一番、遠くて近いアイツ…。

放課後、あいましょう。

houkago aimashou

放課後、あいましょう。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
52
評価数
15件
平均
3.6 / 5
神率
33.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041031216

あらすじ

国芸科の学部長・真壁と普通科の学部長・城田。何もかもが正反対すぎて、いつも争いが絶えない二人…だけど、放課後は――。

表題作放課後、あいましょう。

城田 高校3年生 普通科学部長
真壁 高校3年生 国芸科学部長

評価・レビューする

レビュー投稿数6

ただ恋をしただけ

以前から気になっていた一冊でしたが、「〜/Re.」が発売されたタイミングで2冊ゲット!
綺麗系の絵柄で高校生ものの堂々たる王道!素敵でした〜。
とにかく物語の構成が良くて、冒頭名門高校の金持ち学部と普通学部が以前から断絶している事と、各学部の学部長が子供の頃からの犬猿の仲、ということが語られます。
がしかし、実はその2人は付き合っていて………とロミジュリ設定が明かされ。
で、新しいのが金持ち側の国際芸能部のエリート真壁の方が毅然としてて、自分も普通部の城田を選んだのだ、自分も恋をしているんだ、というところを隠さない姿勢でいるところ。
途中、他の生徒会のメンバーに関係を知られたり、両想いになったクリスマスエピソード、国芸部・普通部両生徒会へのカムアウトエピソードなど、時間軸を前後しながら2人の熱い結びつきが明らかになっていく。

「その夜とあの夜の話」
多分初めての最後までの夜。その事後に真壁が思い出す両想いになったクリスマスの夜の思い出。
真壁は多分受けだけど、戦闘意欲?満々です。

高校生ものですが、すでにCP成立しています。そして、片想いの切なさを描くのではな続きくこれから2人でどう過ごしていこうとしているのか、何を成していくのか、の方を主軸にしているのがとてもいい。とってもいい。

1

素敵な二人

先生の作品のなかで一番好きです!
読んでいて私もだまされました、二人がつきあっていたなんてまったく気づかなかった・・・。
もっともめてもめてくっつくものだと思っていたのでいい意味で裏切られ、すんなり受け入れられました。笑
しかもきちんと両想い!
真壁くんがツンとしてデレるところがすごく可愛いです。
生徒会役員が真壁くんを思ってよくもわるくも奔走するところに愛を感じてほほえましかったです。
情事シーンは少なめかつさらっとですが、真壁くんのそこはかとなく漂う色気のせいでとってもエロい・・・。城田くんの名前を呼ぶシーンはぴかいちです。

あと、個人的にじいちゃんが茶を持ってくるシーンが好きです、笑いましたw

1

素敵すぎます!!!!

おおや先生の作品の中で、一番大好きな作品になりました!!!

キャラも設定もストーリーも個人的に大好きな萌えがたっぷり詰まっていて、読んでいて凄く幸せでした!!!!
1巻完結でなく、数巻に渡って欲しかった!!!!ぐらい、大好きな作品でした。
先ず、受け様がメガネ、ストイック、ツンデレ美人!!!そして受け様と攻め様は幼馴染み・・・というか昔から知っているけれども、親同士の過去の恋愛沙汰の遺恨から、仲良くしてはいけない・・・と言われていて・・・と、まるでロミオとジュリエット。
しかも、学校内においても、攻め様は普通学科、受け様は国芸科に所属しており、その二つの科は同じ学内ながらも対立及びいがみあっている関係・・・
故に、家族にも同級生たちの前でも仲が良くないように見せなければならないわけです。
そんなドキドキ設定もありつつ、更には長年片想い、攻め様は普通科所属とはいえ実は相当な秀才・・・と頭脳スペックも良いんです。
更にはおおや先生の美しい絵が、受け様の色気を際立たせています。

Hシーンも控えめで、それが逆に萌えるんです。
本当に素敵なお話!!!出会えた事に感謝です続き!!

2

もう一杯

学園もの、生徒会、セレブと貧乏人と言うある意味よくある設定ながら、綺麗な絵と王道ならではの安心感で普通に楽しめました。エッチもエッチな台詞も少な目ですがそこが余計に高校生っぽくて、初々しい。欲を言えば、副会長や書記が反対したり、チクチクと意地悪するお話はもう少しふくらませて欲しかったなぁ。じれったーい感じが好きなので、もっともっとおかわりしたかったです。

0

学校で一番仲が悪いように見えるけど

この作品、受けキャラと攻めキャラが裏と表で一対になってるので、裏表紙も見れたらいいだろーになーて思います。

おおやかずみさんの絵って本当に繊細で丁寧で柔らかくて綺麗!大好きです。

とある高校が舞台で、そこではエリートが多い国際芸術科と一般の普通科は仲が悪く対立しています。
それぞれの学部の学部長である真壁と城田は幼なじみだけど、対立してケンカしてばかり。でも本当は付き合っていて…という、最初からカップルとして 出来上がっているお話です。

こういう学校内で派閥があり、それぞれのリーダーがカップルという設定は昔ながらにありますが、やはり学園ものとしては楽しい設定ですね。
といっても二人は死ぬ気で隠し通す!て感じでないので、わりとあっさり周りにバレていきます。

クールでツンデレな真壁と明るく奔放だけど運動も勉強もできる城田。
真壁の固さ、肩の凝るような真面目さ、だけど本気で城田のことを心配している様子は王道をいくツンデレで、最後のベッドシーンでの可愛さとのあまりのギャップに萌えました。
生徒会の面々がみんないい人…で、学部長同士が付き合ってると知っても寛容で、続きあまりに周りが二人のために動いてくれるのでその辺がちょっと漫画ぽい気もしました^^;普通ならこうはいかないような気がします。

互いの家には確執があり、昔から仲が悪い、でも本当は昔から互いが好きだったこと、過去にどういう感じで2人がいたのかとか、それから二人の未来のこととか、将来城田は海外に行っちゃうのかどうかとか、1冊まるまるのお話にも関わらず、描ききれていなくてもったいないと感じる部分が結構ありました。
これの続きとか、過去話とか描いて頂けるなら是非是非読んでみたいです。

幼なじみでライバルで互いに多くの生徒から信頼される学部長。受けと攻めがとても対等な立場でいる、という作品がお好きな方にはおすすめできると思います。

3

宿敵で恋人!

おおやかずみせんせは本当に昔から(少コミ時代から)大好きです。もう絵がね、とっても美しい!!
エロは少ない作家さんなんですが、とにかく私の萌を刺激してやまない。

今回のお話は親同士が因縁のある幼馴染で、学校でも学科が違うリーダー同志が隠れて恋人同士という私の好きなシチュです。

真壁(受け)は国芸科の学部長(なんか大げさですが)で城田(攻め)は普通科の学部長。学科では敵対している二人なんですが、放課後には、ムフフフッ。みたいなね。

1冊丸々この二人のお話で(エチシーンはありませんが)書き下ろしにちょこっとエチシーンあります。しかし事後ですが(涙)

甘々学園ドタバタLOVEを読みたい人にはお勧めです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ