千夜一矢 二重螺旋(10)

niju rasen

千夜一矢 二重螺旋(10)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
56
評価数
15件
平均
3.9 / 5
神率
46.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥570(税抜)  ¥616(税込)
ISBN
9784199008016

あらすじ

記憶喪失になって、自分との恋どころか存在そのものを慶輔に忘れられてしまった愛人の真山千里。
けれど、どうしても慶輔を諦めきれない千里は、ストーカーのように慶輔を付けまわし始める──。
一方、文化祭に来て以来、ますます尚人との仲を深める従弟の零に、雅紀は内心の苛立ちを募らせていき…!?

表題作千夜一矢 二重螺旋(10)

篠宮雅紀 長男でカリスマモデルMASAKI 23歳
篠宮尚人 次男で進学校2年生 17歳

評価・レビューする

レビュー投稿数3

思ってもみなかった結末

長く続いてた父親問題。 あっ、そういうフェイドアウトの仕方するんですか!とちょっとビックリ! 今更ですがこのダラダラ続くストーリーからどう進展していくのか待ち望んでいましたが、まさかこんなにもあっけなく父親を殺してしまう展開になるとは思ってもみませんでした(それもあの女と一緒に)。 だけどこれで次に進むと思っていても今度は妹関係と瑛と零か…とこれから先ウザさは続くわけで…。   最初から普通のストーリーとは違うと思いながら読み始めましたがここまでウザいことばかりが続くとテンション下がります。 ま~ちゃん×尚の甘々がもっと沢山読みたかったなぁ。 そのうちこの2人の関係もバレてまたドロドロとかになるのかなぁ。 とにかく先が見えないのがツライし、もう女キャラのウザさはいらないですよ。

0

視界のゴミ!?

もう10巻までまいりました。
多分題名の二重螺旋はDNAの事を指しているのだとは思うのですが
毎度おこる出来事も人間関係も複雑で二重螺旋のようだとは思うのですが
二重螺旋どころか何重にも絡み合って自分にはその絡まりが複雑に入り組んでほどくのにやっかいになっているんじゃ?とさえ思うのではありましたが、今回一応の一つの事柄については決着がついたといえるのかもしれないです。
だけど、毎回毎回、篠宮兄弟に関連する人々の心や考えや行動が何か次の複線になるのでは?と目が離せないのもこのシリーズの特徴です。
巻が進むにつれてまーちゃんと尚のエッチシーンは減り、LOVEより人間模様に比重が移りはしていますが、まーちゃんの尚への執着度合は深くなっていくような?
むしろ、尚に変化が出てきたような?
作者さま、毎度毎度書いている気がいたしますが、一体このシリーズはどこにゴールがあるのでしょうか?
もしや、目指せ!20巻なのでは?と恐れおののいております(汗)

以下、ネタばれ含みます

篠宮家、崩壊の原因となった父親がなんと!亡くなりました。
愛人だった千里が、自分を忘れ去られてし続きまった事にショックを受けてちと壊れてしまったようで、
彼らを焚き付けて食い物にしたマスコミが、彼らを殺してしまった事になったエゴの結末でした。
もう篠宮兄弟にとってはとっくに切り捨てていた人でしたから、葬儀に出る事もなく。
沙也加もにとっても苦痛のタネがいなくなってセイセイしたというところでしょうか。
その沙也加ですが、留学費用欲しさにオーディションを受けておりましたが、優勝はできず。
しかし、MASAKIが尊敬する先輩加々美の所属する事務所が彼女に声をかけたのです。
この事は、沙也加の兄への執着の脱却となるのか?はたまた兄弟の禁断を暴く布石になるのか、とても気になるところです!

今回、おや?と思ったのは、過去のいろいろな兄弟を取り巻く事件がありましたが、一見繊細で弱そうで人がいいように見える尚は、突き放すような彼なりのエゴというか冷たい部分をもっているという面も見せてきましたが、今回もそんな父の死を含めてそんな面が多かったような。
それでも彼は純粋で無垢に回りから見えるという~ひょっとして尚って一番複雑な人間なのかも?って思ったりするのです。
他に注目する点は、いとこの零に叔父も参加する書道展に誘われて一緒に行くのですが、まーちゃんに許可をとってからではなく、事後という点も”おや?”と思える点だったような。
尚も変わっていっているのでしょうか?

さて、今巻はさほど事件というものもなく穏やかに進行していったとは思うのですが、再びの嵐の前の静けさでしょうか?
評価としては、あまりヤマはないのですがその次の展開への期待を込めてというところでしょう。

6

萌えは薄いが、内容は濃い。

しかし、今までが激動すぎて感覚が麻痺してしまったのか話的にはかなり大きく動いてるはずなのに、あまり心は動きませんでした。
理由は、雅紀にも尚人にも祐太にとっても既に過去の事になってて、三人の心にも響かない出来事だったからだと思いました。
しかし、どうでもよい出来事でもなく物語の中ではひとつの区切りみたいなもので、これからの話の方向が変わってくる分岐点だと思いました。
ただ、BLとしては物足りないので気持ち的には中立ですが話として評価して萌です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ