友情を終えるということ

yujou to owaru to iukoto

友情を終えるということ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
久<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
40ページ
版型
A5

あらすじ

高校生同士のBLです。
坊っちゃん刈り優等生×チャラ男の友達から恋人になった話です。
※成人向けです。

表題作友情を終えるということ

青柳幸介,中学生→高校生,生徒会副会長
月島稜,中学生→高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

美しく危うい独占と支配

繊細で美しい画が魅力的なロッキーさんの今作は
高校の同級生モノのオリジナル同人誌作品です。

表紙からして、美しいです。
よく見ると、花の絵柄が表紙の男の子・幸介くんの
髪や首元、制服にうっすらと浮かんでいて、とてもきれい。

中学時代りょうくん(受け)が、ひとり教室で浮いていた
坊ちゃん刈りの黒縁眼鏡・幸介くん(攻め)に声を掛けたことで
友人関係を築いてきたふたり。
高校生になり、周りから注目を集める存在となった幸介くんが
生徒会副会長に選ばれた日、りょうくんは幸介くんに
『オレのモノになってください』と告白。
幸介くんは、ある『条件』付きでそれを受け入れたけれど―

あとがきによると、今作のテーマは『独占と支配』。
読みはじめは、りょうくんの幸介くんへの独占かと思いきや
幸介くんの独占と支配でもあり、
そちらのインパクトの方が大きかったです。
(でもラスト、幸介くんはりょうくんを『神さま』に喩えているから、
やっぱり五分五分、或いは...?)

又、幸介くんが出した『条件』が
ふたりが友人から恋人になった関係の上で
重要な意味を持つこ続きとが巧く表現されており、
とても興味深かったです。

ロッキーさんは、複雑にストーリーを読ませるというよりは、
テーマに沿って、男の子たちのちょっとした闇や脆さ、危うさ
そして儚さを美しい画で表現し、余韻を与える、
そんな作家さんなのかなと、改めて思いました。

私的萌えポイントは、りょうくんは幸介くんにメロメロになると
よく『たまんない』という言葉を使うのですが
それを言うりょうくんが、可愛くってたまりませんでした!
髪が長めで女の子顔なビジュアルも、可愛い...

今後もロッキーさんが描く
美しく繊細な男の子たちを楽しみにしたいと思います。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?