言ノ葉便り

kotonohadayori

言ノ葉便り
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神37
  • 萌×29
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

81

レビュー数
3
得点
224
評価数
47件
平均
4.8 / 5
神率
78.7%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
音楽
オンリード
脚本
鈴木昌子
原画・イラスト
三池ろむこ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Atis collection
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー公式通販・K-BOOKS系列店舗予約購入特典:砂原糖子先生かきおろし小冊子
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

余村と長谷部が付き合い始めて半年。
いくつかの季節を共に過ごし、二人の絆はますます深くなっていた。
ある日、長谷部の妹の果奈が自宅に恋人を連れてくることになり、
余村も同席を望まれる。
以前の恋人との破局に責任を感じていた余村は、
果奈の幸せを強く願いつつ家を訪ねた。
だが穏やかに終わった顔合わせのあと、
長谷部の部屋でキスしているところを果奈に見られてしまい……?

表題作 言ノ葉便り

長谷部修一 → 小野大輔

余村和明 → 神谷浩史

その他キャラ
長谷部果奈[武田華]/ 増岡[塾一久]/ 余村の母,店内アナ[岸本百恵]/ 森崎康平,会社員[鈴木拓也]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

色々惜しい!!

長谷部修一(小野大輔さん)×余村和明(神谷浩史さん)のリーマンものです。
いや~!!音声化されると本当にいいですね!!お二人とも本当に素晴らしかったです!!原作は既読でレビュー済みです。

原作を読んでいるので、動物園デートがない!とか思いましたが、それよりも最後の果奈の結婚式の話はやってほしかったです。ブックレットにはブーケを受け取るイラストがあったのに・・・。
これはマジで残念でした。そこ音声化してよ!!って思いましたね。

ブックレットといえば、小野さんと神谷さんのコメントの温度差に笑いましたね。

小野さん「心の声は聞けなくても、心の在り方は変わらない。そんなイイお話です。」

神谷さん「今回は心の声は聞こえないので普通の話です」

温度差激しすぎだろwwって思いましたね。
私はお二人のラジオでのやりとりを知っているので笑いましたが、純粋に原作ファンの方は神谷さんのコメントに対して批判的な考えの方がいるんじゃないかなぁ?って思いました。

お二人とも素晴らしかったですが、やっぱり色々と残念でしたね。

0

神だと期待しすぎると・・・

この作品って原作も前作CDもものすごい人気だったんですよね。私自身何度も読んでるし聞いているので暗記してるみたいに復唱できるんですけど(笑)
そういう立場だとちょっと物足りなかったですね。気づいたら、「終わってる!」ってなりました。原作も量が多いことは十分承知なのですが、2枚にしても全部入れてほしかったし、何らかの形でキャストトークもつけてほしかったので、そこを加味して評価いたしました。大好きな作品なので全部聞きたいし、キャストトークは特典でもよいのでほしかったです。
本編をつけて2枚組にしてキャストトークをチケット特典にしたらよかったのに、と思ってしまいましたね。前回からあれだけ年数が経過していますし、お二人とも続編以外のBLにはほとんど出演されない方なので貴重だと思うのですが・・・残念でした。
ただ内容は素晴らしいですね。心の声が聞こえるという突飛な要素がなくなってただの普通の恋愛なのですが、あれだけの困難を乗り越えた二人なのに距離ができていくシーンは切なかったです。この作品って長谷部修一いい男すぎるだろー!に帰結する部分が多いのですが、今回は余村さんがんばってる!ってなった続きので、あれから彼なりに成長したのだと思います。
BLなのにお母さんのように「よかったね」と思ってしまう不思議な作品です。

2

この原作で、このキャスト、当然神なんだけど、、、

元本が側にあったので、冒頭からしばらくCD聞きながら本を追ってみた。
コミックだと、けっこう元本を手元にCD聞くことはあるけど、小説ではあまりやった見たことがなかったな、と。
やってみると、相当いろいろ削りに削っていて、やっぱり小説だと、コミックよりずっとテキスト量が多いのね。

このCD、1枚の中で、ストーリーは充分しっかり作り込まれていて、このCDだけを聞く分には充分すぎるくらいいいんだけど、こうやって元本と見比べちゃったりすると、ここまで削らなくていいから、もう1編くらい小話を加えて2枚組にして、キャストトークも加えてくれたら良かったのにって思う。
あんまり詰め詰めで、ラストにもうちょっと余韻が欲しかったというか、キャストトークをお蔵入りにされちゃったのが残念なので、萌×2で。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ