500年後

500nengo

500年後
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
2件
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
センススコムニス <サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
24ページ
版型
B5

あらすじ

『500年の営み』の商業誌番外編。

表題作500年後

ヒカル,アンドロイド
山田寅雄

評価・レビューする

レビュー投稿数1

my room, with you

『500年の営み』のその後、
寅雄とヒカルの再会のお話。

250年後、寅雄が目覚めた時、
よく似せられた偽物の自分の部屋と
3割減の偽物の恋人(=アンドロイド・ヒカル)が用意されていた。

500年後、寅雄が目覚めた時、
ゴミの山の中にいるようだった。
ゴミでできたベッド、本棚、壁に掛かった下手な絵。
ゴミでできた、寅雄の部屋。

でもそれは、不器用なヒカルが長い年月をかけ
寅雄を想ってひとりで作った愛情に満ちた部屋であり、
そのことを思うと、寅雄と共に涙が止まらなくなりました。
目が覚めた時、愛しい人がいれば
例えどんな部屋であっても、それが自分の部屋なんだと
そんな想いが込められているようで...

いっぱい待たせてごめんと泣く寅雄に
『痛いの?悲しいの?』
と、やはり問うヒカルだけれど
『会いたかった』『どうして泣くの』
と、寅雄を包み込むように微笑む姿は、まるで人間そのもの、
世界で一番優しい心を持ったアンドロイドでした。

確かな満足と読み応えを感じる一冊。
博士とD-4QP(表紙もキュート☆)があとがきで登場するという続きおまけも、
とても嬉しい♪
本編のラストで垣間見た希望を実現してくださったヒコさんに
心から感謝致します!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ