嫁に来ないか~和菓子屋の嫁~

yomenikonaika wagashiya no yome

嫁に来ないか~和菓子屋の嫁~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
31
評価数
10件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥639(税抜)  ¥690(税込)
ISBN
9784796407311

あらすじ

和菓子屋を営む和彰の元に、ある日突然日本人とフランス人のハーフ・ルカが訪ねてきた。ルカは以前、和彰の笑顔に一目ぼれしたらしく開口一番「僕と付き合って!」と衝撃の告白が!
いやいや、俺はいずれ嫁さんを貰って一緒に店をやっていくつもりなんだよ!…と和彰が告げるも「じゃあ僕がお嫁さんになってお店も一緒に頑張るよ!」と言い、あれよあれよと住み込みで働くことに…。
更に夜には布団を隣に敷かれて、これってまさかの貞操の危機!?

表題作嫁に来ないか~和菓子屋の嫁~

千住琉海、父親が日本人で母親がフランス人のハーフ
和彰、和菓子屋の息子

同時収録作品ブラをキュッとね♥

小式山、部下
矢部、部長

同時収録作品たちあがれイッポン!

櫻井操、女の子だと思われている
一浩、サラリーマン

同時収録作品仲がいいにもほどがある!

忠野、相方が好き
紙屋、お笑いコンビの相方

同時収録作品見ちゃダメ♥

桜井、バイト先の客
浜野衛、カフェ店員

同時収録作品やる気にさせます!

朋美、大学生
博、大学生

その他の収録作品

  • 花嫁のパパVS(?)花婿の父

評価・レビューする

レビュー投稿数2

卓越した御都合主義を求めて

そんな上手いことあるかぁ!な強引な話合わせのこじつけは大抵の場合、大失敗に着陸するはずですが、こと新也さんに関してだけはそれを待ち望んでいる感じがあります。
なぜならそれを自分で書きながらわかって、それでも突っ込みながらギャグにしていく力強さがあるからです。

そういう意味で言うと、この本はやや普通にいいお話だったでしょうか。もちろん突っ込みどころは一杯ありますが、受けが180度腰をひねって叫び出すほどでは、ない。

そう考えると初読みに優しく、つっこみながら読みたい人には中毒性が薄いかも?

2

今回も男前な攻嫁に萌えます

まさか出るとは思わなかった『攻嫁シリーズ』の第4弾です。
相変わらず、男前な攻嫁に萌えます。ただ、表題作が短くて笑えるところが少なかったのが残念です。でも、他の短編では、その分笑わせてもらいました♪

『和菓子屋の嫁』
今回の嫁は、8年前に、和彰の笑顔に一目惚れした外国人のルカです。他の作品同様、働き者で健気な嫁で、夫がどんどんほだされていきます。そして、特に障害もなく結ばれて、隠していた父親にバレてもアッサリと解決します。
ところどころ笑えるところはあったけど、全作までの作品に比べたら物足りない感じがしました。

『ブラをギュッとね』
仕事がデキる上司の秘密はブラにあった!?というお話です。
そして、大事なプレゼンの日に、イヤイヤながら部下も、上司にもらったブラをしたらその快感が忘れられず…。
いい年をしたサラリーマン2人のブラ姿がシュールで萌えます。

『たちあがれイッポン!』
ずっと彼女だと思っていた相手は実は男で…!?
でも、好きなのは中身だ!と男らしく抱こうとします。だけど、自分の分身は勃ってくれなくて…。題名は、この分身のことです(笑)
結局は続き、攻められると勃ち上がって受けポジションが決定した、可哀想なお話でした(笑)

『仲がいいにもほどがある!』
お笑いコンビを組んでる2人が、「仲良しコンビ王座決定選」に出場したお話です。
この2人の、相方への強すぎる愛情が笑えます。クイズの中身もバカバカしいけど、誰も敵わない結末にアッパレ!です。

『見ちゃダメ』
大好きな相手とエッチをしていると、なぜか聞こえる第三者の喘ぎ声。しまいには、誰もいない方向から精液が飛んできて!?
実は、恋人の双子の兄弟が見ていて、そこから3Pに…。
大好きな相手が2倍になったと、喜んでるのがほほえましくて笑えます。

『やる気にさせます!』
付き合いだして月日が経ったのに、手を出してこない恋人。どれだけ誘ってもはぐらかされて…。
問い詰めると、その理由は、我慢を重ねていたら快感に変わったから…でした。もう我慢できないと襲えば、今度は、イキタイのを我慢したら快感になって…と。
自分だけ何回もイッてしまう受けの、辛抱堪らない夜がおかしかったです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ