【18禁・数量限定本】エロとろR18 ~初恋~

ero toro R18 hatsukoi

【18禁・数量限定本】エロとろR18 ~初恋~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立6
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
62
評価数
21件
平均
3.3 / 5
神率
19%
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
X-BL(18禁BL・リブレ)
発売日
価格
¥1,200(税抜)  
ISBN

あらすじ

【取扱書店限定特典】
特典:疑似体験♥リバーシブル攻受ポスター(イラスト/はらだ)
※特典は数に限りがございます。確実に手に入れたいお客様はお早めにご予約ください。

男の初恋はどエロい

◆表紙
阿仁谷ユイジ

◆ラインナップ
阿仁谷ユイジ
はらだ
彩景でりこ
カシオ
木村ヒデサト
九重リココ
ヤマヲミ
原作:犬時 漫画:笑平
やしこ
エマオ
阪本あき
その他豪華ラインナップ!

表題作【18禁・数量限定本】エロとろR18 ~初恋~

その他の収録作品

  • 木村ヒデサト「あべの橋、灰色の人類」
  • 彩景でりこ「隣に住んでる猫のこと」
  • カシオ「江崎少年の憂鬱」
  • ヤマヲミ「ファーストラブ?をもう一度」
  • エマオ「0点満点」
  • 阪本あき「線を書く」
  • 原作-犬時 漫画-笑平「ボクは人気者」
  • 阿仁谷ユイジ「恋におちてごめんなさい」
  • やしこ「あふれる漏れる」
  • 九重リココ「ちぎれたてのなか」
  • はらだ「スイメンカ」

評価・レビューする

レビュー投稿数5

初恋とは

表紙と初恋というタイトルで買い。
初恋というからには可愛いお話が殆どなんだろうなと期待してましたが、見事に裏切られました。
クズや近親相姦等々は他所でやってくれ...と正直思いましたがなんやかんやで好きな話もあったので購入して損はなかったと思います。

個人的には阿仁谷先生、彩景先生、(初恋という点では)やしこ先生が好きでした。近親相姦も私は大好物なので良かったです、兄弟ものって確かにすごい初恋なのかもしれませんね...!!
(はらだ先生のスイメンカは流石の面白さではありましたが初恋のきゅんきゅんを期待して読んだら萌えきれませんでした...確かに初恋なのですが...)

初恋の甘々きゅんきゅんだけを期待している方にはあまりおすすめ出来ませんが、初恋の暗い闇の部分もみたい!という方にはおすすめします!

私は初恋に夢を見すぎて暗い部分に萌えきれなかったので萌にさせていただきました

1

タイトルと表紙からはちょっと想像できない

X-BLのものはいつも買おうかどうしようか悩むんですよね。アンソロが好きじゃないっていうのもあるのですが、好きな作家さん目当てで購入しても結局その後短編集とかで出たりするので。しかし今回ははらださんの描かれた「リバーシブル攻受ポスター」が欲しくて買っちゃいました。

内容は、というと。全部の作品の感想は書けないので、ツボに入った作品をいくつか選んで。

阿仁谷ユイジさん「恋におちてごめんなさい」
可愛かった。攻めの子の、受けがどうしても好きで好きで手に入れたかった、という気持ちが何ともいじらしかった。受けさん、お主、なかなかやるのう、みたいな感想を持ちつつ、ハラハラさせつつのストーリー展開にはさすが阿仁谷さん!と感心しました。
さいきん阿仁谷さんのBLを読んでいなかったのでちょっとうれしかったです。

はらださん「スイメンカ」
はい、文句なしの神作品でした。はらださんらしいダークさと、まだ幼い故に自分勝手な攻めの恋心に萌えまくりでした。

彩景でりこさん「隣に住んでる猫のこと」
甘々というよりはむしろ痛いお話でした。受けの子の、強気な態度や言葉に隠された脆さ。う続きん、良かったです。まだ年下なのに攻めの子の懐の大きさにキュンキュンしました。

えっと、ごめんなさい、他の作品は個人的には…、でした。絵柄がどうしても受け付けないとか、ストーリーが黒すぎるとか、ちょいちょいと飛ばし読みしてしまったくらい。このお三方の作品が無かったら評価は「趣味じゃない」でしたねえ…。いや、ごめんなさい。

「初恋」がテーマで、阿仁谷さんのパステル調の可愛らしい表紙。甘々な、可愛らしい初恋がたくさんかなと思って買ったのですが、ちょっと私の思っていた内容とは違ってました。まあ、それぞれの作家さま方の「初恋」のイメージと、私のそれが違ってた、ということなのでしょう。あとR18ということで、どれもすんごくエロかった。「初恋」でこんなエロさはあんまり必要なくない?とちょっと思ったりもしました。

あ、それと「リバーシブル攻受ポスター」。カバーの下にダブルカバーの形態で入ってました。「変愛」の二人ですが(だよね…?)これがめっちゃエロい…。一枚のピラッとしたポスターだったらどこへ置こうか悩んだと思いますw



7

X-BLの中で

X-BLの中ではエロとろシリーズが一番いつもそんなにはずれは少ない気がします。

今回もガッカリな感じのものは殆どなかった。
しいて言えば木村ヒデサトさんのお話がドラッグが出てきたりするので個人的にダメでしたが、その位ですね。
あとは内容的にもバラエティに富んでるし、色々な話が読めてかつエロはメインだけど、絶対ありえないだろって設定もなかったので自分的には合格。
はらださんのポスターにまず豪華さを感じましたね。これを堂々とカバーにする勇気はないけど、凝ってる感は伝わりました。

そんなはらださんのお話はやばいくらいキュンキュンしました。攻めがやったことは汚いかもしれないけど、それも純粋な恋心あってのことで、攻めは頑張っただけだと言ってあげたい。好きな人が本当に好きな人と結ばれてほしいというのは綺麗事ですよね。本当に好きで好きで恋焦がれていたら、自分の欲望を満たす為に好きな人を好きな人から遠ざけることや、どんな手を使ってでも欲しいと思うのは当然です。そのあたりがすごくうまく描かれていました。そのあとぶち当たる自分のしたことの代償は罪悪感や虚しさで返ってくる、と。実に人間臭く続きて良かったです。

阿仁谷ユイジさん、あいかわらずとろとろ顔満載でエロとろにぴったりの作家さんです。リバありなので苦手な方注意。ちょっと読み進めるにつれて最初意味がわからなかったけど、あーそういうことかと話しにちょっとひねりを入れてて良かった。

エマオさんのお話、ちょっと受けの唇がプルプルすぎるのと頭が良いキャラっていう設定だからか難しい話がいっぱい出てきて「?」という感じでしたが、営みシーンでとろとろのろりきゃらだったのに、次のシーンでシュッとしながら昨夜の営みについて冷静に語る姿が面白かった。

九重リココさんのお話、ガチ兄弟でした。ダークなお話だけど絵が可愛くてエロかった。

彩景でりこさんのお話、性格の悪い襲い受けが攻められてМ開花。アヌスからゴム、えろい!なんかえろい!!

X-BLのシリーズで「えーいつも買ってるけど前回のPINKGOLDがなー」と思っている方も、たぶん前回よりは満足感得られると思いますよ。私個人の主観なので責任はとれませんが。とりあえずぐるっと巻く作りじゃなくて良かった。

3

詩雪

macyさん

こんにちは~♪
コメありがとうございます。

そうそう、神をつけたいぐらい好きなのもありました。
はらだの描く初恋はすごいなぁって。
macyさんがレビューされてたのまたすごい頷いて読みました。いやほんと、あれはずっと心に残るストーリーですよね。

私はトータルで神寄りの中立って感じです。
なんだかんだ、いろいろ言ってても毎回楽しみにしているエロい本ですからね、ふふ。

詩雪

パステルなカバーと中身のイメージが…?

「初恋」なんだから可愛くて甘くてエロかった~!とか
もっとキュンキュンするものが心に残ってもよかったのにな…
というのが一番の感想です。

なんだかんだ毎回読んでいるのですが、この「初恋」、新しいものみられるかな?と期待していたんです。面白かった作品はいくつかあるのですが、この価格で、R18で、うーん…と、一読した時点では感じてしまう。お気に入り作家の名前があれば楽しめるアンソロだと思います。だけど、甘いドキドキ感を得るにはムラが目立ちました。

個人的にはエロ以外のところに吸い取られたいなぁと思った今回のタイトルだったので、そういうところで流石だなと思ったのは阿仁谷ユイジ・はらだ・彩景でりこ、の作品(エロトップ3でもあるのに)。この3つがすごく好きでした!私は、彩景でりこの絵がきれいで感動しましたよ。表情アップもあるので、このサイズでよかったと思ったのはこの作品。

そういえばこの本ダブルカバーになっていて(限定特典とのこと)、
お互い滑りやすいので内側の方をその辺に落としてしまうと大変です。
それ自身がリバーシブルになっているしね。

いくつかは特に、ネタバ続きレなしの方が面白い作品ではあると思うのですが、江名さんが書かれているレビューが、とっても参考になります。


(※追記)「エロトップ3でもあるのに」は、この本において、今回の作品たちの中で私が思ったエロ、トップ3という意味で書きました。

7

macy

☆詩雪様☆

レビュー拝見させて頂きました。
詩雪様はうーん…という感じだったのかな?との印象でしたが、詩雪様が挙げられていた阿仁谷ユイジさん、はらださん、彩景でりこさんのお話は私も好きでした^^

はらださんのふろくのブックカバーポスターすごかったですよねー!確かにあれは落とすと死が待ってそうです 笑 実家暮らしは細心の注意を払わなければ…ビクビク

江名

詩雪さん、はじめまして、コメントありがとうございます(*^_^*)

せっかくテーマが初恋なので、
ホントにもっと甘エロ作品でキュンキュンしたかったですよね~
詩雪さんのレビューにわたしも激しく共感です!
>甘いドキドキ感を得るにはムラが目立ちました。
この言葉が正に!と思いました~
せっかくのアンソロなので、読んだことのない作家さんや新人さんの作品にもトキメキたかったのですが、今回はそれができず残念でした…

あ、そうそう、わたしこのアンソロ、買ってすぐに自分でカバーを掛けて読んでいたので、ダブルカバーになっていること、詩雪さんのレビューを読むまで全然気付いていませんでした…(^_^;)
下のカバーの、はらださんのカラー絵、エロい!
ナニが結構リアルに近い大きさで、ちょっと興奮しちゃいましたw
気付かないまま手放す羽目にならなくてよかったーー
役立つレビューをありがとうございました m(__)m

ひねりが効き…すぎ?

初恋というと、
甘くて拙くてちょっと切なくて…キュン。
そんな勝手なイメージがあったのですが、この本はだいぶ違いました。
作品それぞれにひねりが効いてます、
それだけ作家さんが皆、力を入れて描いてくれたってことかな?
でも、効きすぎちゃって、ちょっと「初恋」らしさがあまりないような…

強姦、近親相姦、浮気、次から次へと色んな人とH、殺人まで出てきて、
人の気持ちの闇の部分が多く見られたような…
せっかく初恋なんだから、
もうちょっと爽やかさベースで、闇はスパイスくらいがよかったなぁ。

その中から、よかった作品を掲載順にいくつか紹介します☆
■阿仁谷ユイジ「恋におちてごめんなさい」
男子迷路のドラの友達の高校生(表紙右)が、
出会い系のネットで知り合った年上だけど可愛い男(表紙左)と、
年齢を偽って出会い恋をして愛し合って…というお話です。
時間とシーンが交錯して、背伸びしたい想い、とめどない快感、
そして切ない心情が描かれていきます。
え?別れちゃうの??と読者を不安にさせて…という展開はさすがかな。
この作品が一番最初に掲載されていますが、続き
しょっぱなからガッツリ、リバです☆

■はらだ「スイメンカ」
友人同士の三角関係ラブです。
中2の時、仲の良い3人のうちの1人が「好きなやつ、おる」と告白。
高1で、そのうちの2人が初セックス。
本当は受けの子は、その攻めじゃない、もう片方の友達が好きだったのに。
そして、過去に遡りつつ、そうなったいきさつが描かれていく。
受けの知らぬ間に、水面下で起きていたこと、その結果とは……切ない…。

■ ヤマヲミ「ファーストラブ?をもう一度」
ひみつのセフレちゃんのお話です。
コースケさんの元へ同窓会の案内が来て、分かりやすく嫉妬するトモ。
同窓会には行かないと言っていたコースケさんだったのに、
会場が会社の近くで同級生たちとバッタリ会って、途中から参加。
そこで元カノに会って、バツイチになったの…と誘われて…
嫉妬による激しめHとラブラブHが両方見れます~トモが男っぽいです。
トモってこんなに巨根だったんだ!!と、ちょっとビックリでしたよ☆

■カシオ「江崎少年の憂鬱」
10歳の天才少年が実験で、自分で作った大人になる薬を飲んだら、
身体が成長して、セックスに興味がわいて大学生を押し倒し…

■彩景でりこ「隣に住んでる猫のこと」
隣に住んでいる7つ年上の従兄に、一方的にヤられている学生の攻め。
周りにはいい人のふりをして、彼女も作って、
でも攻めには横柄で、攻めの気持ちなんて無視して乗っかってくる従兄。
だけどそんな受けを嫌いにはなれず…
どんどん見えてくる受けの弱い部分や、不安げな表情がそそります。

今回は、ひとつの作品が長めなんですが、
あまり好みじゃない絵と展開の話も多くて、
それらを長く読むがちょっと苦痛で、1冊としては中立寄りです…

11

詩雪

江名さん

こんにちは、はじめまして。

とっても共感しました!よかった作品としていくつかあげられていたものが、私もぴったし同じでした。「ひねり」なるほどな、と。制作サイドも狙わずにはいられないでしょうけど、一度ぐらい単純にキュンキュンでエロいだけ、みたいなのを出していただいても、読者は目を輝かせて喜ぶんですけど。。。と思ったり(笑)。

アンソロは難しいですね。
好きだからしかたないです。

詩雪

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?