閃光パラドクス

senkou paradox

閃光パラドクス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
16
評価数
4件
平均
4 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥647(税抜)  ¥699(税込)
ISBN
9784758074285

あらすじ

名家の出の椿野と花街で育った喜志は、幼い頃からの親しい友人同士。ある日、喜志の元にドイツへ留学中の椿野から荷物が届く。中に入っていたのは実験用の骸骨模型一式。それが突然動き出したかと思えば椿野の声で話し始めて――!?

表題作閃光パラドクス

椿野貴嗣、大学生
喜志、大学生

その他の収録作品

  • 夏益々

評価・レビューする

レビュー投稿数1

骸骨に萌えました

1冊丸々、一つのお話です。初読み作家さんだったけど、ストーリーも面白かったし、初めての骸骨攻めも萌えたし、好きなフンドシ姿も見れて満足です。時代が昭和以前(?)で、情緒あふれる雰囲気が感じられたのも良かったです。

お話は、幼馴染みの喜志にずっと片思いしていた椿野が命の危機に、喜志に送った骸骨に入って、今まで言えなかった想いを伝えに現れる…という感じです。

このお話で切ないのが、喜志が幽霊を信じないために、喜志にはいつまでたっても椿野の姿が骸骨にしか見えないことです。他の人にはちゃんと椿野の姿が見えてるのが、不憫になります。
それでも、骸骨で愛を伝える姿や嫉妬する様子、迫る様子に愛情があふれててキュンキュンします。
一方の喜志も、一途に愛情をぶつけてくる椿野のことが愛しくなってきます。
でも、やっと心が通ったと思ったら、椿野は突然いなくなります。
椿野の身に何かあったのかと不安になったけど、最後は助かって、安心のハッピーエンドでした。
そして、生身の椿野に再会して、嬉しそうな喜志に胸がいっぱいになりました。
描き下ろしでは、椿野がいないと眠れなくなってる喜志が可愛続きくて、すっかり椿野にメロメロになってる様子が嬉しくてニヤニヤします。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ