オマエは羊。

omae wa hitsuji

你是一只羊

オマエは羊。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神45
  • 萌×240
  • 萌16
  • 中立7
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
17
得点
440
評価数
112件
平均
4 / 5
神率
40.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041030677

あらすじ

不幸体質の大学生・佑也は、アパートの火事で友人の家に居候することに。しかし友人の兄で家主の司は、所属ゼミの指導員と判明。彼から居候の見返りに頼まれたバイトは「正木と一緒に寝ること」で--!?

表題作オマエは羊。

正木司 経営学部准教授
佐原佑也 大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数17

いい意味で王道展開

年上の俺様×健気な学生という王道パターン。
火事でしばらく友人とその兄のお家に厄介になることになった主人公の佑也。お相手は兄のほうである司なのですが、最初から佑也に冷たい…。

始まってすぐのわかりやすい展開と、王道ともいえる受け攻めの性格に好感が持てました。
ごくごく普通の作品ですが、このごくごく普通はうまくかかれていればこれほどBLとして楽しめるものはないなあと思います。
眠りの浅い司に添い寝のバイトをするという、普通に考えればありえないシチュエーションだけど、添い寝という状態がかわいらしい。
まるまる一冊のストーリーなので展開が急すぎるということもなく良かったです。

二人の邪魔になるキャラクターが現れたり、イチャイチャしたいけど弟が家にいたり…などなど、不安要素はあるものの、そんなに大きな展開の変化はなかったので、まるまる一冊ならもっと怒涛の展開がみたい!て方にはやや薄味に感じるかも知れません。
最初は牽制しあっていたのに、だんだん好きになっていく、という流れが自然な王道作品だと思いました。
こういうのは、べたながら何冊読んでも飽きないと思います。
絵が綺続き麗で、攻めがかっこよく、受けがかわいらしく描かれていたのもよかったな、と思います。

0

性癖どストライク

絵も攻めと受けのビジュアルも私の好みでした。
特に攻めが私の性癖どストライクです!シャツ+ベストが大好きな私には最高の攻めでした♡
受けも可愛くて、健気で年上の人から見たら堪らないと思います!
甘々好きにはおすすめです!
この作家さんのこれからの作品も楽しみです。

0

王道です。

ぼすこ先生の絵が好きです。
受がちょっとかわいすぎる感じはありますが(笑)攻はオトコ前だし!線の細さも私的には好みです。

佑也(受)はアパートが全焼したため、友人の家に居候させてもらうことになったのですが、実は友人のお兄さん(攻)も海外から戻ってきてしまって、ひとつ屋根の下で暮らすことになります。
このお兄さん(正木兄)、かなりの俺様(笑)なんですが、一緒に暮らすうちに佑也のかわいさにメロメロになっちゃうって話です。

佑也の大学の准教授である正木兄は、アルバイトとして自分の仕事の手伝いを佑也に提案します。
1つは「俺の研究を手伝うこと」、もう1つは「俺と寝ること」

どんな仕事なんだ!と思ったのは私だけじゃないと思うのですが...(笑)
正木兄にもいろいろトラウマ的なことがあって、眠ることができないんです。
でも佑也のそばだと眠ることができちゃう。
はい、王道ですね!
でもいいですね、この甘甘な感じ。

そしてそんな佑也も、自分の前でだけ甘えてくる正木兄が好きになるんですよね。
もちろん、そうきますよね〜

でも、甘えてばかりではダメだと思って、続き引っ越しを考えた佑也とちょっとした気持ちのすれ違いがありますが、離れてしまうとなったことで、素直に「お前が好きだ」と正木兄が抱きしめる...
あぁ、やっぱり王道!でもそういうの好き!

なしくずしに、エロエロします。
ちょっと受の顔がくずれちゃうとこはありますが、まぁ、ご愛嬌です。
何度も言いますが、王道です(笑)

私は王道が好きなので(痛いとかツライとかは悲しくなるので...)、あぁ〜幸せそうでよかった♡って感じですが、フラットなお話がお好きでない方には物足りないかもです。

2

手の早い准教授×真面目な大学生

帯に「夜の雇用関係」なんて書いてあるからドキドキしながら読みましたが、そこまで怪しくないです。
むしろ、過去のことがトラウマで熟睡できない准教授が佑也を抱き枕がわりにしてすやすや眠るとかちょっとキュンときます。
そして、佑也が単に女の子っぽい可愛さじゃなくて、真面目で努力家の大学生というのに惹かれていくのもいいですね。
痛い目にあった過去がある割りに手が早い准教授ですが拗ねたり、焼きもちを妬いたり、立場の割りに子供っぽいところも、なんか自然体で好感が持てました。

単巻で終わってしまったので、弟にバレるとか、職場でバレるとかまで描かれてなくて、できればもっと続きが読みたいなと思いました。

0

違和感を感じる

絵が綺麗で好みなもんでつい手に取ってしまうんですよ。
前作でおや?と、思っていたのに…やっぱり絵に惹かれ~。

いつも眠れない司が、佑也といると眠気が襲ってきてよく眠れる様になる設定。
最初はそれが生きていていいなぁと思ったのだけど、題名にするくらいだからもう少し『羊』としての仕事を繰り返してゆっくり進展して欲しかったな~。
そのためにはいらない話が多かった様に思います。
同じ家の中にいる佑也の友達(司の弟)の部屋に泊めて~と司を避ける佑也の行動は大袈裟に感じるし、
それに対して弟が、顔を赤くしながら「これからもここで寝れば?」って言うのも
同じ家の中にいるのに司が「返してもらいにきた!!」とかいって弟と喧嘩になる所とか
弟は当て馬???と、思いきやまた第三の男がでてくるし。いらん設定が多かった気がする。
司が「歩み寄ったつもりだったし、もっと頼りにされてるもんだと思ってた」と佑也にいうと、佑也は間髪あけず「なんで今まで気がつかなかったんだろう…」と色々気がつけちゃうのとか突然すぎる気がするし、
何かと話の繋がりが強引で作者の言いたいことを汲み取りながら読まねばい続きけない感じだったので、読んでいて疲れました…。
何も考えず描いてあることだけを楽しめば良いのだろうけど、私には違和感を感じてしまい楽しみきれなかったです。

1

後ろからギュッは確かに萌える。

アパートが全焼してしまった佑也は友人の家にお世話になることに。
しかし友人の家の家主は友人の兄で、居候の見返りにあるアルバイトを提示されます。
それは、『一緒に寝ること』。

羊ってそういうことね。
寝付けない体質の司はなぜか佑也のそばならすんなり眠れるわけで。
安眠のために添い寝ですか。
そりゃ緊張するよね、佑也くん。笑
いじめっ子体質の司さん、ちょー楽しそう。いじりやすいもんね、佑也くん。

相変わらずの絵の綺麗さにため息。
受けのトロ顔も可愛くて可愛くて。
帯にあったように、背後から抱きしめることが多い司さん。
おさまりがいいのでしょう(笑)
ハジメテこそ正面でしたが、番外編はガッツリ後ろからでした。

始終ほのぼのとしていて、可愛らしいお話でした。

0

きれいな絵です

主人公の佐原佑也は、顎のほっそりした今風のかわい子ちゃん。
対する準教授の正木司もしゅっとしたイケメン。
そんな見目麗しい二人と司の弟の三人暮らし。
キャラはずっとちゃんときれいだし、背景の過不足も破綻もないし、お話の緩急も、ちょっとしたギャグっぽさもすごく適切。
それでいて、設定の極端さや、司の弟の恵吾扱いがぞんざいだったり、エドの出現も、なんだかこれって、テレビドラマっぽく感じる。
今まで、コミック読んでいて映画っぽいとか、小説っぽいって感じたことはあったけど、テレビドラマっぽいって感じた事ってあんまりないなぁ。
なんか、上手く説明できないけど、っぽいのよ。

0

綺麗な絵!!!

高崎先生の作品はまだコミックス作品が少ないのが残念ですが、とてもきれいな絵で、とりわけ攻め様が見目麗しく格好良いので気に入っています。

今作は、コメディーテイストもあり、安心して楽しめる作品でした。

「俺と寝ること。」というのも、最初からネタバレのお約束な感じではあるのですが、何もせずただ一緒に寝るっていうシチュエーションは見た目もドキドキで良いですね~。私は好きです。この感じ。
あと、受け様の家着がなんともかわいいです。(男の子だけど・・・)

ようやく本当に体が結ばれる前の、攻め様のヘタレ具合とかも、見た目が格好良い分嬉しいギャップ萌えです。(格好良くて高スペックだけど残念・・・な攻め様が大好き!!)

絵にうっとりしつつ、安心なラブストーリーを楽しめました。

0

どうにも印象に残らない

うーん…。
この方の作品は毎回ですが印象に残りません。
辛口ですがキャラもたっていないし、起承転結もいまいち…。
表紙や小説の挿し絵とかは綺麗で印象的なのに、漫画の内容がとにかく残念です。
どなたかの原作をコミカライズなどした方がいいのかも?と思います。

1

可愛いけど、なんか普通…

高崎ぼすこさんの1st コミック「いとしい、ということ」の、
色気を纏った綺麗な絵がとても印象的で、
早く2冊目コミックが読みたいよーーーと思って思って思って、
流れた月日は約2年半。
挿絵ではよく名前をお見かけしたけれど、
なかなかコミックは出てくれなくて首を長ーーくして待ってました。

で、待ってる間に期待値をあげすぎたのか、
コチラの本、買ってすぐワクワクしながら読んでみると、
お話は可愛らしいし、やっぱり絵はキレイなんだけど、なんか普通…。
時間をおいて落ち着いてから読み直したら好きになるかも、
そう思って1ヶ月以上寝かせてみたけど、う~~ん…

Sっぽい黒髪の准教授(攻め・表紙左)は文句なしにカッコイイし、
受け(表紙右)が見ためホンワカで可愛いけど、ちゃんと男の子だったり、
頑張り屋さんなところは好感が持てました。
特に好きだったところは、
攻めが首を傾げながら「好きって、いってくんないの?」と、
受けを後ろから抱きながら聞くシーン、受けと一緒にドキッとなりました☆

なんだけど、
残念ながら絵もストーリーも、
グッと引き込まれる続き!ってほどにはならず…で、読み終えてしまいました。
反対に、
最初の夜に受けがソファーに寝てた時、
攻めが覆いかぶさるように抱きしめて一緒に寝て、
受けが「あったかくて安心する…」と目覚めるシーンも、
いやいや、こんなんされたら普通、狭くて重くて苦しくない!?とか、
毎日、攻めが安眠のためにと受けと同じベッドで寝るのを、
攻めの弟で受けの友人の恵吾くんは一緒にいてなんとも思わないの?
とか、細かな事が気になってしまう始末…

すべては期待し過ぎゆえの、わたしの捻くれなんだろうか……涙

来週出る新刊は、もうちょっとフラットな気持ちで読もう…と反省です。
でもやっぱり、ポップでコミカルな感じより、
切ない系の方がぼすこさんはお似合いだと思うんだけどな、
嗚呼、綺麗すぎる~~と絵の美しさにうっとりして引き込まれながら、
切ないお話も読みたいなぁ!

3

作家さん買い

小説のイラストで気になっていた高崎ぼすこ先生の作品初読みです!
画が好きだったので漫画になるとどうなるのかな??と

話の内容からしてそうなのかもしれませんが
けっこう急展開といいますかスピード感がある作品に思えました
小説だと真面目なシーンとかエッチの一コマしか見れなかったのですが
漫画の作品だとこんな表情描かれるのか~
エッチシーンこんなのか~とワクワクしながら読ませていただきました

個人的には攻め様がやっぱり好きでしたが、
その弟が気になるしあて馬君も気になるし
魅力的なキャラ満載でした!

あのツンツンしてた攻め様の後半の出来あうぶりはちょっと笑えましたw

3

かわい~!

眠れない時の睡眠導入剤といえば羊ですよね、っていう意味でいいのかな?とにかく可愛かったです!


不幸体質の大学生、祐也はアパートが全焼して友人宅に居候することに。でも居候先の家主は友人の兄、司だった、というストーリー。

タイトルは、司の人間不信から来る睡眠不足を祐也が解消したとこから来てます。ずっと眠れなかったのに、祐也がそばにいると眠くなり、いつの間にか眠れる。そして少しずつ司にとって祐也は離したくない存在になり、一方で祐也も、一見意地悪だけど自分の事を理解し思いやってくれる司に惹かれていきます。

邪魔者の出現や祐也の自分を押さえ込む性格から、ハラハラするようなシーンはありますがハッピーエンド。祐也はすごく可愛いし、しっかりリードする司はさすが年上。
Hまでの過程もゆっくりで、抱かれる選択を祐也にさせるシーンは悶えました、こういうの好きです。


この二人には、すごくおたがいへのおもいやりを感じました、

4

カバー下まで…

店頭で手に取って、絵と俺様風の攻めがとても好みでしたので即購入しました。
内容もかわいくてかわいくて何度も読みました。
攻め様の弟くんも、なにやらかっこいい感じでとても気になっていたのですがカバー下をみて納得、もし次があるのなら弟くんのアレコレもみてみたいです!
高崎先生の作品は挿絵でしか拝見したことがなかったのですが、この作品を読んですっかりファンになってしまいました!表紙、内容、カバー下、全てが楽しめる作品でした。是非次をお願いします!

4

可愛いきゅんをありがとう

准教授x学生のラブコメ。

前作が良かったので今回の新刊もポチってみた。
絵がすごくすっきり受けは可愛く攻めはかっこよく文句無し!

お話はアパートが家事で住む所がなくなった受けを同級生が家に泊めてくれることに。そこには同級生の兄がいて。。。
その兄と恋仲になるんだけど、1冊にうまく収めていて、読みやすく可愛くてキュンって来た!

絡みも可愛くそれでも少し激しくって感じで満足。

やはり年の差、少しSな年上攻めっていい!
受けも健気に必死にがんばろうとする姿が可愛い。

この漫画家さん好き。

4

ぼすこさんの

絵がすきなんです

可愛くて甘いお話でした☆

1

癒され羊ちゃん(・ェ・@

ニヒルっぽい雰囲気漂うイケメン准教授の司×癒しオーラぽやぽや可愛い大学生佑也の一つ屋根の下ラブリーロマンスストーリー☆・*:゜
大人の男らしさあってすごく格好いいのに甘えたがりのツンデレ司にキュンキュン。
佑也が一緒じゃないと寝れないとか可愛いすぎです。
それでいて包容力もあるんですから堪りせんっ‼
司の為にいろいろ頑張る佑也もイチイチすっごい可愛いのですよ。
まさにタイトルにある羊ちゃんにぴったりξ*・ェ・*ξ♥ こりゃ~年上組はコロッといっちゃうのも無理ないです (* ´ ェ `*)
二人の年の差ラブラブに激しく萌え悶えさせていただきました☆
お互いのファーストインプレッションが悪かったからこそ余計に萌えます。
エッチシーンも可愛くてすっかり癒されちゃいました♪・*:゜
表紙も裏表紙もラブリー☆ 彼Tで目一杯隠そうとしてる佑也がまた可愛いのです。
可愛いお話で癒されたいときにまた読みたいですね。

4

羊ってそういう意味だったのね

アパートが火事で全焼、友人の家に居候することになった大学生佑也。
その居候先の友人の兄の司は所属ゼミの指導員で・・・
その司から頼まれたバイトが、司と寝ることで。

過去に裏切られたことがトラウマとなり、夜ぐっすりと眠れない司。
そんな司がなぜか佑也の隣だとよく眠ることができて・・・
一緒に寝るとよく眠れる・・だから羊。なるほどね。

不運なことがあっても頑張ってる佑也は、
司の意外な一面を見るたび惹かれて行き
ツンデレな司にいつのまにか振り回されていて・・
途中から司をアメリカの自分の会社に引き抜こうとするエドワードに
邪魔されるけど、やっぱり司の愛は深かった。
火事の後なんとなくずるずると居候していた佑也だけど
いつかは出て行かなくては・・と思いエドワードに言われるまま
アパート探しを始めたけど・・

いつまでもうじうじしていた二人だったけど
結局司が切り出して、お互いの気持ちをぶつけ合った二人。
この時の司、かなりカッコ良かったです。
佑也が大学生なのに対し、司は教授だから当然司の方が大人で
ぐいぐい引っ張る感じの攻め方は男らしくていいの続き
羊(佑也)の隣でぐっすり眠る狼(司)なのにその姿は無防備でたまらないです。
普段はかなりS入ってる司が突然優しくなる時があって、
佑也でなくてもこう飴と鞭的な対応されたら好きになりますとも。
Hもちょっと強引なくらいで佑也にはちょうどいいのかも・・
司はSっぽいけど、やっぱり優しいHをすると思います。

司の弟、佑也の友人恵吾もかなりイイ男なのに
出番が少なくて可哀そうでした。
次回はぜひぜひ弟くんのお話も描いてくださいね。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ