2人は、会社の先輩後輩として働いていたんだけど、長男気質の雪永と末っ子気質の雛山の相性が良くて、おまけに雪永を狙う家系ヒョウの清水の存在がカンフル剤となって、お互いに惹かれていきます。
でも、雛山は素直に愛情表現をしてるのに対して、雪永はなかなか素直になれなくて…。

雛山はイケメンなオオカミでカッコイイのに、雪永を慕う姿はワンコのようで可愛かったです。
一方の雪永は童顔で可愛らしいのに、面倒見が良くて性格は男らしいギャップが良かったです。そして、雪永が受けなのに、エッチの時の攻めのような男らしい言葉攻めにもギャップに萌えました。

ケモミミはもちろん、シッポで気持ちを表現してる場面もたくさん出てくるのが可愛くて、ホント癒されます。こうじまさんの可愛い絵もお話にピッタリで、ケ続きモミミの世界を堪能できました♪

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ