何故そんなに震えているんですか?

任侠ヨーグルト

ninkyo yoghurt

任侠ヨーグルト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×214
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
81
評価数
21件
平均
3.9 / 5
神率
9.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マッグガーデン
シリーズ
uvuコミックス(ウブコミックス・マッグガーデン)
発売日
価格
¥618(税抜)  ¥667(税込)
ISBN
9784800004765

あらすじ

大学生のアタルは叔父に頼まれ、怪我をしたパートのおばさんに替わってヨーグルト販売員のバイトをする事に。
しかし担当地区にはあの筋のお屋敷があり…?ビビリまくるアタルに手を差し伸べたのは――。
インテリヤクザ(?)×ヨーグルト販売大学生の凸凹らぶ。

表題作任侠ヨーグルト

東,暴力団事務員
アタル,ヨーグルト配達員バイトの大学生

その他の収録作品

  • 描き下ろし

評価・レビューする

レビュー投稿数3

うまく裏切ってくる

『任侠ヨーグルト』でまるごと一冊(第4話まであり+描き下ろし)。
いいですねぇ、この表紙。ものすごく魅かれます。面白かった~!
第1話エンディング時点で、ある意味ドキドキ展開を予想させます。

表紙の、"あの筋のお屋敷"のメンツが登場人数もほどよく、各々キャラがはっきりしていて非常に入り込みやすい。痛怖い話も楽しくなっちゃう賑やかな彼らのおかげで、中身は八割方ほのぼのしているのだけれど、ここを訪れる主人公アタルの表情から、基本いつまでたってもガクガクした緊張感が抜けないのがよいです。

このお話、あくまで楽しいものなのですが、緊迫感のあるシーンとのギャップが見どころでもあり、どこか和みすぎてしまっていたなかにある、一瞬の痛いシーンが私にはものすごく痛々しく感じられました。思わず「いっ!」と言っていたかもしれない(笑)。でも安心できるなにかがある、不思議。それも作者の魅力なのでしょうか。

言葉って難しいですね。そして面白い。
発したひとことが、受け取る人によってまったく違うものになってしまう。勘違いとか、思い込みだと片づけてしまうこともできるけれど、そうではないことも続きある。受け取った人にしかわからない。ラストまで、読み手の裏の裏をかいてくるこの感じ、たまらなかったです。

しかし帯にもあったのですが...
東(あずま)のことが、もっともっと知りたいです!
よろしくお願いします(笑)。

ところで、作者の作品は私にとってこちらが初めてです。作家インタビューコーナーで見たときに読みたい!と手に取りました。気になりつつも読み逃していた他作品たちも、ぜひ読んでみようと思います。

4

アタルいいこかわいい

硬派メガネが惚れてしまうのもわかります。
ヤクザものは苦手なのであまり読まないのですが、表紙の東さんの見た目がとても好みなので買いました。
内容はほのぼのしていて、脇役のヤクザさんたちのキャラも面白くてとても読みやすかったです。
キスのみでエチシーンがなかったのが少し残念。えろい東さん見てみたい


0

あったかいんだから~♪

待ってました!
ヤクザとヨーグルトの宅配の不思議な組み合わせ
だけど、そこにあるのはあったかっくてほのぼのしておかしくて
ちょっぴり痛い場面もあるけれど、主人公が怪我するのが辛いけど
でも登場するキャラクターがすべて個性が光っていて、隅から隅までその役割を十分に果たし、声を出して思わず笑ってしまうこと、にやりにやりすること数知れず。
ホントに読後は「あったかいんだから」ですっ!

怪我をして休むことになったパートさんに代わって、叔父のヨーグルト販売店のバイトをすることになった大学生のアタル。
パートさんの訪問地図をもとに訪れると、そこはどう見ても・・・な門構えのお屋敷。
ビビりまくるアタルに声をかけたのは、そこの事務員だという東という男だった。

そこの組員たちが楽しいです!
ドジっ子で指が二本もない(!?)三鷹、のち解るがアシがとてつもなく早い一馬、甘いものが大好きな二熊さん(このキャラめっちゃ好き!)
アタルをうさん臭いと疑い最初拉致する組の息子”若”のセージはいつもクロスワードパズルをやってるんだけど、その理由がカバー下4コマ漫画で明らかに(笑)
運転続き手の千田の脇見運転は若が気になるから?
何かみんなどっかユニークでちょっと抜けてて、冒頭バーンって鬼瓦みたいな面々が東を出迎えたシーンとは全然違う面相で、とっても親しみあるキャラ。
組員たちは、ヨーグルトさんが来たって喜んでるんです。
そんなキャラクターがあるから、ちょっぴりつらいシーンも相殺してくれる。そんな効果があるんです。
まさに、任侠と題名にもってきただけあって、”一家”という雰囲気が出ていました。

アタルはまじめでまっすぐでとてもいい子なんですね。
最初ビビりまくって泣く姿も、なんかわかる~!って感じにかわいらしさもある。
東の優しい言葉を信用して、怖くても責務を果たそうとするところ、ホントいい子だぁ
何もないのに、取り巻く環境がヤクザだったために痛い目にあっちゃう。
でも、東を信頼して彼の優しさを信じて、だから強くあれるのかな。

東もその優しさは本物なのか、それとも腹黒いのか、ちょっぴり不思議な部分があります。
だけど、クライマックスからラストに向かって彼の本当がわかることとなるのです。
彼のメガネと眉をしかめた表情、感情が読めない感じがまた彼のキャラにぴったりの外見だと思われました。

アタルも東もとても誠実で真面目なんですね。
チラっと東のシビアな面も見ることができますが(それがアタルの災難につながる)

キスまではあってもエッチはありません。
なくて良かった。それでも十分に満足な1冊。

ラストで千田×セージもBL的にありうるか、などというボケをかます描きおろしまで、カバー下まで120%楽しめる満足な1冊。

11

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ