リンクス 2015年7月号(雑誌著者等複数)

lynx

リンクス 2015年7月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
発売日
価格
¥750(税抜)  
ISBN

あらすじ

表紙は、人気の稲荷屋房之介。巻頭カラーはじゃのめ、パートカラーにはフジマコが登場!香坂透、丹下道、斑目ヒロ、千葉リョウコ他大人気連載陣も!

★コミックス発売記念インタビュー★
著者インタビュー&4コマを掲載!!
「友達だって言ったでしょ」(藍間千眞)
「見つめられないまま」(咲乃ユウヤ)
「恋するインテリジェンス2」(丹下道)
「天使は夜につくられる」(宮本佳野)
「リフレイン」(中田アキラ)
「ラブマッチ!」(山野でこ)

★新書ちょこ読みコーナー♪★
「ちいさな神様、恋をした」(朝霞月子 ill:カワイチハル)
「夜王の密婚」(剛しいら ill:亜樹良のりかず)
「Esperanza ―名もなき神の子―」(華藤えれな ill:雪舟薫)
「密約のディール」(英田サキ ill:円陣闇丸)
「お兄ちゃんの初体験」(石原ひな子 ill:北沢きょう)
「犬とロマンス」(中嶋ジロウ ill:麻生海)
「十年目のプロポーズ」(真先ゆみ ill:周防佑未)

★あの名作が文庫でふたたび!ルチル文庫Lちょこ読みコーナー♪★
「月と茉莉花~月に歩す~」(佐倉朱里 ill:雪舟薫)
「つたない欲」(きたざわ尋子 ill:金ひかる)

★漫画★
巻頭カラー新連載!
「曲がり角に、犬」じゃのめ
スペシャルショート
「逃げられないっ」香坂 透 原作:篠崎一夜
「キラキラ王子とオタク系男子」上田ナツ

「ナマイキ男子とたくらみ彼氏」楢崎ねねこ
「恋はナナイロ七変化!?」山野でこ
「インプリンティング」上川きち
「トモダチカンケイ」柚谷晴日
「アダルトアシスタント君。」倉橋蝶子
「悪魔にキスを」斑目ヒロ
「飛んで火に入る夏のネコ」フジマコ
「箱庭プレイ」霧壬ゆうや
「月下の双頭」九重シャム
「うちの猫につきまして」ハルコ
「にがくてあまい」咲乃ユウヤ
「背のびして君のとなり」音海ちさ
「こんな体に誰がした~オレと伯父さんの二人のヒミツ~」リオナ
「眠れる王子と召使」日高あすま
「Call me PAPA」丹下道
「いくじなしの恋」いさき李果
「吾輩は飼い猫である」蜂不二子
「ふつつか者の神ですが。」宝井さき
「酔い街ラブストーリー」千葉リョウコ
★小説★
リンクス新人大賞「奨励賞」受賞作品!
「窓辺で落ちる午睡の色」
戸田環紀 ill:雪路凹子

表題作リンクス 2015年7月号(雑誌著者等複数)

その他の収録作品

  • 「曲がり角に、犬」じゃのめ
  • 「逃げられないっ」香坂 透 原作:篠崎一夜
  • 「キラキラ王子とオタク系男子」上田ナツ
  • 「ナマイキ男子とたくらみ彼氏」楢崎ねねこ
  • 「恋はナナイロ七変化!?」山野でこ
  • 「インプリンティング」上川きち
  • 「トモダチカンケイ」柚谷晴日
  • 「アダルトアシスタント君。」倉橋蝶子
  • 「悪魔にキスを」斑目ヒロ
  • 「飛んで火に入る夏のネコ」フジマコ
  • 「箱庭プレイ」霧壬ゆうや
  • 「月下の双頭」九重シャム
  • 「うちの猫につきまして」ハルコ
  • 「にがくてあまい」咲乃ユウヤ
  • 「背のびして君のとなり」音海ちさ
  • 「こんな体に誰がした~オレと伯父さんの二人のヒミツ~」リオナ
  • 「眠れる王子と召使」日高あすま
  • 「Call me PAPA」丹下道
  • 「いくじなしの恋」いさき李果
  • 「吾輩は飼い猫である」蜂不二子 /他

評価・レビューする

レビュー投稿数1

円パパ降臨!

丹下道先生の『恋するインテリジェンス』の番外編及び、Go!Go!リンコレダッシュ!を読みたくて購入しました。

Call Me PAPA~官僚シリーズ:財務省番外編~
母親に続いて父親が亡くなり、若き志山氏の元に引き取られた円が、どのように志山パパとの絆を深めていったかの物語。
どんな事が有っても泣かなかった、チビ円の初めての号泣・・・その理由が分かった時の、志山パパの泣き顔に思わずこちらまでウルウルきてしまいました。
斜め上を行くギャグセンスと、壮大なエロシーン、そしてこれでもか!の文字の書き込みが丹下先生の持ち味かと思いますが、『恋するインテリジェンス』1巻の「シークレットラブレター」同様、切なくて胸が熱くなるような話運びをしつつ、しっかりキャラの魅力も出し切られていて、有りがたい限りです。

ただ、作画に関して少々いつもと雰囲気が違うのかな?と感じる事が有りました。作画手順を変えられたのかのもしれませんが、土門も円も顔がさっぱりしている。トーンとか目の瞼の皴(って言っちゃイケないですよね・・・)みたいのがこざっぱりしていて・・・。
私の目がおかしいのかもしれません続き。。。

Go! Go! リンコレダッシュ!
武笠×深津CPを書くことになったいきさつ→差形課長の方が、アンケートではリクエストが多かったのに、アンケート開始直後に届けられた、たった一通の武笠リクエストのおかげで、このCPが誕生した件など『恋するインテリジェンス』のファンなら必見です。
また、この中で「弱冠」という言葉についての丹下道先生の逡巡エピソードが有り、凄く言葉(というか単語)一つ一つを大切にされている作家さんなんだな、と感じました。

班目ヒロ 悪魔にキス
一連の悪魔シリーズに登場していた、成瀬風太の兄、雷太の登場です。
確か、悪魔シリーズの書き下ろしページで、容姿・能力共に非の打ち所がないのに『下手な鉄砲は撃たない』との理由から『童貞』だったはずの雷太。
今回、とうとう???と思いきや、まさかの視姦プレイ。
しかもそれがいつものルーティンであるかのように。
今後の展開が楽しみです。

霧壬ゆうや 箱庭プレイ
元いじめっ子×いじめられっ子の再会からの物語。
東堂が加々美をいじめていたのは、『好き』という気持ちの裏返しからだったようですが、そのせいで、加々美は他人との関わり方に距離をとるようになってしまった。
そんな加々美を何とかしようと、東堂がパンを焼いたり散歩に連れ出したり甲斐甲斐しく世話をします。
そんな生活の中で、加々美が現在の状態になってしまった原因を作り出したのが、自分であると改めて罪悪感に囚われる東堂。。。
二人が、どのように距離を縮めていくか、楽しみです。

稲荷家房之助先生の表紙、軍服萌えの発作が起きそうです。

3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ