過敏症―魚住くんシリーズ 4

kabinshou

過敏症―魚住くんシリーズ 4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
55
評価数
13件
平均
4.3 / 5
神率
61.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
成美堂出版
シリーズ
クリスタル文庫(小説・成美堂出版)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784415088174

あらすじ

ひととき心を通わせた少女・さちの喪失の痛みから回復しつつある魚住。
ある朝彼は微妙な関係を保っていた久留米に突然キスをされ、その意味を図りかねて大混乱。
しかもそれを相談した相手が魚住に一目惚れした男だったから久留米は大慌て!ついに一線を越えちゃった魚住と久留米の人気シリーズ第4弾。

表題作過敏症―魚住くんシリーズ 4

久留米充 サラリーマン
魚住真澄 大学院生

その他の収録作品

  • マスカラの距離
  • スネイル・ラヴ

評価・レビューする

レビュー投稿数3

シリーズ中一番ラブを感じる一冊。

魚住を想う他人の存在を目の当たりにするまで
魚住に触っても気持ちは整理出来ないままでいた
久留米がやっとこさ自覚する。
マリ、サリーム、響子がいる中で
すごく切羽詰まってる久留米は
ものすごくかわいいです…。
シリーズ中、一番BL色の強い巻だと思います。

4巻目にしてやっと、なんですが
3巻目までに、恋愛以外に本当に色々な事があるので
個人的にはものすごく焦らされた感は
ありませんでした。
でも、ちゃんと体を重ねた時は嬉しかったなぁ…。
他BLマンガとかでは、かわいくて初々しいCPに
「見守り萌え」的感情を
抱いたりすることがあるけれど、
このふたりはなんだか、
心から「よかったね…」と思うような感じというか。
マリやサリームや響子が思ってるようなのと
似てる感情なのかもしれない。


また、NLカテゴライズになるのか。
マリと2巻目で登場した女装少年馨の話も収録。
BLにおける女性の存在が地雷だと言う人も
これは大丈夫なんじゃないかと思った位でした。
今迄描かれてきたマリの魅力があるから、
というところは大きいのだろうけれど、
続き
普通の(BLではないという意味)短編小説として
すごく素敵だったと思います。
くっつかない、距離感と余韻。


過去のトラウマも描かれるけれども
打破していく魚住の強さを感じました。
1巻から思い起こすと、こんなにも感情を
表現できるようになっている魚住。
幸せを願わずにはいられない。
読みごたえもある一冊でした。

0

シリーズ中一番好きな巻

やっと結ばれる巻。
四巻ですよ、四巻。
一巻の時点で両思い確定してるのにですよ。
どんだけ焦らすんだよー!と思ってましたが、焦らされたぶん、結ばれたときにはものすごいカタルシスを感じました。
下手な引き伸ばしで焦らしてたわけじゃなく、しっかりしたストーリーを構築した上での焦らしなので、納得がいくのだ。

良かったね、魚住&久留米。
なんかもう、エッチに萌えるというより、結ばれたことそのものに感動して、濡れ場を読んでてもエロ気分なんてふっとんじゃって、目頭が熱くなってしまいましたよ。(それでいいのか、それでいいのです!)

0

やっと二人に幸せが♪

「魚住くんシリーズ」の4巻。
やっと二人はエッチします!
久留米にそれを決意させる事になった経緯もまた面白いです。
いろんな人に狙われている無防備な魚住くん。
それがまた彼の良いところなんだけど、魚住の貞操の危機に慌てた久留米の動向は、焦りに焦っていて、もう面白いくらいでした。
普段が割りとクールな彼なので、なりふり構わずセックスを迫る久留米は必見です。

ほんと、この作品に通して言えるのは、人間ドラマの面白さ満載って事です。
「マスカラの距離」では、マリちゃんと、2巻「月下のレヴェランス」に出てきた女装少年・馨との1週間が書かれています。
まさか、ここで馨がマリちゃんと絡んでくるとは思いもしませんでしたし、マリちゃんの過去も判明して驚きでした。

「スネイル・ラブ」で、殴る、という魚住くんの新たな一面を見せてくれました。

魚住くんを囲む人間関係。
でも一人一人にストーリーがあり、巧みに絡み合い、作品の中で見事に成長していく。
とても読み応えのあるシリーズです。

是非とも再版を望みます!

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ