気まぐれと甘噛み

kimagure to amagami

気まぐれと甘噛み
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×214
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
102
評価数
27件
平均
3.8 / 5
神率
18.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥647(税抜)  ¥699(税込)
ISBN
9784758074254

あらすじ

メンズファッション誌『TAG』の専属モデル・三池陸は、雑誌イチの人気を誇るも、その態度は不真面目で楽観的。
そんな行いが祟ったのか、ある日、仕事に穴をあけてしまった。
『TAG』の副編集長・橋本郁巳の冷静な対応で事なきを得た三池は、自分を見放さずにいた郁巳に興味を持つ。
滅多に崩れることのない顔、他人との間に引かれたライン、近づくと赤く染まる肌の意味は――。

表題作[気まぐれと甘噛み]のほか、二人っきりの部室で始まる青い恋[いちについて]、リーマン×クリーニング屋の駆け引きラブ[夜とうらはら]を収録。

表題作気まぐれと甘噛み

三池陸 モデル
橋本郁巳 編集者

同時収録作品いちについて

同時収録作品夜とうらはら

その他の収録作品

  • 横顔と爪あと(表題作描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

恋の距離感が知りたくて…

■プロローグ
初めは、ただの好奇心だけだったのに…
1年半前の夏の日、街頭で雑誌のモデルにスカウトされた三池 陸(みいけ りく)。
撮影の度に遅刻気味だった陸はある日、自身の勘違いから撮影時間に1時間も遅刻してしまう。
陸は、スカウトされた当時から仲良くしていた雑誌の副編集長である橋本 郁巳(はしもと いくみ)に謝りに行く。
郁巳は遅刻の事を咎めなかったが、些細な出来事をきっかけに郁巳に避けられるようになってしまう。
必要以上に距離を置く仕草を見せる郁巳の事を意識するようになってしまった陸は…!?

■感想
本作は「気まぐれと甘噛み」以外に「いちについて」「夜とうらはら」「横顔と爪あと」のショートストーリーを収録した一冊です。
春田さんの「キレイ系」なタッチで描かれる美少年たち、シンプルでいて繊細に書き込まれた背景の描写には、思わずため息が漏れます。
シリアスな場面と、思わずクスっとしてしまう場面の描き分けもメリハリがハッキリしていて、とても読みやすく感じました。
キャラクターの心情を大切にしたストーリー構成も、心にグッと来るものがありました。
ストーリー・キ続きャラクター性・演出効果など、どれを取っても素晴らしかったため、評価を「萌x2」とさせて頂きます。

1

真っ赤なお顔

はあぁぁぁぁ。どきどきしました!
はじめての作家さんだったのですが、絵が好みだったので購入しました。
ファッション業界の題材ってこともあるのですが、服や髪型や顔など、いまどきの若者って感じがあってすごくかっこいいです。
表題作「気まぐれと甘噛み」が一冊の八割ほどを占めていて、その主人公のくみちゃんは恋愛対象が男であるゆえに人が苦手になった”対人恐怖症”というお話で、自分のパーソナルスペースに近づかれたり、人に触れられたりすると冷や汗が出て顔がぶわっと赤くなります。
自分はあまり女の子っぽい顔やかわいさがある受けが好きではなくて、顔が赤くなるのも好きではないのですが、このくみちゃんは全然嫌気がなくドキッときました。
33歳ということもあり、普段は仕事のできる淡々として大人びたクールな感じなのですが、にこっと笑うとやさしくて、気になって、近づいてしまいどんどん惹かれていくミケの気持ちがすごくわかります。
帯で「待てのできない、わがままな恋。 好奇心で、触らないで。」とあり、くみちゃんのいいから離れなさいが、いい!
その他登場人物も魅力的で庄司と佐伯辺りの今後が気になるところで続きもあります。
表題作他のお話もぎゅっと甘酸っぱさが詰まっていまる。

今後の作品が気になる作家さんになりました。
!是非!



2

触れられるのがうれしいなんて

春田さんの2ndコミックス!
今作は、表題作の中編と短編2編、描き下ろしが収録されていて、
前作よりもBL色が濃くなっている上で
持ち前のスタイリッシュさは失われておらず、
読み手には嬉しい一冊となっております。

○気まぐれと甘噛み
人気モデルのミケくん(攻め)と、
彼を見出したファッション誌副編集長くみちゃん(受け)の
正反対の性格のふたりが惹かれ合う恋の物語。

ミケくんは人との距離感が近く、好奇心旺盛のやんちゃな男の子。
若さゆえの不真面目ささえ、彼の愛嬌から許されることも少なくない。
そんな彼を叱咤しながらも、モデルとして大切に育てているのが
クールな編集者のくみちゃん。
不意に触れたとき、真っ赤になったくみちゃんの姿に
好奇心を持ったミケくんは、すぐにこれが恋だと気づき告白するけど、
くみちゃんの返事は―

人とコミュニケーションを取るのは嫌いじゃないけれど
パーソナルスペースが広いというくみちゃんのことを、
はじめは面白可愛いと思って読んでいたのですが
そこに隠れていた、くみちゃんの本音がわかると
俄然物語に深みが増したように続き思いました。

辛い過去の恋、これまで本当の自分を隠してきたこと、
だからこそ募るミケくんへの想い―
交錯した末に本当のことを口にしたくみちゃんが
愛しくてたまりませんでした。

前作では見られなかったベッドシーンも
今回はちゃんと用意されていて、
それもどこか瑞々しさが感じられ、とても魅力的でした。

ラストのミケくんのモノローグと、くみちゃんの忘れ物の描写には
ふわっと甘噛みされたような心地になりました。

○いちについて
勇気がなくて伝えられなかったけれど
偶然両想いだということが分かり
じゃんけんで好きな人を告白する賭けに出るという
可愛い部活男子(陸上部)の話。
最後、賭けではなく、きちんと位置についた彼らが
初々しくて素敵でした。(春田さんは男子高生もイケるという発見♡)

○夜とうらはら
クリーニング屋さんとお店の通い客さんの話。
大人の甘い罠、駆け引き、巧いなあ。
こちらも面白かったです!

前作よりぐんとBL色も強まり
ますます期待できる作家さんへと邁進されている春田さん。
次回作もとても楽しみなのですが、
描き下ろしの庄司くんと佐伯くん(ミケくんのモデル仲間)のお話、
期待して待っていて良いですよね?!(切望!)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ